転職

面接に失敗したこと・経験談【実体験】NGワード・遅刻・・・

スポンサーリンク
面接 失敗した 落ち込む転職

転職失敗の経験事例で最も多いのが、面接の場面の失敗経験かもしれません。

この記事では、実際の面接に失敗したことの経験・体験談を紹介しています。

 

自分では無意識のうちに、NGワードを発していた経験。

注意力を観察されていたことに、気づけなかった経験。

事前勉強で暗記するように覚えてしまったために、1つの「つまずき」から白紙になった経験。

電車の時間を調べておかなかったために、ギリギリの到着となり焦ってしまった経験。

面接直前に、パンストに電線が走っていることに気がつき、気がかりなまま面接を受けてしまった経験。

車の渋滞に巻き込まれて、遅刻してしまった経験。

早めに到着したら、面接の時間を早めてくれたため、かえって焦ってしまった経験。

 

いつでも、誰にでも起きてしまいそうな失敗した経験です。

彼らの失敗経験から、ヒントを得てください。

ご自分の面接の際に、同じことをしないように役立ててください。

 

 

スポンサーリンク

面接に失敗したこと・経験|言ってしまったNGワード

面接 失敗した 落ち込む

 

私は3年前に、営業の仕事をしていたのですが、

職場の雰囲気に溶け込めず転職を決意しました。

今回の内容はその時の面接に失敗した経験のことです。

 

転職活動を始めたのが9月頃で、

その時期から転職サイトに登録をして履歴書を出したり

面接に行ったりしていました。

しかし、面接まで行っても、採用までもらえませんでした。

 

このままでは、来年以降も今の職場で働かなくては行けない…

と思った私は思い切ってハローワークに相談をしました。

すると、私は知らないところでNGワードを

連発していたことがわかったのです。

 

まずひとつ目は、「今の職場が自分に合わない」という言葉です。

一見問題がなさそうですが、

なるべくマイナスなイメージにつながる言葉は、

避けた方が良いとのことでした。

 

そしてもう一つが、「4月以降からしか働かない」という言葉です。

中途採用の会社は、

今すぐ欲しいところがほとんどです。

 

そんな中、4月からしか働かないと断言してしまっている私は、

なかなか採用してもらえなかったわけです。

 

なんとか無事就職は決まりましたが、

もしアドバイスするとすればこのことは、伝えておきたいです。

以上が、私の面接に失敗した経験です。

 

NGワードやネガティブワードが、口癖になっていて失敗する人がいます。

自分の周りは、あなたの普段の言葉遣いに慣れているので、指摘はしてくれません。

気になる人は、転職エージェントの模擬面接を利用して、確認しておいた方が良いです。

 

 

スポンサーリンク

面接に失敗したこと・経験|数多く並ぶ下駄箱。まさかトラップだったとは思いもしませんでした

面接 失敗した 落ち込む

 

私は、面接で痛恨のミスをしてしまいました。

私の面接に失敗した経験を紹介します。

 

会社を辞めて、転職活動がなかなか上手くいかずに焦っていた時、

書類選考を通過して、やっとの事で面接にこぎつけたのです。

 

しかし、ちょっとした気の緩みが仇となって返ってきました。

 

 

面接当日、面接会場である本社に向かいました。

そして、会社につき、下駄箱に靴をしまってスリッパを履き、

面接の順番を待ちました。

 

ようやく、自分の番が回ってきて、いざ面接に出陣。

 

 

面接は思いのほか順調に進み、好感触だったのですが・・・

面接が終わり、靴に履き替えようとした時、

自分の靴をどの下駄箱にしまったかわからなくなり、

あたふたしてしまいました。

 

すると、何故かその情けない姿の自分を直視している人がいて、

その人は面接官の方だった。

 

「◯◯さん、靴はこの下駄箱にしまっていましたよ!」

と私に教えてくれました。

 

「なんでわかったんだろう?」

その時に気づきました。

会社には下駄箱がたくさん並んでいて、

「面接に来た人がどこに靴をしまい、

それを忘れずに取り出せるか」という注意力を

試すテストではなかったんだろうか?と。

 

案の定、あたふたした私は、採用試験不合格でした。

 

この方の失敗経験が本当に会社が仕組んだものなのかは、疑問もあります。

しかし、自分に対して、普段から注意力に不安がある人は、意識的に自分で改善するしかありません。

人間の性格や資質は、他人からのアドバイスでは変えられないものです。

変えられるのは、自分だけです。

 

 

 

スポンサーリンク

面接に失敗したこと・|転職面接で急に言葉が出てこなくなった

面接 失敗した 落ち込む

 

