猫の耳や尻尾は感情豊か!情報がいっぱいだった猫の耳と尻尾

猫 耳 尻尾 感情

 

大好きな猫と話せたらなぁなんて、猫好きさんなら考えたことありませんか?

猫は、今何考えてるのかな?こっちこないかな、おやつ気にいってくれたのかな・・・?

 

そんな時は猫の耳や尻尾をよぉく観察してみてください。きっと猫の感情が見えてきますよ。

窓を開けていたら、違う方向を向いていても、外の音に猫の耳だけピコン!と反応していたり

 

寝ている猫を呼んだら、目もあけずに尻尾をパタパタ・・・と揺らしてたり。
かと思えば、猫が尻尾をバシンバシン床にたたきつけたり、ぴーんと立てていたり、尻尾の動きはさまざま。

大好きな猫は一体なにを感じているのか。猫の感情を知って、猫をより幸せにしませんか?

 

 

猫の耳や尻尾は感情豊かだった!猫の耳や尻尾にはこんな機能が

猫 耳 尻尾 感情

 

猫の耳はすぐれもの

猫の耳は、顔のパーツの機能の中でも特に優れているといわれています。

嗅覚触覚味覚視覚、そのどれより猫が頼りにしているといわれるのが、聴覚です。

猫は、もともと狩りをする動物なので、聴覚が特に優れていても不思議ではありませんね。

 

猫の聴く力は人の6倍以上、耳がいい犬よりも、さらに2倍聴こえるんだからびっくりです。

猫の耳は12もの筋肉で支えらえているといいます。だから猫の耳はあんなにあちこち向くのです。

 

180度動いたり、左右別々の方向に動かせたり、猫の耳の動きはさながらアンテナのよう。

そのアンテナを使って獲物の位置がわかったり、動いた時の小さい音も聞き分けられます。

 

 

猫の尻尾は気持ちを語るだけじゃない

猫の尻尾は、体の中でも、特に感情のでやすい部分です。

愛猫や野良猫を観察していると、猫の尻尾にいろいろな動きがあることに気づくと思います。

猫は尻尾をゆっくりぱたぱた振ったり、ぶんぶん振ったり、かと思えば尻尾の先っぽだけピクピクしていたり。

 

嬉しい時、不安な時、イライラしたとき、猫はちゃんと尻尾で感情のサインを出してくれます。

また、猫にとって尻尾はなくてはならない大切なパーツです。

よく、猫が足が乗るか乗らないかの細い柵の上や、塀の上をすたすた歩いていますよね。

あれは猫が尻尾で上手にバランスをとっているんです。

 

ひとつ気を付けてほしいのは、猫の尻尾はとてもデリケートだということです。

猫の尻尾は背骨の延長であり、付け根にはたくさんの神経が通っています。

ちいさなお子さんが尻尾を引っ張ったり、人に踏まれたりすると、猫はとても痛がります。

なこの尻尾が、ふわふわと動いて触りたい気持ちはわかりますが、そっとしておいてあげてくださいね。

 

 

猫の耳や尻尾は感情豊かだった!プラスの感情のときはどう動く?

 

猫の耳|よく見る猫のさんかく耳

これは、猫が特に何も考えていないときの耳です。通常の状態、いつも通り安定しています。

 

猫の耳|ピン!と立って前に向いている耳

これは、猫が何かにとても興味を持っている感情のときの耳です。

飼い主さんの帰宅した音だったり、よその猫の声が聞こえた時もこの耳になります。

 

猫の耳|少し後ろにそらした耳

これはなんだろう、ちょっと嗅いでみようかな、触っても平気かな、チョイチョイ。

猫は警戒とまではいきませんが、気になるものに出会ったときにこの耳になります。

 

猫の耳|片方だけぴくり

よく、寝ている猫に声をかけた時、こちらを見るわけでもなく、片耳だけぴくりとします。

これは、猫が熟睡しているわけではないけれど、今はゆっくりしたいの~お返事めんどくさい。

というときによく見せる適当な感情のときの返事です。尻尾の先をひらひらさせる猫もいますね。

今度はプラスな感情の時の尻尾に注目!

 

 

猫の尻尾|ピンとまっすぐ立っている

これは、猫が安心している、信頼している証拠です。愛情の感情的表現でもあります。

返事をしながら、猫が近づいてくるとき、尻尾がピンとなっていたら、ご機嫌な感情で安心している証拠です。

 

 

猫の尻尾|大きくゆっくり振っている

尻尾をパッタパッタ、ふんわりゆらしているときは、猫はあれはなんだろうなぁと思っているときです。

うずうずするほどの興味ではありませんが、窓の外をながめているときに、よくしています。

また、猫が今から何しようかな、どこ行こうかななんてぼんやり考えているときもこうなります。

 

 

猫の尻尾|さきっぽをピクピク

猫は見たことのないもの、気になるものを見つけた時は、尻尾がよくこの動きをします。

猫は狩りをする動物なので、人の目では追いつけない小さな獲物や虫を見つけると、
うずうず、興味津々でちょっと興奮気味になります。

尻尾のさきっぽをピクピクピクッと動かし、どこかを見つめて肩をすくめたら、ロックオンです。

 

 

猫の耳や尻尾は感情豊かだった!マイナスな感情の時はどう動く?

