猫が喜ぶしぐさにはどんなものがある?

スポンサーリンク
猫 喜ぶ しぐさ

猫が喜ぶしぐさには、どんなしぐさがあるのでしょう。

嬉しい時に、猫のとるしぐさは可愛らしく、もっと喜ぶようにしてあげたくなってしまいますよね。

こちらの記事では、「猫の喜ぶしぐさ」について

解説いたします。

 

スポンサーリンク

猫が喜ぶしぐさとは?

猫 喜ぶ しぐさ

猫が喜ぶしぐさを見て、猫が嬉しい時のしぐさだと判断できますか?

気持ちの大きさによっても、猫が喜ぶしぐさが異なります。

では、猫が喜ぶしぐさを、それぞれ見ていきましょう。

 

猫が喜ぶしぐさ|ゴロゴロと喉を鳴らす

猫が喜ぶしぐさの一つに、猫が喉を鳴らすしぐさがあります。

飼い主さんに、ナデナデしてもらって嬉しい時、頭や体をすり付けながらゴロゴロと喉を鳴らす喜ぶしぐさをします。

少し高めのトーンでゴロゴロしはじめたら、それは猫がさらに喜ぶしぐさをしているのです。

そんな時は、気持ちよさそうな反応のしぐさをする猫の体の場所を、存分に撫でてあげてください。

 

猫が、ゴロゴロと喉を鳴らすのは、警戒せずに甘えている喜ぶしぐさです。

飼い主さんのことを、きちんと信頼し喜ぶしぐさです。

 

猫が喜ぶしぐさ|尻尾を立てる

猫が尻尾をピンと立て、機嫌良さげに歩いてるしぐさを見たことはありませんか?

実は、これも猫が喜ぶしぐさの一つです。

外出先から帰宅すると、猫が尻尾を立てて近づいてきませんか?

これは、飼い主さんが帰ってきて喜んでいるしぐさです。

 

また、猫が尻尾を立てて近づいてくるのは、飼い主さんが、何か自分にしてくれると、猫が考えているしぐさです。

ごはんをくれるかもしれない、遊んでくれるかもしれないと、猫が期待して、ご機嫌になって、喜ぶしぐさです。

そんな姿を見かけたら、期待に応えてあげましょう。

さらに喜ぶしぐさを見せてくれます。

 

 

猫が喜ぶしぐさ|すり寄ってくる

すり寄ってくるのも、猫が喜ぶしぐさです。

一瞬だけ、すりすりしてくるしぐさは、挨拶と考えて良いです。

すり寄ってくるのは、猫がご機嫌な証拠のしぐさです。

多分顔は、喜ぶ表情でいっぱいのはずです。

 

また、飼い主さんがご飯をくれるかもしれないと、期待をしているのかもしれません。

いずれにせよ、猫が喜ぶしぐさには変わりありません。

 

ご飯のあげすぎは要注意ですが、猫と遊んであげたり、スキンシップを取ってあげてください。

猫の機嫌をさらに高めて、喜ぶしぐさをみてあげましょう。

そして、すり寄って自分の匂いをつけるしぐさは、マーキングをしていることも考えられます。

どちらにしても、猫が愛情を持っている相手にしかしないしぐさですよ。

 

猫が喜ぶしぐさ|ゴロンと仰向けになる

飼い主さんが帰宅した際、ゴロンと仰向けになることはないでしょうか?

実は、これも喜ぶしぐさの一つです。

猫は、自分が敵だと思っている相手には、絶対に隙を見せません。

ゴロンと仰向けになって、お腹を見せるしぐさは、飼い主さんを信頼している証拠のしぐさです。

喜ぶしぐさで、猫がお出迎えしてくれたら、存分に遊んであげましょう。

 

猫が喜ぶしぐさ|ヒゲがピンと立っている

猫が喜ぶしぐさには、ヒゲがピンと立っているしぐさもあります。

何かに興味を示してワクワクしていたり、これから起こる何かに期待をしているときしぐさです。

 

おもちゃや外の鳥の鳴き声などに反応して、ヒゲがピンと立つこともあります。

そんなしぐさの時は、猫が近づいてきたら、猫の期待に沿うコミュニケーションをとってあげましょう。

ヒゲがピンと立っている時は、おもちゃへの反応もいつも以上のはずです。

気がすむまで、遊んであげれば満足してくれるはずです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

猫が喜ぶしぐさは、嬉しさの度合いによって変わってきます。

どんなしぐさもとても愛らしく、猫をもっと喜ばせたくなりますよね。

猫が喜ぶしぐさを知らなかったという方は、行動を見て猫の気持ちを判断してみてくださいね。

気持ちを知ってあげることで、今まで以上に、距離を縮められるはずですよ。

 

タイトルとURLをコピーしました