履歴書の志望動機の書き方|既成の書式ではなく別紙に書く

転職や就職の採用の基準は、何だと思っていますか?

書類選考の場面で、面接の場面で、何を基準にして、採用を決めてると思ってますか?

 

会社や採用担当によって、多少の違いはあります。

マナーや身だしなみも重要な要素です。

しかし、マナーや身だしなみが、普通に出来ている場合なら、履歴書の志望動機の書き方で、採用かどうかが決められている可能性が高いです。

筆者が、面接官・採用担当をしている時には、志望動機を重要視して、採用を決めていました。

しかし、実際の履歴書では、「志望動機の書き方」を軽く考えていると思われる履歴書が非常に多いです。

当記事を読んだあなたが、履歴書の志望動機の書き方が出来るようになり、転職が進むことを願います。

筆者が、面接をしてきた経験から解説します。

 

 

履歴書の志望動機の書き方で転職できるかどうか決まっている

志望動機
Pexels / Pixabay

会社や採用担当によって、採用するかどうかの基準は、多少違うかもしれません。

しかし、志望動機を1番か2番に、重要視している企業は多いです。

ですから、履歴書の志望動機の書き方で、転職や就職(新卒・パート)ができるかどうかは、決まっていると考えて良いと思います。

正社員の就職に限らず、パートの場合でも、応募者が多ければ、履歴書の志望動機の書き方が、採用に影響することは間違いありません。

 

履歴書の志望動機の書き方|新卒なら

新卒といわゆる転職の違いは、新卒は企業では働いたことがないことです。もちろん、パートやバイトとっして働いた経験はあるでしょう。

パートやバイトは、自分が持っている時間という資産を会社に買って貰うということです。

しかし、正社員として、新卒入社をするということは、その組織の一部となることを希望するというです。

ですから、履歴書の志望動機には、組織の一部に加わりたいという願いが盛り込まれているのが良いです。

できれば、「貴社には、他社にはない、〇〇があり、私はそこにとても共感を感じています。ぜひ、働かせていただきたいです。」という意欲が表現されているのも良いです。

 

 

履歴書の書き方|パート・バイトの場合 志望動機は、どう書けばいいか?

パートやバイトの場合、採用担当は、正社員の募集のように、長く働いてくれて共感できる人をもとめている感じではありません。

極論すれば、「時間」を企業に提供し、報酬として賃金をもらうことになります。

いかに自分は、時間をきちんと守って仕事ができるかを、自分の言葉で表現した上で、企業が扱っている商品やサービスに愛情を感じているかを表現してみてください。

世の中には、キャリアのパートやバイトさんが、場合によっては社員以上の愛社精神や、実際に能力が高い人もいますが、今後いつまで働いてもらうことになるのか、わからない最初の履歴書の段階で、求められるのは、範囲が狭い仕事を決められた時間を休まずに出社してくれる人材です。

 

履歴書の中で志望動機の書き方を重視する転職のケース

転職の場合、数年間か数十年間、社会人として働いた方が、パート等ではなく、正社員としての働く場を求めて履歴を書いているはずです。

履歴書が、じぶんという「存在」の唯一で最大のプレゼン資料である事を理解していない応募者が、物凄く多いです。

自分と同じように考えて、その企業の求人募集に応募する人が自分の他に10人か20人、いるかもしれないということ、そして、いいか悪いかの判断のために見てもらう資料が履歴書しかないということ、理解していないのではないかと思います。

 

転職をする際の履歴書には、新卒やパートとの違いが、大きくあるはずです。

志望動機や自己PRに、あなたという存在が、他と違う能力・魅力・人間性・入社への熱い思いなどを持っていることが、書かれているはずです。

逆に、それが書かれていないと、採用していいのかどうかの判断がつかないです。

もはや、世の中は「学歴の時代」ではありません。

採用する側からみて、いい学歴だから、いい会社からの転職だから、優秀な社員になってくれるということは、ほぼありません。

子供の教育に熱心な親御さんには、申し訳ありませんが、筆者のこれまでの経験(40年間の会社員生活)から、一般的に知られる良い大学の出身で、流石に一味も二味も違いがあるなどと感じたことは、かなり稀です。

滅多にいないです。

有名私立大も、国立大も、地方の平凡な大学出身でも、社会人としての能力の差はほとんどないです。

ですから、履歴書の学歴で、採用が決まるかもと思っているなら、大きな間違いです。

 

それよりも、個人の力を磨いて、転職履歴書では、他の応募者との違いを志望動機や自己紹介・自己PRの狭いスペースに願いを込めて書いても良いですし、別紙を1枚作って、自己紹介と自己PR 、そして志望動機を書いて、履歴書に添付して応募すれば、他の応募者よりも間違いなく1歩先に進みます。

 

履歴書って、コンビニや文具店で買ったり、テンプレのダウンロードを使うのだと思いますが、そもそもです。

あの書式は、法的に決められたフォームではないです。

本当に転職を成功させたいと考えるなら、少なくとも自己紹介と志望動機、自己PRについては、別紙にして、自分の熱い思いを伝えないと、相手にはわかりません。

学歴や職歴や特技・資格を見ても、どんな魅力・能力人あるなのか、さっぱり分かりません。

そのさっぱりと分からない状態で、何となく選ばれているのです。(転職が決まるとき)

 

履歴書の志望動機の書き方は、カッコつけずにシンプルに、入社への思いを書けばいい

心か頭のどこかで、格好のいい履歴書の文章を書こうと思っていないでしょうか。

ですから、ネットで探した例文をコピペして、履歴書の志望動機に書いてしまうのかもしれません。

しかし、その書き方はNGです。

 

