注目キーワード

クレジットカードをプラチナにする年収は?利用上限はあるのか

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

・実はプラチナカードを持てる年収の基準は各社バラバラ

・一般的な年収がある人なら持てる可能性は十分ある

・インビテーションが届きやすいのは利用額に優れた人

 

クレジットカードにはランクがある事は皆さんもご存じでしょう。

ゴールドカードの上、プラチナカードを周囲で持っているという人は意外と少ないもの。

もしプラチナカードを持つならば、年収はいくら必要なのか、気になるトコロ。

また、持つことのメリットや年会費も気になります。

 

この記事を読めば、クレジットカードをプラチナにするなら年収がいくら必要か、メリットと年会費の事が、お分かりいただけます。

それでは解説してまいります。

 

 

クレジットカードをプラチナにする年収は?

クレジットカード プラチナ
クレジットカード プラチナ

 

   <結論>1000万円あればよかったのは昔の話

 

 

プラチナにする際の年収基準は曖昧になってる

クレジットカードをプラチナにすれば、ステータスの違いを周囲に見せつけられます。

実際に年収はいくら必要かとなると、実はこれだけあれば確実というラインはないとされています。

 

1000万円を稼いでいても落とされる人は落とされ、それ以下の年収でも通る人は通るというコト。

一方、同じ年収でありながら、別のクレジットカード会社で判断が分かれるケースも。

 

あるクレジットカード会社は400万円程度で、別の会社は500万円なんて事例も見られます。

年収が500万円あれば、プラチナカードを持てる可能性は十分。

 

逆に言えば、プラチナカードを持ちたい際には、会社選びが非常に重要というわけです。

別のクレジットカード会社なら通ったのに!なんて事も考えられます。

 

20代にしてプラチナという強者も

年収が400万円台でもプラチナのクレジットカードを持てる時代。

20代でもそれを手に入れることは十分に可能です。

 

申し込み可能年齢が20歳以上のクレジットカード会社にして、年収を満たせば、あとは中身の問題に。

20代でプラチナなんて持てないと諦めるのは早いです。

若くして稼ぐ人もいますから、決して夢物語ではありません。

 

 

クレジットカードをプラチナにするなら、年収より利用額を重視すべし

 

 

<結論>インビテーションが届く人は、もっと使ってほしいと思われている

 

インビテーションは優良ユーザーの証

クレジットカードにおけるプラチナは、結構なステータスです。

そのため、持てる人もそれなりのステータスにいる人に限られます。

 

インビテーションが届くのも、利用額が高額で、毎月の支払いが滞らないような人。

つまり、優良ユーザーで毎月結構な利用額なら招待はされやすいというコト。

 

毎年数十万円の支払いをコンスタントにしていれば、招待の可能性は高まります。

サービスを充実させるので、もっとたくさん使ってほしい、クレジットカード会社の思惑が見え隠れ。

届いたら、それだけステータスの高い人間だと思って良さそうです。

 

インビテーションが必要ないケースでも利用額は大事

インビテーションは、あなたはプラチナを持つ資格が十分にあると認定を受けているようなモノ。

そのため、招待状が来てから審査を申請すれば、通る可能性が高いです。

 

最近は招待状なしでも申請が出せますが、そうなると重要なのが利用額。

ゴールドカードを所有してからどれだけ使ってきたのか、ここが問われます。

 

何段階か飛ばしていきなりプラチナにチャレンジしてもうまくいかない可能性が大。

まずはゴールドにして、そこで実績を重ねてプラチナにするのが理想的でしょう。

 

 

クレジットカードのプラチナ|利用できる上限は

やはりゴールドカードの上のランクと言うことで、プラチナカードの利用上限額が気になります。

また、その年会費も気になりますね。

 

プラチナのクレジットカードの利用上限は

プラチナカードのランクは、実は最高位ではありません。

その上のランクには「ブラックカード」というランクがあります。

しかし、プラチナカードのサービスが最高級であることには間違いはありません。

 

利用上限は、各カード会社の総合的判断によります。

総合的判断とは、これまでの利用実績・返済状況・年収などからの判断ということです。

 

1つ下のランクである、ゴールドカードの場合ですと、スタート時点で200万円。

その後は利用実績により、500万円程に上がります。

プラチナはその上のランクですので、その金額を超えることになります。

1,000万円以上と言われていますが、無制限という説もあります。

 

ただし、ゴールドと同様に過去の利用実績によって、変わるものです。

 

プラチナのクレジットカードの年会費

プラチナのクレジットカードのランクは、ゴールドカードの上にあります。

ですので、気になるのはその年会費です

実は、プラチナカードの年会費は、安いものでは20,000円程度から、高いものは100,000円以上のものもあります。

 

年会費20,000円程度

三菱UFJニコスやクレディセゾン等は、年会費20,000円程度で持てます。

ただしサービス内容は少なめです。

 

年会費30,000円から50,000円程度

JCBや三井住友カードが発行しているものが、このクラスです。

 

年会費143,000円(消費税込み)は最高ランク

アメリカンエクスプレスのプラチナカードは年会費が高いです。

ただしそのサービス内容はやはりとても多いです。

 

 

 

 

まとめ

 

クレジットカードをプラチナにする際、年収は平均的なものでも十分。

それでも年間50万円、100万円と使わなきゃ手が届かない可能性が高いです。

 

普段の支払いを1枚のクレジットカードにまとめるのも1つの手。

あとは返済を滞らせることなく、順調に支払いしていくことも重要です。

クレジットカードを、一般カードしかない人はまずはゴールドを目指す、話はそこからです。

 

プラチナ クレジットカード
最新情報をチェックしよう!