猫 耳 尻尾 感情

猫の耳がピクピク!左右別々に動かす

聞こえてくる音の正体を猫がチェックしているときです。

猫は警戒態勢に入っています。

とくにお家の外に出る猫やノラ猫は、決して安全が確保されてはいません。

猫は自分の身を守るために、車の音や、近づく自転車の音などをしっかり聞いています。

 

猫の耳|よこにピ!と倒したイカ耳

猫といえばよく聞くイカ耳。かなり怒っている、興奮している感情状態です。

目の前の敵と戦うときや、ナワバリ争いなど、戦闘態勢の時にこうなります。

人に対しては、「今機嫌悪いから近づかないで!さわらないで!」という感情の意思表示です。

 

 

猫の耳|ぺたーんと頭にくっつくほど横にたおす

猫は怖い、恐怖を感じているときに、耳がペタンコになります。

猫同士のけんかで負け気味な時、太刀打ちできないときには、更におなかも見せて降参。

人に対しての時はかなり怖がっていますので、さわらないでそっとしてあげてくださいね。

今度はマイナスな感情の時の尻尾に注目!

 

 

猫の尻尾|毛をボワボワに膨らませる

猫の尻尾は、かなりの恐怖心、不安を感じた時に膨らみます。

威嚇したときも、尻尾がすごく膨らみます。

敵といるときは、猫は自分を大きく見せて、つよいんだぞ!と優位に立つ意味もあります。

 

 

猫の尻尾|への字のような山の形に

かなり気が立っています。猫は戦う気満々です。近づくとかじられたりしますので気を付けて。

 

猫の尻尾|小さいパタパタ、大きなバタバタ

猫の尻尾が、小さくパタパタしているときは、猫はちょっとイライラしています。

そんなときには、猫にかまわないのが一番です。

尻尾が大きくバッタンバッタンしている時はかなり怒っています。猫は抱っこが嫌な時にすることも。

 

猫が尻尾を足の間にはさむ

猫は自分ではどうにもできない、怖い思いの感情を感じています。

病院など、怖くてたまらない時などがそうです。

抱っこの時にこれをしていたら、猫はかなり怖がっていますので、すぐに下ろしてあげてください。

 

猫の尻尾|だらん、と力のない様子

猫がいたずらをして怒られたとき、落ち込んだ時に見られる尻尾です。

体調の悪い時にも見られます。

さらに、猫が30分近く毛づくろいをしているときは要注意。

 

 

まとめ

猫はよく、クールだとか自由気ままだとか言われてしまいます。

でも本当はこんなに感情豊かで、時々甘えんぼだったり、かまって欲しがりだったりします。

猫の顔には筋肉が少ないといいます。だから、顔からはなかなか分かりにくい猫の気持ち。

どうして尻尾をバシンバシンしてるのか、なんであんなに耳があちこちに向くのか。

 

これから猫と生活を始める方も、すでに愛猫としあわせ猫ライフを送っている方も

知っておくと、より猫の感情・気持ちのことがわかる、耳と尻尾の動きの意味をご紹介しました。

言葉は交わせませんが、だからこそ、耳と尻尾の動きで気持ちをくみ取ってあげてくださいね。

 

 

猫の耳の向きで気持ちがわかる!しっぽでも感情表現|猫の耳としっぽ
猫は気まぐれでミステリアス。 何を考えているのか猫の気持ちが分からない、そんなイメージがありませんか? そんなことはありません。 猫は気持ちが耳の向きや仕草や表情に表れやすく、耳の向きなどの意味を理解していれば簡単...
猫のひげを切るとどうなる?切ってはいけないって本当?
この記事でお伝えすることは、次の通りです。 ○猫のひげの役割 ○猫のひげを切るとどうなる? 猫のひげを、切ってはいけないことをご存知でしょうか。 人間と違って、猫のひげには感覚があり、様々な役割を...
猫の過剰なグルーミングに対策!ブラシとグローブ紹介
猫はグルーミング(毛づくろい)が大好きです。 個体差はありますが、よく行う猫だと一日中ペロペロと身体を舐めています。 猫がグルーミングを行う事には意味がありますが、こんなにずっと舐めていて平気なのでしょうか。 この...
猫が痩せる原因は?病気なのか?猫の体重減少
愛猫を何気なく抱っこして、あれ?痩せた?と感じると不安になるものです。 猫は太り過ぎも良くありませんが、痩せ過ぎや何もしていないのにも関わらず痩せる事は、体調不良が隠れている場合があります。 日頃からの体重管理が大切です。 ...
猫の肥満の見分け方|年齢・種類の平均体重とチェック方法
猫は太っていても痩せていても可愛いものです。 目をキラキラさせておやつをねだる姿に、つい食べさせ過ぎてしまう方も多いのではないかと思います。 そしてふと抱き上げた時に、「あれ、うちの子太った?」なんて事も。 猫の肥...
猫の血液型と割合|知っておくメリット
猫も人間と同じ様に血液型により分類する事が出来ます。 それらは、日常生活を送る上で重要性は低いでしょう。 しかし、猫に万が一の事があった時、知っていれば役立ちます。 ここでは、猫の血液型にどの様な種類があるか、知っておくメ...
タイトルとURLをコピーしました