ポケトル120小さすぎ水筒が予想外の大ヒット|小さいから良いよね

 

「120mlって、小さすぎる」と思うが、実は丁度いい。

世の中の飲料水の基準は、500mlになってましたが、実は一度に飲むのには、ちょっと多いかもしれない。

だから、半分のみ残したペットボトルを持って歩く。

 

ポケトルの2本持ちがいるらしい。

それは、とってもありだと思う。

このニッチなサイズ感が、大手メーカーが作らないニッチな領域で、バカ売れしてるらしい。

 

 

ポケトル120小さすぎのこのサイズが実はいい

サイズは奥行き4.5センチ、高さが14.3センチ。

たったの120mlしか入らない。

しかし、これが売れてる。

言われて、気づいた「丁度良い感」があるのかもしれない。

 

バッグに入れて持ち歩くとき、ペットボトルの500mlは、それなりに存在感がある。

しかし、ポケトルならバッグに入れても、全然じゃまにならない。

2本持ちの気持ちがわかる。

2本でも、全然気にならない。

 

 

ポケトル120水筒のターゲットは予定外の・・・

商品開発の担当者は、「当初のターゲットは、20代30代のOLだった」と、コメントしている。

しかし、実際に買っていく人は、別のターゲットでした。

 

最も多いのは、シニア女性。

シニア女性のニーズに、当たったらしい。

次に多いのが、男性。

 

ビジネスシーン以外でも、使いたくなるのかもしれない。

慣れていたつもりでも、500mlのペットボトルは、やはりそれなりに重みを感じる。

当たり前ですね。

500gはあるわけだから。

 

車に乗るときもそうだ。

500mlのペットボトルだと、必ず飲み残す。

自販機で買ったときは、冷たくとも、運転をして、買い物や用事を済ませて、もう一口を飲もうとするときは、もうぬるい。

ますます、飲み残す。

 

このサイズ感は、良いかもしれない。

 

ポケトル水筒アマゾンで注文する|メーカーはDESIGN WORKS ANCIENT

アマゾンで早速注文してみようと、「ポケトル」で調べた。

似たような商品もやはり、あるものです。

 

ポケトルのメーカーは、DESIGN WORKS ANCIENTっていうところらしい。

価格は、1,480円。

いつものように、ポチッとするところだけど、よく見るとAmazonプライムのマークがついてないです。

 

ということは、送料がかかってしまう。

そこで、ポケトルの情報を調べ直すと、「東急ハンズ」「ロフト」でも売ってるらしい。

じゃあ、後で外出した時に、ロフトによって、買ってこよう。

やっぱり2本が良いかも・・・・・。

ロフト、ハンズがない人は、やっぱりAmazonか楽天ですね。