私が4年前に働いていたIT企業はブラック企業に近く、

残業は5時間くらい長引くのは当たり前でした。

 

上司からの怒鳴り声も酷く、メンタルをやられてしまいました。

そして逃げるように仕事をやめて、

転職先として見つけたのが不動産業でした。

その時の、面接に失敗したことの経験を書きます。

 

就職説明会にいくと労働環境はかなり良く、

自分にとってやりがいのある仕事が出来そうだと思い、

後日面接をすることになりました。

 

こんなに自分と相性のよい企業はなかなか出会えないと思ったので、

その企業の歴史や理念などについてしっかり勉強して面接にのぞみました。

 

そして面接当日、面接官である次長から

「うちの企業の理念はわかる?」との質問がきました。

 

待ってました!

と心のなかでガッツポーズをしました。

そして、答えようとしたところ

緊張のあまり頭が真っ白になってしまい

言葉が急に出てこなくなりました。

 

「えーと…えー」と考える素振りをしてみたものの、

なぜかあれだけ勉強してきたことが出てきません。

 

次長は「もういいよ」と次の質問にうつったのですが、

そのあともパニック状態になって全然答えられませんでした。

 

事前の練習をしすぎてしまったことから起きた経験です。

面接の練習をしておく事は、良いことです。

ただ同じことを繰り返して練習していると、暗記するような方式になってしまいます

そうすると、本番で少しでも想定から外れた場面になったときや、緊張のはずみで、頭が真っ白になることがあります。

練習では、良い回答をしようと考えすぎるよりも、様々な角度からの質問に対する練習をしておいたほうが良いです。

 

 

 

スポンサーリンク

面接に失敗したこと・経験|電車時間を調べてなかったために、時間ギリギリ到着

転職 面接 時間 間違えた

 

転職面接の際に、面接会場の場所や所要時間を調べていく方が

ほとんどだと思います。

その時の面接に失敗したことを書きます。

 

私も、前日の朝にアプリの地図情報を使って家から、転職面接会場に

行くまでかかる所要時間を調べていました。

 

採用が決まった場合は、転職面接会場が勤務場所となるため、通勤時間を

兼ねて調べようと出勤時間帯の所要時間で調査してしましました。

調べた時間は平日の朝で面接は平日の昼でした。

時間帯によって、電車のスケジュールが異なることを忘れて間違えたのです。

 

 

昼の電車の本数が少ないため、実際にかかった時間は、調べておいた

所要時間より、15分ほど多くかかってしまいました。

15分ほど余裕をもって家を出たので、面接予定時刻ちょうどに到着する

はずだったのですが、予定よりも遅れたことで焦りを感じてしまい、

駅から面接会場まで走ってしまいました

調査しておくべき時間を間違えた失敗です。

 

面接時刻より少し早く到着したのですが、採用担当の方の準備が

できていてすぐに面接が始まってしまいました。

 

駅から面接会場まで焦って走っていたこともあり、自己紹介や

自己PRで話そうと用意してきた内容が、頭から離れてしまって

面接で上手く話すことができませんでした。

調べて億時間を間違えたのです。

 

結果的には遅刻はしていないのですが、ギリギリの到着となってしまったために、自分のリズムが崩れてしまった経験です。

予定の時間を調べておく場合は、方の経験談にもあるように、面接日と同じスケジュールで調べておかないと、このような失敗をしてしまいます。

 

 

スポンサーリンク

面接に失敗したこと・経験|まさかのパンストに電線

転職 面接 時間 間違えた

 

転職活動で一番気を使うことは、服装です。

新卒の時や若い頃は、リクルートスーツで良かったのですが、大人に

なってから、若い頃のリクルートスーツを着ると、ちぐはぐになってしまう。

 

だからといって、スーツなんて、着る機会ないし、買うのももったいない、

とケチって臨んだ面接でした。

 

一応、紺色のスカートに白のブラウス、カーディガンという出で立ちで

臨みました。

もちろん、靴は黒のパンプス、カバンも黒。

なのに、まさかの失敗。

今回の内容は、その時の面接に失敗したことです。

 

方向音痴のため、面接時間ギリギリでつき、さらに悲劇が。

パッと自分の足元を見たら、なんと、パンストに電線が入っていました。

 

替えのパンストも持ってきてないし、コンビニに走る時間もない。

素足になるか、電線の入ったままのパンストで挑むかの二つに一つ。

結局、ベージュのパンストだったので、目立たない、ばれないことを

祈って、そのまま面接に挑みました。

でも、面接官の視線が足元を見ている気がして、面接どころではなく、

その日の面接は散々でした。

 

もっと余裕を持って時間を考えておけば、対処できた間違えた事例です。

 

