注目キーワード

ライザップの食事法でダイエット!サポートバー 通販も利用

「結果にコミットする」でおなじみのライザップ。

実際に、さまざまなタレントさんをはじめ多くの方が、ライザップダイエットをして細い身体を手に入れている映像や画像が紹介されています。

ライザップでは食事と運動の2つを両輪にしてダイエットをしていきますが、この記事では、ライザップ式のダイエットに効果的な食事法について紹介していきます。

 

この記事を読んでいただければ、ライザップ式の食事法を理解していただけます。

ダイエット中の食事で悩んでいる方はご一読ください。

 

 

ライザップダイエット食事法では糖質を避ける

ライザップ式食事法では糖質を避ける

 

ライザップで推奨されている食事は、「糖質を極力避けて、たんぱく質をしっかりと摂取すること」です。

 

糖質とは、身体では1番にエネルギーとして消費される重要な栄養素です。

しかし、過剰に摂取してしまうと、消費されなかった糖質は脂肪として蓄積してしまいます。

反対に、糖質を使い切り、なおエネルギーが不足しているときは脂肪が消費されます。

 

つまり、ライザップ式の食事法では、摂取する糖質の量を減らし、脂肪が燃焼されやすい環境を作っているのです。

ダイエット効果を高める効率的な方法といえます。

 

また、たんぱく質をしっかりと摂ることもライザップ式でダイエットをするミソです。

たんぱく質は筋肉などの細胞を作ったり維持したりするのに欠かせない成分です。

もしたんぱく質が不足すると、エネルギー消費量が多い筋肉が減ってしまって痩せにくい体質になってしまいます。

ライザップ式食事法ではそれを避けるために、糖質を制限しつつたんぱく質をしっかりと摂ることが推奨されています。

 

ライザップダイエットは3回食事ができる!サポートバーもいい

ダイエット中なのに3回食事ができるのがライザップ式!

 

ライザップ式食事法の特徴は、ダイエット中なのに規則正しく食事を3食食べられることです。

 

通常ダイエットといえば、朝食を抜いたり夕食の量を極端に控えたりするのが一般的といえます。

しかし、食べる量を減らして空腹を感じ過ぎると、反対に身体が脂肪を溜め込みやすい状態を作ってしまいます。

ライザップ式ではこのような状態を避けるために、毎日規則正しく3食食べられるのです。

 

また、ライザップ式で目新しいのは「間食をしてもよい」ところです。

ダイエット中はおやつは絶対に控えなければならない、と考えがち。

しかし、ライザップ式食事法では、適度な間食が許されます。

これも、空腹になり過ぎないことが目的。

 

ただし、3食の食事も間食も食べ過ぎは絶対にNG。

3回の食事では糖質を控えるルールを守り、間食ではチーズやナッツ、スルメイカなどの糖質が低いものを選んで食べましょう。

ライザップ式ダイエットにはしっかりとしたルールがありますので、これを守ることが必要です。

 

ただし、ライザップ式の食事法では食事の制限が許容しやすいので、つらい思いをせずにダイエットがしやすいといえます。

食事制限で苦労した経験がある方は、ライザップ式を参考にしてみてはいかがでしょうか。

ライザップのダイエットサポートバー通販

RIZAP ライザップ 5Diet ダイエット サポートバー 3味お試しセット[チョコ×ストロベリー×ホワイトチョコ]

 

 

ライザップ式ダイエットで食べてよい食材とは

ライザップ式ダイエットで食べてよい食材とは

 

ライザップ式の食事には食べてよい食材と控えなければならない食材があります。

例えば、鶏のささみや皮なしの胸肉、豚のヒレ肉などの、糖質をあまり含まない食材がOKとされています。

また、たんぱく質をしっかりと摂るために、魚介類や卵、納豆、豆腐などもOK。

 

一方で、ご飯やパン、麺類などは糖質が高いので控える必要があります。

また、脂質の多いお肉や揚げ物などはNGです。

ちなみに、野菜の摂取は無条件でOKと考えがちですが、トウモロコシやトマトなどの糖質が多い野菜はNG。

 

これらの点を注意することで、ライザップ式にダイエットが進められます。

 

 

まとめ

ライザップ式食事法はダイエットで効果を出すための有効な方法です。

 

ダイエットのスペシャリストが考えた方法ですので、食事制限で悩んでいる方は参考になると思います。

そして、「何としてでも痩せたい」そんな方は実践してみてください。

 

ライザップ ダイエット
最新情報をチェックしよう!