猫の発情期対策|去勢と避妊について

スポンサーリンク
猫 去勢

猫が人と長く生きていく為に、猫の去勢と避妊はやっておいた方がいいのです。

当記事では、猫の発情期の対策のための、去勢と避妊について、まとめました。

 

 

スポンサーリンク

猫の発情期=さかりの時期

猫 さかり

猫の発情期が決まっているのは、メス猫の方です。

メス猫の発情期は、日照時間の変化から、体内時計で感じ取り、発情期になります。

一般的には、年に2〜4回の発情期があります。

オス猫の発情期は、めすねこに誘発されておきます。

 

発情期になった猫への対策は、去勢・避妊手術しかありません。

大声で鳴いたり、オシッコをしたりするようになります。

オス猫もメス猫も発情期になると、外に出たがるようになります。

攻撃的になる場合もあります。

 

メス猫は、発情期の初め頃から、食欲がなくなり、動きが活発になっていきます。

大声で鳴いたり、トイレ以外でもオシッコをするようになります。

オス猫は、メス猫の声と匂いに反応して、鳴き始めるようになります。

室内飼いの猫は、相手猫を探して脱走する可能性があります。

 

スポンサーリンク

猫の雄を去勢するとメリットがたくさんあります

猫 雄 去勢 メリット

雄猫の去勢をすると、たくさんのメリットがあります。

 

メリットには、次のようなものがあります。

・繁殖をむやみにさせない

・マーキングの防止になる

・発情期のストレスを軽減できる

・発情期の泣き声の帽子ができる

などです。

 

むやみな繁殖をさせないメリット

多頭飼いや屋外で飼うと、繁殖率は非常に高くなります。

雄猫の発情期は、雌猫に誘発されます。

その結果、オス猫は、大きな声で鳴き声をあげます。

 

猫の去勢や、避妊はをすると、むやみな繁殖を防止できます。

猫の妊娠期間は、70日もありません。

ですから、メス猫の出産は、年間に最大4回するとされています。

 

むやみに繁殖がされると、野良猫も増えてしまいます。

室内で飼う場合でも、完全な室内飼いでなければ、外に出入りをして、気づいた時に、妊娠して、出産すると、多い時には、最大9匹くらいまで、生まれてしまいます。

去勢をすると、むやみな繁殖を防止できます。

 

 

スポンサーリンク

猫の去勢後の傷口やショックについて

猫の去勢後

猫の去勢手術の後、どんなことに注意すればいいのか。

傷口を舐めてしまう猫がいます。

しかし、猫が気にして、なめ過ぎてしまうと、化膿してしまう可能性があります。

ですから、舐める要素があるのなら、エリザベスカラーをつけると良いです。

 

また、ホルモンの分泌に変化が出ますので、性格が変わることがあります。

どちらかと言えば、穏やかな性格になることが多いです。

穏やかな性格になるだけなら良いのですが、手術のストレスで、元気がなくなる猫もいます。

 

なかなかすぐには、元に戻らないかもしれません。

食べても、吐いてしまう可能性があります。

手術の後は、餌は少しずつ与えるようにしてあげると良いです。

 

また、手術の後は、体質が太りやすくなっている可能性があります。

手術の前と同じ分量を上げると、あっという間に、太ってしまいます。

 

 

スポンサーリンク

猫の去勢時期がいつが最適なのか

猫の去勢費用 (1)

いつ頃が、去勢のタイミングなのか。

オス猫と雌猫とでは、最適な時期は、いつ頃でしょう。

 

時期の見極め方について、わからなければ、病院に行って相談するのもいいと思います。

麻酔を受けて、猫にトラブルが起きてしまうかもしれません。

体の状態を確認してから、手術を受ける方がいいです。

 

猫には、種類による体格差や個体差があります。

あくまでは、一般論としては、オス猫の去勢時期は、生後6ヶ月から10カ月とされています。

猫は、1歳には、大人になってしまいますから。

 

もし、去勢が遅れてしまうと、どんなことが起きてしまうのか。

猫が去勢をすると起きる良いことには、病気を予防してくれることがあります。

また、発情期にやる行動がなくなることも、良いことです。

 

発情期に猫がする困った行動といえば、スプレー行為や大きな鳴き声です。

これらの行動が、去勢をしておくと、発情期を迎えても、することがなくなります。

それに、病気も防止してくれるのですから、やはり適正な時期に、去勢を受けておくことをお勧めします。

 

 

スポンサーリンク

猫の去勢手術について

猫の去勢費用 (2)

猫の去勢手術について、どのように行われるのか。

飼い主であれば、可愛い愛猫のことを、しっかりとしておいた方がいいですね。

 

