ダイエット

ダイエット中の飲み会|翌日の対策に失敗すると太ります

スポンサーリンク
ダイエット 飲み会ダイエット
ダイエット 飲み会

・飲み会前の準備がダイエットでは大切

・ダイエット中の飲み会では野菜をはじめに食べる

・飲み会の翌日はダイエットの意識をいつももより高くする

この記事を読んで実行していけば、飲み会が続いてもダイエットを成功させやすくできます。

 

スポンサーリンク

ダイエット中の飲み会対策は前日から開始

飲み会

 

ダイエット中の飲み会対策を成功させるためには、飲み会前から準備することが大切です。

完璧に行うのなら、飲み会対策は3日前から行ってください。

 

ダイエット中の飲み会3日前から対策

具体的には、飲み会3日前からカロリー摂取をコントロールしていくのです。

例えば、飲み会に行くと、摂取カロリーは1500kcal程度になるとします。

通常の夕ご飯で700kcal摂取しているなら、飲み会で余分に摂取する800kcal分を3日前から少しずつカットしていくのです。

この場合なら、約270kcalを3日間毎日カットしていきます。

このような準備をすることで、飲み会があっても太ることなくダイエットができるのです。

 

 

飲み会の当日だけダイエット対策では遅い

一方、飲み会があるからと、当日の朝やお昼のご飯を減らして、カロリー摂取を抑える準備をしていませんか?

実は、飲み会の当日朝からカロリーを抑えるのは遅すぎます。

というよりも、逆効果にすらなる場合があるのです。

 

その理由は、朝や昼のご飯を極端に減らしてしまうと、飲み会で血糖値が上がりやすくなります。

血糖値が上がると、脂肪を溜め込む作用があるインスリンの分泌が増えます。

つまり、脂肪を溜め込みやすい状態で、飲み会を過ごすことになるのです。

 

飲み会があるとわかっているときは、3日前から少しずつ準備をするようにしましょう。

こうすれば、ダイエットしながら飲み会を楽しむことができます。

 

 

スポンサーリンク

夜の飲み会 ダイエットしてるのなら野菜をはじめに食べる

野菜

 

ダイエットのための準備をして始まった飲み会では、飲み始める前に野菜を食べることも大切。

「とりあえず、ビール」はしないようにしてください。

 

ダイエット中の夜飲み会では最初に野菜から食べる

野菜を食べると食物繊維をたくさん摂取できます。

食物繊維には脂質や糖質の吸収を抑える作用があるので、先にサラダを食べておくことで太りにくくなるのです。

また、野菜でお腹が膨れれば、お酒やおつまみの量も減るので、摂取カロリーを削減できます。

 

飲み会対策には野菜のビタミンがサポート

野菜からビタミンやミネラルを摂取することも、飲み会では大いに役立つのです。

お酒を飲むと身体はアルコールを分解していきます。

実は、アルコールの分解には、ビタミンやミネラルがたくさんいります。

野菜でこれらの栄養素を摂取することで、身体の代謝を守ることもできるのです。

つまり、ダイエットをしやすくできるのです。

 

 

スポンサーリンク

ダイエットしてるなら飲み会の後の翌日はリセットするイメージ

飲み会の翌日は、リセットするイメージが必要です。

飲み会が無事に終わると、普段の生活に戻したくなります。

しかし、ここでうっかりと、いつも通りの生活に戻すと、せっかくの飲み会対策をしたことが無駄になってしまいます。

飲み会の日に、摂取した飲み物と食べ物と、翌日に食べる食事量を合計して、リセットするイメージが必要です。

 

 

飲み会の翌日の朝と昼と夜の食事はコントロール

飲み会後の翌日の食事は、飲み会以前の食事スタイルにすぐにもどしてしまうと、カロリーや脂質オーバーになってしまう可能性が大です。

翌日の食事は、朝ご飯だけではなく、昼と夜のご飯を、飲み会の飲食料と合わせて、炭水化物と脂質について、コントロールすべきです。

 

お酒の量が多かった人は、酒のカロリーは、エンプティカロリーだから、栄養素を含んでいないし、ダイエットに影響はないとお考えかもしれませんが、実は意外に糖質が多いのです。

特に、酒を飲んでも食べないタイプの人は、食べてないので大丈夫と思っている可能性がありますが、意外に糖質を摂取していることに、気づいていない可能性があります。

 

特に、健康イメージのある梅酒の糖質はすごく多い(100ml中に20.7g)です。

そのほかの酒も実はかなり多いです。(それぞれ100mlあたり)

  • 日本酒(4.5g)
  • ロゼワイン(4g)
  • 発泡酒(3.6g)
  • ビール(3.4g)
  • 白ワイン(2g)

それぞれが、100mlあたりの数値ですので、ビールの大ジョッキを2〜3杯飲んで仕まえば、糖質の量はなかなかすごいことになります。

糖質がないのは、焼酎、ウイスキーブランデーなどです。

 

飲み会で食べた量と飲んだ量の糖質と脂質については、翌日の食事を抑えて、リセットしてください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

飲み会続きになったときのダイエット|翌日にやるべきこと

シーズンによって、飲み会続きになってしまうことってありますね。

体調も気になりますが、やはり気になるのは、ダイエットのことです。

 

飲み会の時間帯は、当然夜の時間帯です。

夜の飲み会による飲食が続けば、カロリーも糖質も脂質も、オーバーする可能性が大です。

飲み会続きの場面でのダイエットは、減らすことよりも現状維持を目指すことです。

 

飲み会の翌日にやるべきことは次の5つです。

  1. 代謝を下げないように注意 → 翌日朝にコップ1杯の水を飲む。冷たい水ではなく、常温か暖かいお湯がベストです。
  2. できれば代謝をあげる → 翌日朝に少し熱いシャワーを浴びるのが良いです。交感神経が刺激され、脂肪燃焼が進む状態になります。
  3. 翌日朝の朝食は控えめに → 昨夜食べた分の帳尻を合わせる必要があります。朝食は控えめに。
  4. 有酸素運動を意識する → 体調次第ですが、なるべく多めに歩くことです。朝の時間帯・通勤の時間・日中の活動時間、などの中で可能な限り、歩きましょう。
  5. 昼食 → 昨夜の食べすぎた量にもよりますが、かなり多かったのであれば、昼食も控えめです。カロリー・糖質・脂質の三大栄養素は、1回ごとの食事ではなく、連続した中で、量的な帳尻を合わせる意識を持つことです。

シーズンによっては、飲み会続きが、1日おきや連日ということもあります。

特に重要なのは、翌日の食事量と消費カロリーです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

ダイエット中の飲み会は、怖いものではありません。

適切に準備し、口にするものを選んだりすることで、太るリスクを下げられるのです。

また、飲み会が終わったからと安心するのではなく、気持ちを維持する努力もしましょう。

そうすることで、飲み会があっても、ダイエットを成功させることができます。

 

 

関連記事一覧

  1. ダイエットで痩せる
  2. ダイエット方法を解明|効果的なやり方〜50代でも痩せる方法
  3. 痩せるダイエット方法|運動しないで痩せる入院・飲み会対策・風呂
  4. 今話題のダイエット入院!病院に頼れば本当に痩せられるの?
  5. ダイエット中の飲み会対策|前と後・当日メニューと注意(当記事)
  6. お風呂ダイエットで本当に痩せたのは高温反復入浴法400kcal
  7. お風呂ダイエットで効果なしの人は方法を間違えてる!
  8. 絶対痩せるダイエット|簡単な成功できる方法はないのか
タイトルとURLをコピーしました