転職

仕事を辞める理由は一身上の都合!本当に辞めるべきか?

スポンサーリンク
仕事 辞める 理由 一身上の都合転職

仕事を辞める理由には。大きく2つある。

建前的理由と本音の理由です。

 

建前的理由とは、実際には嘘の理由ということです。

会社を、円満に退職するめ、無難に辞めるために、人が考えたなりの理由です。

本音の仕事を辞める理由は、やはり次の3つ

・給料や評価

・人間関係

・労働環境

 

今回の記事では、建て前的な嘘の理由のリスクと、本音の仕事を辞める理由のリスクにフォーカスし、

解説しています。

筆者は、30年の会社員経験と10年の社長経験から、解説しています。

 

 

スポンサーリンク

仕事を辞める理由|一身上の都合は嘘?建前?病気?

仕事 辞める 理由 一身上の都合

 

次の転職先も大体決まったし、会社から引き留められても困るし、会社規定の通りに、仕事を辞めるために、本音を言わずに、建前的な嘘の理由で退職する人がいます。

 

その理由は、仕事を円満に辞めるために考えた理由だし、ある意味仕方がない。

しかし、その理由には、リスクがあることを覚えておいたらいいです。

そのリスクを知っておかないと、後悔することになるかもしれない。

 

仕事を円満に辞めるための理由の言い方は、以下の通りです。

1)親の介護をしなくちゃならない

2)結婚

3)病気|心身・精神の状態

 

もしもその理由が本音ではないときに、起こり得るリスクはこうです。

1)同業他社への転職だった場合に、やめた会社にバレる可能性が高い

2)もし万が一、転職先でうまくいかない場合に、出戻りすることは、出来ない

3)何か会社に損失となることを残してやめた場合には、訴えられる可能性は高い

 

仕事を円満に辞めるための嘘の理由は、会社にとって「仕方がない」と思えるような理由です。

しかし、その後の状況が思わしくない場合に、もう一度戻って仕事につくことは、かなり難しいです。

仕事を辞める時に、出戻りをすることなんて、想像する人は、ほとんどいないと思います。

実際に転職先でうまくいかず、出戻る人は、意外に多いです。

筆者の体験的には、10%〜20%の人が、以前の職場に出戻っている。

 

 

スポンサーリンク

仕事を辞める理由は本音の理由

仕事 辞める 理由 一身上の都合

 

仕事を辞める理由|建前?厚生労働省の調査結果

仕事 辞める 理由 一身上の都合

(厚生労働省が平成29年に調査した「雇用動向調査結果の概要」から)

転職者が前職の仕事を辞める理由は、男女による異なる傾向が有ることが分かる。

仕事を辞める理由の男性のトップ3は

1)定年を含む期間の満了

2)給料が少ない

3)労働時間/休日等の条件

 

仕事を辞める理由の女性のトップ3は

1)定年を含む期間の満了

2)労働時間/休日等の条件

3)人間関係

男性の2位の「給料が少ない」は女性では4位、女性3位の人間関係は男性では5位です。

 

仕事を辞める理由|リクナビの退職理由の本音ランキング(2019)

民間大手の転職サイトのリクナビNEXTの調べでは、仕事を辞める本音の理由ランキングは

1位:上司/経営者の仕事の仕方が気に入らない(23%)

2位:労働時間/環境が不満だった(14%)

3位:同僚/先輩後輩と上手くいかない(13%)

4位:給料が低い(12%)

5位:仕事の内容が面白くなかった(9%)

 

仕事を辞める理由|マイナビ転職の辞めたい人のアンケートランキング

民間大手の転職サイトのマイナビの調べでは、仕事を辞める理由ランキングは、

1位:お金

2位:人間関係

3位:仕事内容

4位:労働時間

5位:社風

 

各媒体別によって、仕事を辞める理由が、微妙に違いがあることは面白い。

しかし、主な理由は似ています。

 

 

スポンサーリンク

仕事を辞める理由はなくならない

仕事 辞める 理由 一身上の都合

 

仕事を辞める本音の理由のリスクとは何か、というとこれらのそれぞれの理由を見ることでわかります。

給料・人間関係・労働条件に関するものが、共通して上位に並んでいます。

不思議に思わないだろうか。

それぞれの人間は別々の仕事をしていたのです。

別々の仕事を別々の職場でしていたはずです。

ところが転職する理由は、ほとんど同じと言うことです。

 

仕事を辞める理由|どの仕事にも辞める理由がある

どの仕事を選んでも、必ず何かの問題をはらんでいると言う事です。

前職を退職した理由が、改善されるとした時に、新しいストレスが生まれてくるということです。

それが次の仕事を辞める理由になるということ。

 

ですので、仕事仕事を辞める理由は、永遠になくならないということ。

仕事を辞める時には、次の会社では、今のストレスがなくなると考えています。

しかし、現実は、それが解決しても、次のしかも3つの理由が交互に入れ替わるだけなのかもしれない。

これが、リスクです。

仕事を辞める理由は、永遠になくなることはない。

 

仕事を辞める理由の伝え方を間違えないように|円満に退職する

仕事を辞めるときの理由の伝え方も重要です。

伝え方とは、伝える方法です。

基本的には、就業規則に記載されている方法に従って、書面(退職届)を使って、一般的には、1ヶ月以上前に届けることです。

企業が例外を認めるのは、よほどのことです。

 

また、仮に企業に対する不安不満に辞める理由があったとしても、基準に則って、申し出るのが円満に退職する方法です。

円満に退職できないと、次の就職によくない影響が出てしまうこともあります。

結果的に、嘘なる理由は、よくよく考えておかなければ、辻褄が合わなくなってしまいます。

体調不調・家庭の事情(介護)などの一見最もそうな理由も、証拠を出さなければならなくなったりします。

ご注意ください。

 

 

関連記事一覧

  1. 転職の成功と不安
  2. 転職理由は明確か?面接も転職も成功するのは理由次第
  3. 転職理由ランキング10|なんのために転職するの?
  4. 仕事を辞める理由は一身上の都合!本当に辞めるべきか?(当記事)
  5. 転職するか決断できない心理
  6. スキルアップを転職理由にすると採用されないかも
  7. 転職理由の本音は人間関係でもポジティブに言いかえる
  8. 転職理由でキャリアアップとは?面接で質問される理由
  9. 転職したいと言うだけで行動できない人へ|悩みすぎ?自信?
  10. 転職のきっかけは?理由となる参考事例
タイトルとURLをコピーしました