面接官としては、書き方が多少稚拙であったとしても、入社への熱い思いが書かれている志望動機には、目が止まります。

 

志望動機は、格好いい文章の書き方である必要はありません。

入社への思いをシンプルに考えてください。

「なぜ、その会社に転職して履歴書を送ろうとしているのか?」

「なぜ、他にも会社があるだろうに、その会社を選ぼうとしているのか?」

「給料の条件がよかったですか?」

「何か面白そうな会社に感じましたか?」

「休みの条件がいいと思いましたか?」

「扱ってる商品に魅力がありましたか?」

「ホームページなど、何かを見て、優しそうな人(先輩)がいると思いましたか?」

 

上記の中に、「この会社がいいかも」と思ったことがありましたか。

この会社がいいかもしれないと思ったことをそれを、転職の志望動機といいます。

そのことを素直に、履歴書に書くのが、良い志望動機の書き方です。

ただ文章に自信がないのと、カッコいい志望動機の書き方をしたいと、思ってるだけではないでしょうか。

 

履歴書の書き方で、文章の見た目にとらわれてないですか。

転職の志望動機は、カッコいい文章でなくても良いんです。

 

 

履歴書の志望動機の書き方は、例文を調べてマネするのはダメ!パートであってもです

コピペや真似をした書き方の文章は、絶対に転職の採用担当にバレます。

その応募者への好印象は、全く残りません。

職歴などに、面談してみたいと思う書き方がなければ、面接の案内をすることはありません。

これは、書類選考で落ちるという状態です。

 

参考にしてみるのは良いですが、マネやコピペの書き方をしてしまうと、転職就職のチャンスはなくなります。

また、仮に面接に呼ばれたとしても、採用は困難です。

面接の場面で、面接官から、必ず聞かれます。

「なぜ、当社へ入社したいと思いましたか?」

 

コピペやマネで志望動機の書き方をした人は、この質問に、志望動機をきちんと答えられないです。

どこでもいいから、とにかく就職したいと考える応募者に、企業は興味を持ってくれません。

それが、たとえパートだとしてもです。

 

志望動機の例文という意味ではありませんが、例えばこんな書き方でもOK

たとえば、不動産会社への転職で履歴書の書き方で、こんな風に志望動機を書いてくる人がいます。

「ずっと以前から、不動産のことに、関心がありました〜〜〜〜」

こういう志望動機の書き方には、面接官は非常に違和感を感じます。

では、なぜ前職は、違う業界なのだろうと、考えるからです。

 

それならば、例えば、次のような志望動機の書き方の方が、採用担当にはしっくり来ます。

「転職(就職)を考えた時に、不動産会社を調べてみると、他の業種より平均年収が高いので、稼ぎたいと思っています・・・ホームページを見ると、御社の扱う物件数が多かったので、将来性を感じました・・・」

そうやって、本音を書いた方が、書類選考では、間違いなく目に止まります。

新卒でも、転職でも、パートでも、同じです。

 

転職系サイトなどの、志望動機の定型文のコピペは、絶対に、やめたほうがいいです。

はっきり言って、その人の転職へかけるマインドに対して、「マイナス印象」しかありません。

採用担当は、「転職・就職を真剣に考えてないのかな」と思ってしまいます。

 

 

履歴書に志望動機を書く時の書き方

書ける
Mediamodifier / Pixabay

 

転職の履歴書で、志望動機を書く方法を解説します。

 

書き方|履歴書に志望動機を書く前に、紙とペンを用意してください

1)ひとりになれる場所を探してください。

2)紙(ノートOK)とペンを用意してください。

3)目を瞑って、静かに呼吸。志望動機を書くことはとりあえず横に置く。

4)何度か静かに呼吸したら、自分をイメージする。分身のイメージでも良い。

5)聞いてみてください。なぜ、その仕事を選ぼうとしているか?

6)何か、浮かんできたら、紙にメモする

7)次に、なぜその会社がいいと思ったか?答えをメモしてください。

そのメモに書かれているのが、純粋な志望動機です。

 

履歴書に志望動機を書く

先ほどの紙に書いたメモの内容を、履歴書に書きます。

少しくらいの修正はしても良いですが、基本的にそのまま履歴書に書きます。

カッコつけなくて良いです。

 

ネットで調べた志望動機の例文と違っていてもいいです。

むしろ、いい書き方です。

 

繰り返しでは、ネットから探した、志望動機のマネをした書き方を続けている限り、書類選考で、採用担当の目に止まることは、ないです。

表現が、あまりも子供っぽいと思うなら、少しだけ修正してください。

でも、それがあなたの転職の志望動機です。

履歴書を書こうと思った時の志望動機のはずです。

 

本気で入社、転職をしたいなら、既成の履歴書ではなく、志望動機や自己紹介などを、別紙にまとめて添付すべきです。

 

まとめ

転職に限らず、新卒でも、パートでも、求人募集に応募するのは、あなただけではありませんので、まず履歴書・職歴書で、比較されます。

ネットで探した、志望動機の例文をマネした書き方をしていても、面接にさえ呼んでもらない可能性が高いです。

採用担当からすると、マネをしたきれいごとの書き方では、当社へ入社したいという強い志望動機を感じないからです。

パートでも同じです。

とにかく、どこでもいいから就職をしたい、という人の履歴書の書き方では、採用担当の目が止まることは、ありません。

志望動機を書かないとか、「なし」という人は、論外です。

入社したいと思うのなら、必ず入社への思いが詰まった書き方をすることです。

 

 

関連記事一覧