ダイエットは1ヶ月に体重5%以内のペースでの減量が理想的!

そこで、この記事では以下のことをお伝えして参ります。

・理想的なダイエットペース

・ダイエットのペースを守りながら気をつけること

・ダイエットのペースが守られているかチェックすることの大切さ

 

ダイエットをすると決めた方は、ゴールにすぐに辿り着きたいもの。

そのため、極端なダイエットプランを描いてしまいがちです。

しかし、速すぎるペースでダイエットをすると、リバウンドのリスクを高めてしまいます。

 

この記事を読んでいただければ、ダイエットの理想的なペースがわかり、リバウンドのリスクを低くできます。

ダイエットのペースで悩んでいる方は、ご一読ください。

 

 

ダイエットは1ヶ月で体重5%以内のペースが理想的!

ダイエットは1ヶ月で体重5%以内のペースが理想的!

 

ダイエットの理想的なペースは、ズバリ1ヶ月で体重5%以内に抑えること。

50kgの方であれば、1ヶ月で2.5kg痩せればベストといえます。

「そんなペースじゃ、遅すぎる!」と思った方もいると思います。

しかし、これ以上速いペースでダイエットをすると、身体を壊してリバウンドの確率も高まってしまうのです。

 

速いペースで減量をするとなると、厳しすぎる食事制限や運動をしなければなりません。

しかし、これだとダイエットをコンスタントにできずに中止してしまい、もとの体重に戻ったという方も多いのでは?

また、ペースが速いと筋肉量が減って太りやすくなったり、筋肉を痛めてしまったりして逆効果な面も。

まずは、1ヶ月で体重5%以内の減量を目標にしてスケジュールを決めていきましょう。

今は「物足りない」と感じても、ダイエット後は「よかった」に変わりますよ。

 

 

ダイエットのペースを守りながら気をつけること

ダイエットのペースを守りながら気をつけること

ダイエットを正しいペースで行うには、気をつけなければならないことが2つあります。

そこで、ここでは2つのポイントを紹介していきます。

 

食事はしっかり食べる

ダイエットのペースを維持しながら気をつけることとは、食事をしっかり食べるということ。

ダイエットでは食事を制限するものと思っている方が多いです。

しかし、あまりに食事を制限しすぎると、エネルギー不足となって身体を壊してしまいます。

また、無駄な脂肪を落とすのと同時に、筋肉も細くしてしまってリバウンドの原因となるのです。

 

身体に必要な栄養をしっかりと摂取するために、食事は十分に食べるようにしましょう。

その上で、ご飯の量を少し減らしたりお酒を控えたり、間食を止めたりするとカロリーが減って、自然と1ヶ月で5%の減量ペースに収まりや

すくなります。

案外、しっかりと食べた方がストレスがないので、順調に痩せられるものですよ。

 

 

運動で筋力を維持する

ダイエットのペースを守りながら気をつけることの2つ目は、運動で筋力を維持すること。

ダイエットで筋肉を気にする方は少ないですが、実は深い関係があります。

筋肉は脂肪と比べると消費エネルギーが大きいので、筋肉量が増えると基礎代謝もアップします。

そのため、ダイエットを終えた後も筋肉量が維持されていれば、リバウンドしにくくなるのです。

 

筋肉量を維持するためには、筋トレをするのが効果的。

理想は筋トレの後に有酸素運動をすることです。

しかし、難しいようであれば、筋トレと有酸素運動を1日おきにするのがよいでしょう。

そうすることで、筋力を維持することができます。

 

ちなみに、筋肉は脂肪と比べて重いので、筋肉をつけるとダイエットのペースは一時的に鈍ります。

しかし、だからとって、無理な食事制限や運動をしないようにしてくださいね。

 

 

ダイエットのペースを守れているか体重計で毎日チェック

体重計で毎日チェック

 

ダイエットのペースが理想的かどうかを知るために、毎日体重計で体重をチェックするようにしましょう。

ダイエット中は体重計に乗りたくないという方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、思い通りのペースで痩せているかをチェックするためには、計量は必要です。

また、ダイエットへのやる気を維持するためにも、体重チェックは欠かせません。

1ヶ月で5%を理想とするなら、1週間当たりなら1.25%の減量のペースがベストです。

これを目安に毎日体重計に乗って、体重をチェックするようにしましょう。

 

 

まとめ

ダイエットを成功させてリバウンドしないためにいは、1ヶ月で体重5%以内の減量のペースが理想的です。

 

この記事では、理想的なダイエットのペースとその方法を紹介してきました。

ダイエットで失敗しないために食事や運動だけでなく、ペースにも気を配りながら痩せてください。

そうすることで、痩せた後も体重を維持しやすくなります。