猫を飼育するのにかかる費用

猫を飼育する かかる費用

猫を飼育するのにかかる費用は、どのくらいかご存知ですか?

飼い始めは、トイレなどの準備、日常的にはごはんや猫砂、爪とぎなど。

様々なものが必要となります。

当記事では、「猫の飼育にかかる費用」についてご理解いただけますよう、解説しています。

 

スポンサーリンク

猫を飼育するには費用がかかります|覚えておくべきお金

"猫の飼育費用についてご紹介してきました。日常的にかかるものから、状況に応じてかかるものなど、よく理解しておきましょう。 "

猫を飼育するには、様々な費用がかかります。

日常的に使うものから、定期的、緊急で必要になる医療費など様々です。

では、猫を飼育する費用を月別、年間別について、以下ご参照下さい。

 

猫の飼育にかかる費用|月では

猫の飼育にかかる費用について、月ではどのくらいかかるか。

主にかかる費用の内訳としては、フードやおやつ、トイレ砂。ペット用のウェットシートやおもちゃなども、買い足しや買い替えが必要です。

夏と冬は、光熱費もかかると考えておいてください。

時季にもよりますが、平均毎月5,000円ほどとなります。

猫の飼育費用は、飼い方や飼い主さんの都合にもよって、大きく変動があります。

あくまでも目安として、参考にしてみてくださいね。

 

猫の飼育にかかる費用|年間では

猫の飼育にかかる費用を、年間で考えてみます。

日常的にかかるものの別に、健康診断の費用やワクチン接種代などもかかります。

その他にも、年に何度か爪とぎの買い替えなども、必要となります。

お風呂に入れる場合は、シャンプーなども購入しますよね。

年間でかかる猫の飼育費用の平均は、15万円ほどとなります。

ただ、病気をしてしまった時や、留守が多い場合はさらにかかると考えておきましょう。

ペット保険への加入、治療費や手術費、シッター代やホテル代がかかることもあります。

 

 

スポンサーリンク

猫を飼う|状況に応じてかかる費用もある

猫を飼うのにかかる費用

猫を飼育する際、状況に応じてかかる費用というものもあります。

突然の病気や、去勢や避妊手術など、突発的にかかることも。

では、どのようなものがあるのか、それぞれ解説します。

 

PCR検査|猫の費用はいくらかかるのか

新型コロナウイルスが拡大している中、猫の感染も話題になりましたよね。

今後は、猫を飼育するにあたり、PCR検査費用もかかることがあるかもしれません。

猫の場合、PCR検査は25,000円ほどかかるようです。

その他に、陽性となれば、治療費なども必要となりますが、症状によって費用は前後します。

完治が難しくなりますので、感染している猫との接触は、絶対に避けるべきです。

人間と同様に、猫にも事前の予防が必要となります。

 

横隔膜ヘルニアの場合|猫にかかる費用は

猫を飼育する際の費用として、横隔膜ヘルニアの手術代なども挙げられます。

横隔膜ヘルニアは、事故や先天性の場合など、いくつかケースがあります。

手術や入院に必要な費用は、30万ほどかかってしまうこともあります。

万が一の時に備えて、ペット保険に加入しておくと少し安心ですよ。

ペット保険に入らない主義の飼い主さんもいますが、この位の金額の一時的出費は、かなり大きい金額になりますので、ペット保険の必要性はあるのだと思います。

 

丸山ワクチン|猫にかかる費用は

丸山ワクチンというものを、ご存知でしょうか?

これは、人間のがん治療として使う歴史のある薬のことです。

ただ、必ずしも効果が期待できるというわけではないそうです。

がん治療の他には、感染症などにも使われています。

費用がいくらかかるのは、具体的に公開はされていませ。

免疫療法にも、使われることもあるそうですよ。

猫を飼育する際は、がんの治療費がかかる可能性があることを覚えておくのが良いです。

 

去勢するときに猫にかかる費用|オス

猫を飼育する際、飼い始めには、去勢手術が必要な場合が多いですよね。

費用の平均は、13,000円ほど。

20,000円ほどかかることもある避妊手術に比べると安価です。

状況に応じてかかる費用とはいえ、必要となる可能性は高いです。

病気の予防や、望まない繁殖などのリスクを防ぐために、必要な費用と考えておくことをおすすめします。

 

健康診断受けるとき|猫にかかる費用

猫を飼育する際、1年で1回から2回健康診断を受けることが多いです。

平均としては、およそ10,000円の費用がかかります。

ただ、検査項目によっても異なってくるため、よく確認しておきましょう。

検査しないと、なかなか気がつくことができない病気もあるため、必ず受けるようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク

犬と猫の費用比較

ペットで飼われる代表は、猫と犬ですね。

猫の犬の飼育費用を比較すると、猫は犬の2分の1ほどの費用が平均となっています。

猫の場合、お風呂やトリミングがそれほど必要がないなどで、大きく差が出ているようです。

その他にも、病院代やペット保険の費用も、犬の方が高額である場合が多いです。

要因は様々ですが、完全室内飼いであることや、体の大きさも影響していますよ。

よほどのことがない限り、猫の方が支出が少ないことは明らかです。

 

スポンサーリンク

まとめ

猫を飼育するのにかかる費用について、確認をしました。

毎月定期的にかかる費用、不定期なものも含めて年間でかかる費用を確認しました。

また、猫の病気などの状況に合わせて、かかる費用もあります。

コロナウイルスの確認の為のPCR検査は、猫にも必要です。

完全室内飼いでないのでしたら、PCR検査で確認しておいた方が良いですね。

また、ガンになってしまうことも、考えられます。

オス猫には去勢手術、メス猫には避妊手術も、考えておくべきです。

猫は、1歳で大人になってしまいます。

余計な繁殖リスクを防止したり、発情期の鳴き声やマーキングを防止することにも、繋がりますので、基本的に行っておく方が良いです。

 

  1. 猫を飼いたい!一人暮らしでも飼えるか?
  2. 猫の外飼いは違法ではないが寿命を縮めてしまう可能性が大!
  3. 一人暮らしで飼いやすい猫の種類は?
  4. 猫をベランダに出すのは危ない?対策をご紹介!
  5. 猫の多頭飼いについて知りたい!どんなことに気をつけるべき?
  6. 猫の多頭飼いでのトイレについて知りたい!みんなどうしてる?
タイトルとURLをコピーしました