猫の去勢手術の方法は、精巣を摘出するのです。

当然ながら、全身麻酔をして行われます。

ですので、術後に、全身麻酔から無事に回復してくれないと困りますね。

 

手術の時間は、一般的に、おおよそ10分ほどで終了します。

ですので、多くの場合、去勢手術は、日帰りで行われることが多いのです。

 

人間と同じように、手術前には、準備が必要です。

12時間前から、何も食べない状況におかないといけません。

これは、手術の時に、嘔吐しないようにするためです。

前の日に猫が、何か食べてしまわないように、注意しておきましょう。

 

また、10分ほどの手術ですが、やはり体にメスを入れることです。

失敗する可能性があるのかが気になります。

メス猫の避妊手術の場合よりも、オス猫の去勢手術は、手術のリスクがほとんどないと言われています。

 

また手術の後は、猫にとっての大変な経験のストレスやホルモンバランスの関係から、様子が変わったり、性格が変わったように、感じることになるかもしれません。

飼い主は、色々と不安に思うこともあると思います。

回復していくのには、時間が必要です。

ゆっくりと、待ってあげましょう。

 

また、傷口をなめ過ぎたりしないように、エリザベスカラーをつけてあげる必要もあるかもしれません。

手術後は、たくさん食べるようになって、太ったりすることもあるようですから、静かに見守ってあげましょう。

あまりにも、様子がおかしければ、病院へ相談することです。

 

スポンサーリンク

猫の避妊手術には失敗する可能性はあるのか

猫の避妊手術 失敗の可能性

猫の避妊手術は、失敗することはあるのだろうか。

でも、失敗のリスクを恐れて、手術をしないと、それはそれで発情期には大変なことになってしまいます。

避妊手術のリスクは、全身麻酔のリスクです。

また、手術の失敗ではないのですが、手術の後で、猫が縫合部分を舐めたりして、開いてしまうリスクはあるようです。

万が一、そうなってしまったら、すぐに病院に行くことです。

 

また、人間と同じなのですが、手術前の12時間は、絶食です。

万が一、胃の中に食べたものが残っていると、嘔吐のリスクもあり、最悪、命にも関わることになります。

避妊手術の失敗の確率は、高くありません。

しかし、まったくのゼロではありません。

一番のリスクは、全身麻酔のリスクですので、12時間の絶食は、必ずしておくことです。

 

 

スポンサーリンク

猫の避妊手術の助成金について|各地域ごと

猫 避妊手術 助成金

猫の避妊手術には、助成金が交付される地域があります。

猫の多すぎる繁殖を防ぐための対策です。

 

各地域の助成金の額は、地域によって異なりますので、自分の住む市町村に確認をしておいた方が良いです。

例えば、埼玉県を例にすると、市によって、金額も異なりますし、そもそも助成金がないという地域もあります。

当サイトの本編(猫の避妊手術の助成金について|各地域ごと)では、埼玉の他に、津市・横浜市・水戸市、などの事例を解説しています。

実際に、ご自分の町のサイトを調べてみてください。

 

 

スポンサーリンク

猫の避妊手術の費用

猫の避妊手術 費用

猫の避妊手術の費用は、病院や地域によっても異なります。

一般的には20,000円から35,000円ほどです

実際に病院に行く時に、確認してみると良いです。

 

実際に全国の避妊手術の費用を調べてみると、各地域によって金額の差があることがわかります。

また助成金が出る地域もありますので実質負担はもっと少なくなるはずです。

実際に調べてみると、福岡地域では、10,000円以内で手術を受けられるところもあるようです。

また、高額すぎて、後で病院とのトラブルになるケースもありますので、事前に病院に確認するか、ホームページをチェックするなどしておくと良いです。

 

 

スポンサーリンク

猫の妊娠期間は67日位。お腹が大きいと気付いたら妊娠1ヶ月かも!

猫 妊娠期間 67日

猫の妊娠期間が63日〜67日だということを知っているでしょうか。

しかも、1歳になれば、大人猫です。

さらに、猫の妊娠確率は、ほぼ100%と言われています。

つまり、避妊手術をしていない猫が、発情期になり、脱走した場合、かなりの高確率で妊娠してしまうということです。

飼い主さんが、飼い猫が妊娠したかもしれないというときには、すでに妊娠1ヶ月という可能性があるのです。

生まれるまで、その約1ヶ月です。

ですので、繁殖を望まないのでしたら、避妊手術・去勢手術は、必ずされるようにお勧めします。

 

 

関連記事一覧

タイトルとURLをコピーしました