転職

大手企業へ転職。成功のポイントとは?

スポンサーリンク
大手 転職転職
大手 転職

中小企業で仕事をしていると、給与等に不満があり、大手企業への転職を考えることがあります。

そこで、大手企業への転職を成功させるためには、どういった点に気を付ければいいのでしょうか。

 

この記事でお伝えすることは次の通りです。

  • 成功のポイント1:大手企業に提出する履歴書、職務経歴書を作りこむこと
  • 成功のポイント2:転職先を1つの大手企業に絞らないこと
  • 成功のポイント3:転職エージェントを利用すること

 

 

この記事を読んでくだされば、「大手企業へ転職を成功させるための3つのポイント」が理解できます。

では、解説してまいります。

 

 

スポンサーリンク

大手企業への転職を成功させるための3つのポイント

大手企業への転職を成功させるための3つのポイント

 

履歴書、職務経歴書を作りこむ

まずは、履歴書と職務経歴書をしっかりと作成する事が大切です。

 

なぜなら、大手企業が最初に見て判断するのは、履歴書や職務経歴書だからです。

では、具体的にどのように作りこめばいいのでしょうか。

 

まず、分かりやすさを意識しましょう。

これは、当然のことですが意外と難しいです。

 

例えば、履歴書には、時系列で、学歴や職歴を記載します。

しかし、企業の在籍期間があいまいだったり、空白の期間があるとどうでしょうか。

読み手としては、頭の中に「?」が出てきてしまいます。

 

また、履歴書等の作りこみには、企業研究も必要です。

企業研究をしてから、実績や強みを記載しないと、評価されないこともあります。

例えば、その大手企業は、リーダーシップを持った人物を探していたとします。

 

しかし、職務経歴書にプレイヤーとしての実績ばかりを記載した場合です。

こうなると大手企業からは、当然評価されません。

その大手企業は、いかにリーダーシップを発揮してきたかを、実績として知りたいのです。

 

履歴書、職務経歴書は、ただ作成すればいいわけではありません。

読み手が簡単に理解でき、求めているポイントをおさえて作りこみましょう。

 

 

転職先を1つの大手企業に絞らない

大手企業へ転職をする場合、志望先を1社に絞ることはお勧めできません

 

なぜなら、一般的に大手企業は、中小企業に比べ人気があり、倍率が高いからです。

大手企業は、給与を安定しており、福利厚生も整備されていることが多いです。

 

そのため、新卒で採用した後、離職することが少なく、中途採用の求人枠が少ないのです。

その少ない求人枠に、大手企業ということで多くの就職者が募集を行います。

 

そのため、必然的に倍率が高くなる傾向があります。

1社に絞ってしまうと、非常に狭き門となるため、複数の大手企業に応募しましょう。

 

 

転職エージェントを利用する

大手企業へ転職するには、転職エージェントを利用すると効果的です。

 

大手企業は、転職エージェントを介して、求人を出す事が多いからです。

大手企業は、中小企業と異なり、人材開発のための予算を多く持っています。

 

そのため、優秀な人材であれば、お金を多く払ってでも獲得する傾向があるのです。

具体的には、エージェントは、優秀な人材を登録し、大手企業に紹介します。

 

そして、採用が決まれば、大手企業が、エージェントに紹介手数料を支払う仕組みです。

大手企業は、一人を採用するのに、何百万の紹介手数料を支払うこともあります。

大手企業へ転職すのであれば、大手企業の求人を多く持つエージェントを利用しましょう。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

大手企業へ転職を成功させるための、3つのポイントを開設しました。

 

中小企業の環境に満足できない方は、大手企業へ転職を考えます。

大手企業への転職を成功に導くために、まず、履歴書、職務経歴書を作りこみましょう。

そして、特定の大手企業1社に絞りをかけないようにしてください。。

 

大手企業の求人が多い転職エージェントを、利用するのも効果的です。

大手企業へ転職する際は、ぜひ3つのポイントを参考にしてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました