ダイエット

ダイエット中|寝る前の食事時間は3時間前までに終わらせる!

寝る前ダイエット
寝る前
この記事は約4分で読めます。

この記事では、以下のことを紹介していきます。

ダイエット中は寝る前に食事をしない

・ダイエットは寝る前に牛乳・を飲む習慣をつけるとよい

・ダイエットの成功率を高めるなら寝る前にストレッチをする

 

ダイエットのためにしていることは何ですか?

心の中で「ハードな運動」や「食事制限」と答えていませんか?

それらのダイエットは、身体を壊す恐れがあるので、あまりおすすめできません。

健康を維持しながらキレイに賢く痩せたいなら、寝る前の時間に注目するとよいでしょう。

この記事を読んでいたらければ、寝る前の行動がダイエット仕様に変わりますよ。

 

 

ダイエット中は寝る前の食事時間は3時間前までに終わらせる!

寝る前に食べない

寝る前に食べない

 

基本中の基本ですが、ダイエット中は寝る前の食事は厳禁です。

 

誰もが知っている禁止事項ですが、実はできている人は少ないもの。

それは、寝る前=寝る直前と考えているから。

ダイエットを成功させたいのなら、寝る2時間前から食事は控えなければならないのです。

ちゃんとできていますか?

 

夜は身体も脳もリラックスモードになるので、消費エネルギーが減少します。

そのため、夜に摂取したカロリーはエネルギーにならず、脂肪に変わりやすいといえるのです。

ただし、寝る前、それも3時間も前であれば、時間があるので、ある程度エネルギーが消費されます。

ところが、寝る直前や1時間前では、カロリーが消費されずに、脂肪として蓄積してしまうのです。

寝る前はできるだけ、食事をしないようにしましょう。

 

「食事」には間食も含まれます。

おやつもダイエット中は控えた方がいいでしょう。

おやつを食べていた習慣があれば、はじめはツライかもしれません。

しかし、2週間ほど我慢すれば、少しずつ慣れてきます。

それまでグッと耐えるようにしてください。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/jikantai/ target=]

 

 

ダイエット中の寝る前に飲むものは牛乳とプロテイン

寝る前 牛乳飲む

寝る前 牛乳飲む

 

ダイエット中は、寝る前に牛乳を飲む習慣を作ると効果的です。

牛乳は高カロリーなので、ダイエット中は敬遠されがち。

しかし、それ以上にダイエットに有効な作用がいくつもあるのです。

 

例えば、牛乳に含まれているカルシウムには、脂肪を分解する作用があります。

そのため、余分な脂肪が身体につきにくくなるのです。

また、たんぱく質を寝る前に摂取することで、身体が作られるので、代謝をアップさせられます。

代謝アップはダイエットは特にうれしいですよね。

寝る前に牛乳を飲むことで、その助けになりますよ。

 

ちなみに、可能なら牛乳にプロテインを入れるとさらに効果的。

どちらも身体を作るのに有効なものですので、代謝アップがはかれます。

これで、賢くダイエットできます。

 

 

 

ダイエットの成功率を高める寝る前ストレッチ

ストレッチする

ストレッチする

 

ダイエットの成功率を高めるなら、寝る前のストレッチも欠かせません。

「運動じゃなくて、ストレッチ?」と思うかもしれませんが、ストレッチです。

 

ストレッチをすると、自律神経の副交感神経を刺激できるのです。

副交感神経とは、リラックス時に有効になる神経のこと。

つまり、寝る前にストレッチをすると、入眠がスムーズになって、質のよい睡眠が取りやすくなるのです。

 

質のよい睡眠は、肥満の原因となるストレスを解消してくれます。

また、疲れが取れるので、毎日活動的になれるのも、ダイエットによい影響を与えます。

 

一方、寝る前に運動をしてしまうと、活動時に活発になる交感神経が働いてしまう恐れがあります。

「ダイエットのために運動!」という気持ちはわかりますが、寝る前はしないようにしましょう。

 

ちなみに、質のよい睡眠が取れると、美容にも効果的です。

キレイにダイエットしたいなら、寝る前のダイエットを習慣化してください。

 

 

まとめ

 

ダイエットは寝る前の行動で決まります。

今まで寝る前は油断していませんでしたか?

寝る前は間食を控えて、牛乳を飲んでストレッチするようにしましょう。

そうすることで、キレイに賢くダイエットができるようになります。

タイトルとURLをコピーしました