転職

履歴書の志望動機の書き方で転職できるかどうか決まる|書く方法教えます

スポンサーリンク
履歴書 志望動機転職
履歴書 志望動機

転職の採用の基準は、何だと思っていますか?

書類選考で、面接で、何を基準で採用を決めてると思ってますか?

 

会社や採用担当によって、多少の違いはありますが、筆者は志望動機で、採用を決めていました。

転職する時、履歴書志望動機が書けない人がいると聞きます。

それもかなりの数がいると。

 

それは、文章を書くことに対して、考えすぎなんだと思います。

もう一つは、「志望動機」を軽く考えているのだと思います。

 

この記事を読んだあなたが、履歴書の志望動機を書くことが出来て、転職が進むことを願います。

筆者(不動産会社社長)が、面接をしてきた経験から解説します。

 

 

スポンサーリンク

履歴書の志望動機の書き方で転職できるかどうか決まっている

志望動機

Pexels / Pixabay

 

会社や採用担当によって、採用するかどうかの基準は、多少違うかもしれません。

しかし、筆者は、志望動機を1番か2番に、重視しています。

ですから、志望動機の書き方で転職できるかどうかは、決まっていると思います。

 

 

履歴書の中で、志望動機を重視する理由

もはや、世の中は「学歴の時代」ではありません。

採用する側からみて、いい学歴だから、いい会社からの転職だから、優秀な社員になってくれるということは、ほぼありません。

 

今は、「人柄の時代」「個人の時代」です。

ですから、学歴や職歴からは、参考になることは、あまりないと筆者は考えています。

 

どんな人なのか?

元気に、一生懸命、働いてくれるのだろうか?

ということで採用を決めます。

 

どのくらい、入社への気持ちの強さを持っているのか。

そのことを知るのには、志望動機が、その人なりの言葉で書かれているのかを見ます。

ネットで調べた例文のコピペの人は、すぐ分かります。

 

 

カッコつけず、シンプルに考えて、普通に書けばいい

心か頭のどこかで、格好のいい履歴書の文章を書こうと思っていないか。

 

シンプルに考えてください。

「なぜ、その会社に転職して履歴書を送ろうとしているのか?」

「なぜ、他にも会社があるだろうに、その会社を選ぼうとしているのか?」

「給料の条件がよかったですか?」

「何か面白そうな会社に感じましたか?」

「休みの条件がいいと思いましたか?」

「扱ってる商品に魅力がありましたか?」

「ホームページなど、何かを見て、優しそうな人(先輩)がいると思いましたか?」

 

 

その、「いいかも」と思ったこと。

それを、転職の志望動機といいます。

履歴書に書く志望動機です。

ただ文章に自信がないのと、カッコいい志望動機の文章を書きたいとか、思ってるだけです。

 

履歴書の文章の見た目にとらわれてないですか。

転職の志望動機は、カッコいい文章でなくても良いんです。

 

 

履歴書の志望動機を書くのに、例文を調べて、マネするのはダメ

絶対に転職の採用担当に、バレます。

筆者はすぐに分かりますし、その人の転職に対する思いへの印象は悪くなります。

 

そういう人達って、ほとんど同じ志望動機の文言を書いてきますから、すぐに分かります。

この時点で転職の履歴書に対しての評価は、マイナスです。

そして、仮に面接に、呼んでもらえても、マネして書いた志望動機について、質問されて答えられないです。

 

例えば、こうやって書いたら

不動産会社への転職で履歴書を書くのなら

「ずっと以前から、不動産のことは、関心がありました〜〜〜〜」

なんて、書かずに、

 

「不動産会社は、調べてみると、他の業種より平均年収が高いので、ちょっと自信はないですが、稼ぎたいと思っています。」

そうやって、本音を書いた方が、書類選考では、間違いなく目に止まります。

 

転職系サイトなどの、志望動機の定型文のコピペは、絶対に、やめたほうがいいです。

はっきり言って、その人の転職へ書けるマインドに対して「マイナス印象」しかありません。

僕が採用を決める場合なら、「転職を真剣に考えてないのかな」と思ってしまいます。

 

 

スポンサーリンク

転職時の履歴書に志望動機を書く方法

書ける

Mediamodifier / Pixabay

 

転職の履歴書で、志望動機を書く方法を解説します

 

紙とペンを用意

1)ひとりになれる場所を探して、そこへ行く

2)紙(ノートOK)とペンを用意してください

3)目を瞑って、静かに呼吸。志望動機を書くことはとりあえず横に置く。

4)何度か静かに呼吸したら、自分をイメージする。分身のイメージでも良い。

5)聞いてみてください。なぜ、その仕事を選ぼうとしているだったかな?

6)何か、浮かんできたら、紙にメモする

7)また、聞いてみてください。なぜ、その会社がいいと思ったのだったかな?

あなたの分身イメージに聞いたら、何か言葉や考えが浮かぶはず。それをメモする。

これは、思い出す作業をしただけです。

以上。

 

そのメモに書かれているのが、純粋な志望動機です。

 

履歴書に志望動機を書く

先ほどの紙に書いたメモを、履歴書に書きます。

 

少しくらいの修正はしても良いですが、基本的にそのまま履歴書に書きます。

カッコつけなくて良いです。

 

ネットで調べた志望動機の例文と違っていてもいいです。

むしろ、いいです。

 

それでは、転職面接に呼んでもらえないかもしれないって、考えてますか?

ネットの志望動機の例文を真似した文章を履歴書に書いては、もっと可能性は低いです。

 

表現が、あまりも子供っぽいと思うなら、少しだけ修正してください。

でも、それがあなたの転職の志望動機です。

履歴書を書こうと思った時の志望動機のはずです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

1)ネット等で、転職の志望動機の例文を探して、履歴書に真似して書くのは、ダメ。

2)履歴書に志望動機を書かないのはもっとダメ。

3)履歴書に本音で志望動機を書いたら、カッコ悪い = それでいいです。

 

タイトルとURLをコピーしました