転職で失敗続きの人|失敗ばかりする人の理由

この記事でお伝えすることは以下の通りです

「なぜ転職失敗続きなのか」。

「転職失敗ばかりする人の理由は何?」

「一般的な転職が失敗する理由」

 

折角、色々と考えて選択したはずなのに、何故転職に失敗したのか。

どこで間違えたのか。

転職が失敗ばかりする人の理由について、解説しています。

 

転職で失敗続きの人

転職が失敗する理由:就職のための転職活動

 

転職で失敗が続いているって、何を基準にそう思いますか。

そもそも転職の失敗って、何故ですか?

何故失敗したと思いますか。

 

前職の会社の退職した理由と、同じ現象が起きていますか。

世の中に、何故こんなに求人情報が多いのか、考えてみたことはありますか。

 

 

あなたの思っていたとおりの会社や職場は存在しない

会社・職場は、それぞれ良いところと悪いところを必ず持っています。

あなたが思っている通りの会社は存在しません。

理想的な会社を求めて、転職を繰り返しても、うまく行きません。

そういう会社は存在しないからです。

 

 

問題やストレスのない会社や職場存在しない

会社は、大手でも中小企業や零細企業でも、必ず問題を持っています。

あなたのストレスの原因となる要素を必ず、持っています。

入社当初は良いと思えていても、問題やストレスの要因は、必ずあります。

 

あなたの好きなタイプの人だけで組織されている会社職場存在しない

会社は人が集まってできる組織です。

一つの部署に100人いても、2人しかいなくとも、人間の集まりである限り、関係性が生まれます。

好ましい関係性もあれば、そうではない場合もあります。

 

ただもしも何度転職しても、毎回自分1人だけに、除け者にされるなどのことが起きる場合は、残念ながら問題の原因は、自分の方にある場合が多いです。

 

ホワイトといわれる会社でも、ストレスで辞める人はいる

いわゆるホワイトと言われる残業はないし、休日もしっかり取れる、また給料も悪くない。

そんな会社も、その中には、少ないながらも存在します。

 

しかし、そんな会社でも、退職する人はいます。

何かの原因によるストレスが生まれるのです。

 

隣の芝生(会社・職場)は良く見える

となりから見ている芝生は、実際に青く見えます。

それは少し離れて斜めから見ているので、草が重なって見えて、青々としているように見える錯覚です。

 

しかし、近づいて目の前で真っ直ぐに見ると意外にも、芝生のはえ具合がまばらでスカスカで、枯れている部分さえあることに気づきます。

現実社会の会社や職場も同じことがあります。

 

外から見ている段階や、人から聞いた話では、スカスカで、枯れている部分は見えません。

それは、入社して、時間が経つと気づきます。

 

会社は欠点だらけです。

外から見て、あるいは何かの雑誌に取り上げられたり、テレビに出るような会社でも、皆何かしらの問題や欠点を持っています。

必ず、持っています。

求人情報がなくならないのは、世間からどれだけ、いい会社だと思われていても、嫌になって辞める人はいます。

結局は、どのように受け入れられるかです。

 

 

 

転職で失敗ばかりする人の理由

転職が失敗する理由:就職のための転職活動

 

筆者のいる不動産業界では、この理由の人が多い。

たしかに、保険業界と不動産業界の平均年収は、高めです。

収入が多いということは、苦労も多いということです。

 

世の中の仕事には、法則があります。

楽な仕事は給料が安いし、給料の高い仕事はそれなりにきつい。

冷静に考えて見えれば、分かることだったはずです。

 

入社前に、「楽な仕事だよ」とは言われていないはずです。

収入が高い仕事は、大変なことも多いという、当たり前のこと、失敗しないためには気づくべきでした。

聞いてみるべきでした。

 

給料の高い人は、休日返上し、残業もしています。

お客さんに全て合わせて、仕事をしています。

その結果、売上は、他の人の 2倍になる。

そうなれば、給料もやはり 2倍になるのが、道理というものです。

 

一般的な仕事では、そうはならないと思います。

しかし、保険と不動産については、2倍3倍は、あり得ます。

倍数が増えると、仕事のきつさもその倍数になります。

 

 

一般的に転職失敗したとされる理由

 

最後に、転職が失敗したとされる理由の典型パターンを紹介しておく。

たくさんあるが、代表的なのは、次の3つです。

  1. キャリアップの転職といって入社したが、仕事を任せられても、覚えていないので、できない
  2. 自分にはできると自己過信をしていた
  3. ついつい目先だけを見てしまい、自分が得意なことではなく、ただの好き嫌いで選んでしまった

では、解説します。

 

転職が失敗する理由|キャリアアップの転職だったはずなのに仕事を覚えていない

 

もしかすると、以前の職場でなにかがあり、その場から逃れるための転職だったのではないですか。

 

だから、転職先の仕事について、失敗しないために、今度こそときちんと調べなかったのではないですか。

本当にキャリアアップが転職の理由であったのでしたら、キャリアアップする分、仕事は以前より、厳しくなる事は、理解出来るはずです。

キャリアアップのための転職ではなかったようですね。本当の前職を辞める理由は、別にあったのかもしれませんね。

 

もし、嫌が事があって、逃げる転職だったのであれば、逃げる転職はクセになります。

そのうち、ジョブホッパーの仲間入りをしてしまいますよ。

逃げグセです。転職で失敗しないためには、逃げ癖は良くないです。

 

 

転職が失敗する理由|もしかして自分は出来る、と思い込んでましたか

転職の失敗 (1)

 

本来は、ある程度、自分に自信を持つことは、良いことです。

しかし、過信はよくありません。

事実以上に、自己評価を過大にしまうと、転職先で失敗します。時々、この理由の方がいます。

ここは、難しいです。謙虚すぎることも、良くないです。

 

ある程度、自分を客観的に見ておけないと失敗することがあります。

転職先の周りの人間達もそう思うかも知れません。

 

自分に非があることでも、それを認められず、理解出来ていないかも知れません。

自分に対しての、大きすぎる自己評価が、例えば転職先で身に余るポストとなり、その仕事をこなすことが出来なかったのではないですか。

それが失敗に繋がったのかも知れません。

 

 

 

転職が失敗する理由|目先だけではなく、その先のことも考えましたか

転職の失敗

 

取りあえず現状を変えたいとか、給料が高いからとか、目先のことだけを理由にして、転職を決めてしまったのではないですか。

 

目先だけしか見えていないと、転職したあとに、こんなはずでは無かった、と思われたのではないですか。

上記の理由が、複合的に関係しているのかも知れません。

もう少し、中期長期の事を考えるべきでした。

 

もっと自分のことを、客観的に見て、何が得意なのか苦手なのか、などと考えるべきだった。

それを活かせるのは、どの仕事なのかを0ベースで考えるべきだった。

ついつい、好きとか嫌いとか、感覚的に考えていたかもしれないです。