注目キーワード

猫の外飼いは違法ではないが寿命を縮めてしまう可能性が大!

この記事でお伝えすることは、次の通りです。

猫の外飼いは法律的に大丈夫なのか

猫の外飼いはなぜ長生きしないのか

 

猫の外飼いは、寿命を縮めてしまうことをご存知ですか?

たくさんの危険が潜む外飼いには、どんなデメリットがあるのでしょうか。

こちらの記事を読んでくださいますと、「猫の外飼い」についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

猫の外飼いは違法ではないが寿命を縮めてしまう可能性が大!

猫 外飼い 違法

法律では、猫は室内で飼うことを推奨されています。

しかし、あくまで推奨であり、義務ではありません。

では、外飼いで気をつけるべきことは、どのようなことがあるのでしょうか。

 

猫の外飼いは違法ではないが糞尿の放置をしない

猫を外飼いすると、糞尿被害が発生することが多いです。

長い時間外にいると、どうしても防ぐことができませんよね。

 

糞尿被害を防ぐには、出来るだけ外に出すのは短い時間に留めましょう。

目の行き届くところで遊ばせるくらいが良いかもしれませんね。

 

猫の外飼い|避妊や去勢手術をする

法律で猫を室内飼いすることは義務づけられていませんが、

外飼いするなら繁殖を防ぐ義務が発生します。

猫は繁殖力が高く、対策をとらないと、すぐに増えてしまうのです。

 

繁殖してしまうと、捨てられたり、殺処分になってしまったりすることもありますよね。

猫が犠牲にならないためにも、避妊や去勢手術はきちんとしてあげましょう。

関連記事

この記事でお伝えすることは、次の通りです。・去勢時期って一体いつなの?・去勢時期にばらつきがあるのはなぜ?・去勢時期が異なる具体的な事例とは?  オス猫を飼育す[…]

猫 去勢

 

猫の外飼いは違法ではないが寿命を縮めてしまう可能性が大!

猫 外飼い 違法

 

猫の外飼いは、寿命を縮めてしまう原因となることもあります。

その他にもデメリットがあり、あまりオススメできない飼い方です。

では、そんなデメリットにはどのようなものが挙げられるのか見ていきましょう。

 

猫の外飼いは違法ではないが糞尿の放置をしない

猫を外飼いすると、交通事故に遭う可能性が高くなります。

外に出たがる姿を見て、自由にさせてあげたくなることもあるでしょう。

 

しかし、事故に遭って亡くなってしまうと取り返しがつかないことになります。

リスクをよく考えて、外飼いするようにしましょう。

 

猫の外飼い|避妊や去勢手術をする

猫には縄張り意識というものがあります。

そのため、外飼いの場合は野良猫と喧嘩になってしまうこともあるのです。

 

寿命が縮まるまではいかなくとも、怪我の原因となってしまうことがありますよ。

 

猫の外飼いは違法ではないが寿命が縮む?

喧嘩と同様、外飼いでの野良猫との接触は、病気をうつされてしまう可能性があります。

ノミやダニは、あらかじめ防ぐことも難しく、うつされると苦しむことになるでしょう。

 

確実に駆除したいなら、病院へ連れて行く必要も出てきます。

また、飼い主さんまでノミやダニに刺されてしまうこともあるんです。

 

蚊に刺された時よりも症状はひどくなるので、注意が必要ですよ。

 

猫の外飼いは違法ではないが、交通事故の可能性がある

猫を外飼いすると、近隣の方とトラブルになりやすいとも言えます。

猫が好きな人にとっては喜ばれることもあるかもしれませんが、

誰しもが猫を好きというわけではないのです。

 

室内のようにトイレもないので、近隣の方を糞尿問題などで悩ませる

可能性を考えておく必要がありますよ。

また、猫に勝手にごはんを与えられ、体調を崩してしまうこともあります。

 

ニュースで見かけるような、毒を盛られてしまう可能性もないとは言い切れないのです。

目の届かないところで、様々なトラブルが起こりうることを心に留めておきましょう。

 

猫の外飼いは違法ではないが、喧嘩の可能性がある

猫の外飼いは、法律的には問題ありませんが、あまりにもデメリットが多すぎます。

猫のためにも、室内飼いすることをオススメします。

 

しかし、野良猫を飼っている場合など、どうしても完全室内飼いが難しいこともありますよね。

止むを得ず外飼いするのなら、起こり得るデメリットをよく考えてあげてくださいね。

 

飼い主さんは、しっかりと猫を守ってあげる必要があることを忘れないようにしましょう。

猫 外飼い 違法
最新情報をチェックしよう!