注目キーワード

旅行の餞別にはどんな封筒を使う?のしや表書きはどうしたらいいのか?

この記事でお伝えすることは、次の通りです。

〇旅行のお餞別は渡すべきなのか?

〇旅行のお餞別の相場

〇旅行のおv餞別に使う封筒の書き方

 

親しい友人や同僚、両親などが旅行をすると聞いて、餞別を贈ろうと思ったことがありませんか。

しかし、旅行のお餞別を渡すときはどんな封筒で、のしや表書きをどうしたらいいのか、さらに金額はいくら渡せばよいのか迷いますよね。

そこで、いざというときのために、旅行の餞別に使う封筒や表書き、金額の相場を知っておくと安心です。

 

こちらの記事では、「旅行餞別の贈り方」についてご理解いただけます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

旅行のお餞別は必ず必要とは限らない

旅行餞別1

旅行のお餞別は、必ず渡さなければいけないものではありません。

昔と違って、今では海外旅行であってもそれほど珍しいことではないため、お餞別は渡さない傾向にあります。

 

そのため、旅行のお餞別を贈るかどうかの判断は、相手との間柄や特別な旅行などによっても変わるのです。

例えば、以前自分が旅行へ行ったときにお餞別を頂いた場合、日ごろからお世話になっている、新婚旅行や退職旅行などの場合などです。

旅行のお餞別は、相手も自分も負担にならない程度に渡すのがポイントになります。

関連記事

この記事では、旅行プランを選ぶポイントについて挙げていきます。〇旅行プランの種類について〇旅行プランを選ぶ際のポイント〇旅行プランの比較について 旅行会社が企画する旅行プランには[…]

旅行プラン

 

旅行のお餞別の相場

旅行お餞別3

 

実際に、旅行のお餞別を渡す時にいくら包めばよいか迷いますよね。

そこで、お餞別の相場を確認してみてください。

 

一般的な相場は5000円~100000円程度

旅行のお餞別は一般的に、5,000円~10,000円が相場とされています。

お土産の足しにしてもらう、美味しいものを食べてもらえる程度の金額がおすすめです。

ただし、新婚旅行や留学などの特別な旅行は、もう少し多めに包んでもかまいません。

 

子どもの修学旅行や合宿場合はお小遣い程度で

子どもの修学旅行や合宿などにお餞別を渡す場合は、3000円~5,000円程度のお小遣いとして渡しましょう。

学校から旅行へ行く場合は、持って行けるお小遣いも決まっています。

高額なお餞別は子どもの両親も気を使われるため、旅先で使ってもらえる金額がおすすめです。

 

グループで渡すなら1人500円~3000円程度

会社や友達同士でお餞別を渡す場合は、一人500円~3,000円程度が一般的です。

渡したい金額を人数で割ってみてください。

また何人かでお餞別を贈る場合、うまく金額が割り切れないことがあります。

そんな時は10000円の現金と、残りは何か品物にする。

あるいは、現金をやめて品物でお餞別を贈るのも方法です。

 

旅行のお餞別で使う封筒の書き方

旅行餞別2

旅行のお餞別を渡すとき、何でもよいから封筒に入れればよいというわけではありません。

きちんとそれに合った封筒を選ぶようにしましょう。

 

水引が紅白ののし袋を選ぼう

旅行のお餞別でお金を渡す時は、水引が紅白ののし袋を選んでください。

のし袋が無い時は白の封筒でもかまいません。

 

また、水引には「蝶結び」と「結びきり」の2種類があります。

蝶結びを選ぶ場合は、何度あっても良いお祝い事の時ときです。

そのため、新婚旅行へ行く人に贈る場合は、二度繰り返さない結びきりを選びましょう。

その他の場合は蝶結びでかまいません。

 

おもて書きは「お餞別」もしくは「おはなむけ」

おもて書きには「お餞別」もしくは「おはなむけ」と記入します。

自分より目上の相手に対して個人の名前でお餞別を贈るのは失礼にあたるため、その場合は「おはなむけ」と記入します。

合同でお餞別を贈る、友達や同僚などに贈るときは「お餞別」と記入しましょう。

 

下段には名前を書こう

下段には贈る人の名前をやや小さめに記入します。

職場など、みんなでお餞別を贈る場合「〇〇部署一同」と記入すればOKです。

また、連名は3名まではそれぞれの名前を記入しますが、4名以上は代表者1名の名前をフルネームで中央に書き、その左側に「外一同」と書くようにします。

関連記事

この記事でお伝えすることは次の通りです。・クレジットカードの旅行保険が旅行で役立つ理由。・旅行保険の内容について。  旅行へ出かける時、クレジットカードの旅行保険がある[…]

クレジットカードの旅行保険

 

まとめ

旅行のお餞別は、相手に旅行を楽しんでもらうために贈るものです。

あまりにたくさんのお餞別を贈ると、受け取る側も気を使ってしまいます。

金額は相手の関係に応じても変わってきますが、お土産代や食事代に使ってもらえるように渡してみると良いでしょう。

渡す時は赤白の水引か、白封筒に入れて渡してくださいね。

 

旅行 餞別
最新情報をチェックしよう!