猫の頭突きが痛いくらいに強い!どうして欲しいの?

猫 頭突き 痛い

猫が頭突きをしてくることがありますよね。

猫の頭突きが、時には激しかったり、痛いほどに擦り寄るようにしていることもありますが、一体どんな理由があるのでしょう。

また、痛いほどの頭突きをしてくるときに、どんな反応を返せば猫は満足してくれるのでしょうか。

 

こちらの記事を読んでくださいますと、「頭突き」についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

 

猫の頭突きが痛いくらいに強い理由

猫 頭突き 痛い

 

猫が痛いくらいに、頭突きをする理由は一つだけではありません。

猫の頭突きには、複数の意味があるのです。

猫には、言葉は話せなくとも、行動にはたくさんの意味があるのです。

では、さっそく猫が痛いほどの頭突きをする理由を、みていきましょう。

 

猫の頭突き|マーキング

外から帰ってきた時に、激しく痛いくらいに頭突きをされることが多いのではないでしょうか。

これは外の匂いを消して、飼い主さんに自分の匂いをつけるための行動です。

飼い主を、自分のものだと思っているのかもしれません。

 

マーキングをするフェロモンは、おでこのあたりから分泌されるため、頭突きをしてくるのです。

外から帰ってくるたびに、痛いほどの強い頭突きで、匂いを付け直して、自分を安心させているのでしょう。

 

また、「この人は自分のもの」という表現でもあります。

普段ごはんをくれる人、遊んでくれて信頼している人に、頭突きをすることが多いそうですよ。

 

 

猫の頭突き|愛情表現

仲の良い猫同士は、体や頭をこすり合い、愛情表現をしますよね。

猫は、人間に対しても同じことをするのです。

それが、痛いほどの頭突きという行動になって現れるのです。

 

ゴロゴロ喉を鳴らしながら、しつこく痛い頭突きをされたら、それは猫からの愛情表現です。

飼い主さんに、思いっきり甘やかしてもらいたいのでしょう。

 

 

猫の頭突き|要求がある

時には、なかなか痛い頭突きをやめてくれないこともあるでしょう。

それは、何か要求があり、満たされていない時かもしれません。

 

遊んで欲しい、お腹が空いたなど、何か不満がないか考えてあげてくださいね。

また、トイレの掃除をして欲しいということもあるので、我慢させることのないようにしましょう。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/neko-wagamama/ target=]

 

猫の頭突きが痛いくらいに強い。どうしたら良い?

猫 頭突き 痛い

 

猫に、痛いくらいの頭突きをされたら、どのような反応をすべきなのでしょうか。

できるだけ、要求に応えてあげたいですよね。

では、猫に痛い頭突きをされたら、どうしたら良いのか、みていきましょう。

 

猫の頭突きには、甘えさせてあげる

猫が甘えたそうに頭突きをしてきたら、思いっきり甘えさせてあげましょう。

猫の気が済むまで、撫でてあげるのも良いのではないでしょうか。

 

特に、外から帰ってきた飼い主さんには、構って欲しいことも多いでしょう。

お留守番させてあげていた分、十分に甘やかしてあげましょう。

 

 

猫が痛いくらいに頭突きをしてきたら遊んであげる

猫が痛い頭突きをしてくるのは、構って欲しいからということも多いです。

遊び足りずに、ストレスがたまっていることもあるので、遊んであげましょう。

 

また、遊びをやめてもまだ頭突きをしてくる時は、まだ遊び足りない証拠です。

できることなら、猫の気がすむまで遊んであげてくださいね。

[st-card id=6213 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

 

猫の頭突き|要求が何か考えてあげる

猫を構っても、痛いほどの頭突きをやめない時は、他に何か要求があるのかもしれません。

甘えたいようで、実はお腹が空いていたなんてことも、よくありますよね。

 

また、トイレに行きたいけれど、汚れているから出来ずにいる可能性もあります。

ごはんをあげても良いタイミングであれば、与えてみましょう。

 

そして、トイレが汚れていないかどうかも、確認してあげてくださいね。

 

 

まとめ

 

猫の愛情表現は、少しわかりにくいですよね。

言葉が話せない分、様々な表現方法があります。

 

猫の痛いほどの頭突きは、基本的には愛情表現からくるものがほとんどです。

日々忙しく過ごしていても、頭突きをされたら少し構ってあげるようにしましょう。

 

要求を少しでも満たしてあげると、猫も喜んでくれますよ。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/matome-nekokimoti/ target=]

タイトルとURLをコピーしました