面接に限らないのかもしれませんが、何か大事なことに向かう日の準備。

想定外のことが起きてもいいように準備しておくべきです。

人生には、大体にして想定外のことが起きるものです。

荷物にならなければ、予備のパンストを持つ、予備のハンカチを持つ、予備の筆記具をもつなどです。

準備をしておくべきでした。

その小さなことが、大きなことに発展してしまう場合があります。

 

 

スポンサーリンク

面接に失敗したこと・経験|事故渋滞で20分延着。事前連絡をしたがアウト

転職 面接 時間 間違えた

 

最終面接のため、宮城から埼玉へ車で向かった時の話です。

採用についての最終確認のための面接でした。

しかし、面接で失敗したのです。

 

途中の不測の事態も考え、1時間の余裕を見て埼玉へ向かいました。

東北自動車道は順調な走行で、無事久喜インターチェンジへ到着しました。

 

この時、まだ1時間の余裕は残ったままでした。

ここから、下道で川越へ向かったのですが、悲劇はこの後起こります。

 

何と国道は流れが少々遅め、そして残り10キロメートルの地点で

完全に渋滞。

原因は車同士の事故で、上下線ともに塞がっていたのです。

時間はどんどん過ぎて行きます。

 

時間的余裕が30分を切ったところで、面接時間に間に合わないことは

分かったので、急いで電話連絡。

 

事情を話し、理解を得ていました。

その後、事故処理も終わり渋滞も解消。

急いで車を走らせ、20分延着してしまいました。

そこで、面接担当者から、今日の面接はアウトとの連絡。

 

不採用です。

最悪の結末です。

公共交通機関を使わなかったのが悪かったのか。

それ以後、遠距離の大切な用件があるときは、公共交通機関を

利用しています。

 

時間の狂いが少ない公共の交通機関を使えば良かった。

交通機関の選択を間違えた事例です。

以上が、私の面接に失敗したことです。

 

この失敗した経験は、単純にスケジューリングのミスです。

実際に、入社後の業務においては、「時間に間に合う」ということは、毎日起こることです。

車でも良い場合もあるでしょうし、行く先によっては公共交通機関のほうが、安心できる場合もあります。

 

 

スポンサーリンク

面接に失敗したこと・経験|転職面接に予定より早く着いたら、すぐに面接が始まり頭の中真っ白

転職 面接 時間 間違えた

 

かなり前の転職面接での失敗した経験談です。

採用人数が1人でその日の面接を行う人は私1人のようでした。

事前に時間を指定されてこの時間から面接を行いますので

遅れずに来てくださいと言われました。

 

当日私は20分前ぐらいに到着して、受付の方にその旨を伝えると、

ある部屋のドアの前まで案内されてこちらでお待ちください

と言われました。

 

 

早く到着したこともあり、時間まで待合室で待つのだろうと思い、

ドアの隣で立って待っていました。

すると1、2分ぐらいでどうぞと言われたのでドアを開けて

部屋のなかに入りました。

 

すると3人の大人が座っていました。

事前に準備していたものが全てとび、頭の中が真っ白になりました。

言葉も出ず、ようやくよろしくお願いしますと絞り出しましたが、

どうぞと言われる前に座ってしまいました。

 

なんだこいつは、という表情に座った瞬間に気づきましたが、

時すでに遅し。

当たり障りのない質問をされて、あっという間に面接が終わりました。

程なくして不合格の書面が届きました。

 

せっかく時間に早く到着していたのに、心の準備ができていなかった、

間違えた事例です。

 

前述の失敗した経験に似ています。

早く到着して、気持ちを落ち着かせてから、面接に向かいたいと思う方は、早く到着しても会社には行かないことです。

会社の外でまったり、近くの喫茶店に入るなどして、時間コントロールするべきです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いずれも、やってしまいそうな失敗した経験ばかりです。

自分で無意識のうちに、NGワードといいますか、ネガティブな言葉を使っていることは、ありそうな気がしませんか。

 

面接の準備をしっかりしようとして、話し言葉を暗唱するように、覚えてしまったために、一つずれてしまうと頭が真っ白になってしまうこともありそうです。

むしろ、要所だけを覚えておいたほうが良さそうですね。

 

また、時間に間に合わないとか、ギリギリ到着で、気持ちが落ち着かないうちに、面接が始まることもありそうです。

逆に早めに着いたことで、会社の方は、黙って待たせるよりも、すぐに始めたほうが良いと思ったのかもしれませんが、自分のリズムが崩れてしまうこともありえます。

早く到着した場合は、会社に行く前に、会社近くで待機しているのが良いです。

 

タイトルとURLをコピーしました