コーヒー

妊娠初期のコーヒーは、流産リスクを高める?

妊娠 初期 珈琲コーヒー
スポンサーリンク

お腹に赤ちゃんが出来たとなると、妊婦さんはいろいろな事に、気を付けないといけません。

中でも食事はお腹の中の子に、大きな影響を与えます。

 

普段から珈琲を飲んでる人なら、珈琲のカフェインも注意すべきです。

妊娠中のカフェインの摂り過ぎは良くないと言われています。

とくに妊娠初期では、悪影響が強く出ます。

 

今回は、妊娠初期に珈琲がどう影響するか、まとめました。

 

スポンサーリンク

妊娠初期のコーヒーは、どう影響する?

妊娠 初期 珈琲 (1)

妊娠初期は0〜3週間の間と言われています。

この期間に珈琲を飲むと、いったいどうなってしまか、知っておきましょう。

 

妊娠初期のコーヒーのカフェインは、流産リスクを高める

スウェーデンで1996〜98年の間で調査された論文があります。

『CAFFEINE INTAKE AND THE RISK OF FIRST-TRIMESTER SPONTANEOUS ABORTION』

に、妊娠初期での珈琲作用について、まとめられています。

 

妊婦さんの一日に飲む、珈琲に含まれるカフェイン量を、量別に4段階に分けて見ています。

それに対する、流産リスクの変化はこうでした。

  • 0〜99mg → 1倍
  • 100〜299mg → 1.8倍
  • 300〜499mg → 2.7倍
  • 500mg〜 → 4.1倍

 

珈琲一杯150mlには、約90mgのカフェインが入っています。

ということは、2杯以上から、飲む程に流産リスクが高まる結果になります。

 

コーヒーが妊娠に影響|流産リスクは上がるが症状緩和

スウェーデンでの研究結果では、珈琲は流産リスクを上げました。

しかし、妊娠の症状である吐き気や嘔吐、疲労感は緩和されていたのです。

妊娠後半で、珈琲の摂取を少なくすると、それらの症状が強まりました。

 

ちなみに、これらのデータはタバコを吸わない人達で見られ、喫煙者には表れませんでした。

 

 

スポンサーリンク

コーヒーが妊娠中のつわりを緩和させる?

妊娠 初期 珈琲 (2)

珈琲が流産リスクを高めるのは、世界的に研究され、確かなようです。

そして、妊娠中の珈琲とつわりに大きな関係があることも分かっています。

 

妊娠中のコーヒーと吐き気

続けて、スウェーデンでの論文の内容です。

妊娠時には、4週間目あたりからつわりが始まります。

その症状は8周目あたりでピークに達し、徐々に治まっていきます。

 

これと珈琲の摂取量がみごとに、反比例しています。

流産ありの人程症状は軽く、流産なしだと症状は重くなっています。

また、症状の重い流産なしの方が、流産ありの人より、より珈琲を飲む量が減っています。

 

これは珈琲の効果か、症状を和らげているように見えますが、そうとも言えません。

以下はは論文の話ではなく、妊娠経験者の話です。

コーヒー好きの人も、妊娠で症状が強まると、吐き気などで珈琲を飲みたくなくなるようです。

 

妊娠中の頭痛は、コーヒーじゃ治らない

妊娠中は女性ホルモンが増え、自律神経が乱れて、頭痛が起きたりします。

また、胎児や胎盤に鉄分が使われるので、貧血から来る頭痛もあります。

その点、珈琲はタンニンが鉄分を吸収するため、より貧血になりやすくなります。

貧血になりやすいのは、妊娠中は、カフェインを分解し排泄するのに時間がかかりやすいことも原因しています。

そもそも、珈琲は頭痛と相性がわるいので、悪化させる可能性もおおいにあります。

 

 

スポンサーリンク

妊娠中にコーヒーを飲んでた人は大丈夫だったの?

妊娠中の珈琲は良くないと言われますが、そこまで厳しくは制限されてません。

実際に、知らずに毎日飲んでたなんて人もたくさんいます。

 

妊娠で気づかずにコーヒーを飲んでた人達

妊娠中の珈琲は良くないと知らずに、毎日飲んでた人は、その後大丈夫だったのでしょうか?

毎日2〜3杯や、マックのMサイズ、スタバのトールサイズ飲んでた、という例はたくさんあります。

でも、その後は無事なんの問題もなく産まれて、元気に育っているようです。

 

妊娠中のコーヒーはカフェインレスで

世界的な見解では、妊娠中の珈琲は2〜3杯までなら大丈夫とあります。

イギリスでは1〜2杯、WHOでは2〜3杯の見解です。

危険なのは珈琲のカフェインなので、カフェインレスなら、安心して飲めます。

ただ、カフェインレスでもタンニンはあるので、貧血には注意が必要です。

 

スポンサーリンク

まとめ

妊娠初期では、珈琲は初期の流産リスクを高めると分かりました。

主にタバコを吸わない人達に表れたデータです。

妊娠の初期段階では、コーヒーは一杯までに留めた方が安全です。

 

それでも妊娠中の珈琲が、完全に禁止されてるわけではありません。

2〜3杯までなら良いという見解が世界的にあります。

また、知らずに飲んでたけど大丈夫だった人達がほとんどです。

 

一番は、カフェインレスの珈琲にするのが良いですね。

ただし、その場合は貧血には注意してください。

 

 

関連記事一覧

  1. コーヒーの魅力
  2. コーヒーで健康|カフェインとポリフェノールがもたらす効果とリスク
  3. コーヒーは飲む人によっては高リスク!注意です!
  4. 妊娠初期の珈琲は、流産リスクを高める?(当記事)
  5. 授乳中のコーヒーは何杯までならいいのか?!授乳中はカフェインに注意?!
  6. コーヒーは妊婦さんに悪影響?でも2〜3杯ならOK
  7. コーヒーのカフェインは子供の成長に強く影響する
  8. 猫がコーヒーを飲むと大変!コーヒー以外のカフェインも危険!
  9. 犬にコーヒーは毒!とくに粉や豆には気を付けて!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ミュウズ Cafe
タイトルとURLをコピーしました