注目キーワード

【転職面接の失敗談】体験・電車時間を間違え走って時間には間に合ったが

タイトルと合わせて4件の転職面談の失敗体験談を紹介しします。

いずれも想定外のことで、胸はドキドキ、頭が真っ白という、経験談です。

 

誰にでも起きてしまいそうな体験談です。

ドキドキして、頭が真っ白では、面接官の質問にうまく答える事はできなくなります。

やはり、転職面接は一生に何度もない大事な場面です。

 

慎重に用心して準備して面接に向かう。

これしかありません。

 

では、体験談の話を聞いていきましょう。

 

 

 

 

電車時間を調べてなかったために、時間ギリギリ到着し、落ち着く間も無く、面接開始

遅刻寸前 走る
遅刻寸前 走る

 

転職面接の際に、面接会場の場所や所要時間を調べていく方が

ほとんどだと思います。

 

私も、前日の朝にアプリの地図情報を使って家から面接会場に

行くまでかかる所要時間を調べていました。

 

採用が決まった場合は、面接会場が勤務場所となるため、通勤時間を

兼ねて調べようと出勤時間帯の所要時間で調査してしましました。

調べた時間は平日の朝で面接は平日の昼でした。

 

 

昼の電車の本数が少ないため、実際にかかった時間は、調べておいた

所要時間より、15分ほど多くかかってしまいました。

15分ほど余裕をもって家を出たので、面接予定時刻ちょうどに到着する

はずだったのですが、予定よりも遅れたことで焦りを感じてしまい、

駅から面接会場まで走ってしまいました

 

面接時刻より少し早く到着したのですが、採用担当の方の準備が

できていてすぐに面接が始まってしまいました。

 

駅から面接会場まで焦って走っていたこともあり、自己紹介や

自己PRで話そうと用意してきた内容が、頭から離れてしまって

面接で上手く話すことができませんでした。

関連記事

転職失敗の事例で最も多いのが、面接の場面かもしれません。この記事では、実際の体験談を紹介しています。 最初の1人目が、自分では無意識のうちに、NGワードを発していた事例。2人目は、注意力を観察されて[…]

転職 面接 失敗

 

 

 

まさかのパンストに電線

パンストに電線

 

転職活動で一番気を使うことは、服装です。

新卒の時や若い頃は、リクルートスーツで良かったのですが、大人に

なってから、若い頃のリクルートスーツを着ると、ちぐはぐになってしまう。

 

だからといって、スーツなんて、着る機会ないし、買うのももったいない、

とケチって臨んだ面接。

 

一応、紺色のスカートに白のブラウス、カーディガンという出で立ちで

臨みました。

もちろん、靴は黒のパンプス、カバンも黒。

なのに、まさかの失敗。

 

方向音痴のため、面接時間ギリギリでつき、さらに悲劇が。

パッと自分の足元を見たら、なんと、パンストに電線が入っていました。

 

替えのパンストも持ってきてないし、コンビニに走る時間もない。

素足になるか、電線の入ったままのパンストで挑むかの二つに一つ。

結局、ベージュのパンストだったので、目立たない、ばれないことを

祈って、そのまま面接に挑みました。

でも、面接官の視線が足元を見ている気がして、面接どころではなく、

その日の面接は散々でした。

関連記事

面接に向かう応募者は、みな真剣です。しかし、相手(面接官)も実は真剣です。ですから、書類の間違いや言葉のごまかしは、バレバレです。 分からないことは、分からないというべきですね。1話目は、履[…]

面接 失敗

 

事故渋滞で20分延着。事前連絡をしたがアウト

事故渋滞
事故渋滞

 

最終面接のため、宮城から埼玉へ車で向かった時の話です。

採用についての最終確認のための面接でした。

 

途中の不測の事態も考え、1時間の余裕を見て埼玉へ向かいました。

東北自動車道は順調な走行で、無事久喜インターチェンジへ到着しました。

 

この時、まだ1時間の余裕は残ったままでした。

ここから、下道で川越へ向かったのですが、悲劇はこの後起こります。

 

何と国道は流れが少々遅め、そして残り10キロメートルの地点で

完全に渋滞。

原因は車同士の事故で、上下線ともに塞がっていたのです。

時間はどんどん過ぎて行きます。

 

時間的余裕が30分を切ったところで、面接時間に間に合わないことは

分かったので、急いで電話連絡。

 

事情を話し、理解を得ていました。

その後、事故処理も終わり渋滞も解消。

急いで車を走らせ、20分延着してしまいました。

そこで、面接担当者から、今日の面接はアウトとの連絡。

 

不採用です。

最悪の結末です。

公共交通機関を使わなかったのが悪かったのか。

それ以後、遠距離の大切な用件があるときは、公共交通機関を

利用しています。

関連記事

転職面接で失敗実例の多い【服装】についての失敗体験です。今回の記事では、2つケースを紹介していますが、真逆のパターンです。 応募した会社の業界をよく考えることは大事です。「自分だけ、、、えーっ」とな[…]

面接失敗 服装

 

 

転職面接に予定より早く着いたら、すぐに面接が始まり、頭の中真っ白

 

かなり前の転職面接での失敗談です。

採用人数が1人でその日の面接を行う人は私1人のようでした。

事前に時間を指定されてこの時間から面接を行いますので

遅れずに来てくださいと言われました。

 

当日私は20分前ぐらいに到着して、受付の方にその旨を伝えると、

ある部屋のドアの前まで案内されてこちらでお待ちください

と言われました。

 

 

早く到着したこともあり、時間まで待合室で待つのだろうと思い、

ドアの隣で立って待っていました。

すると1、2分ぐらいでどうぞと言われたのでドアを開けて

部屋のなかに入りました。

 

すると3人の大人が座っていました。

事前に準備していたものが全てとび、頭の中が真っ白になりました。

言葉も出ず、ようやくよろしくお願いしますと絞り出しましたが、

どうぞと言われる前に座ってしまいました。

 

なんだこいつは、という表情に座った瞬間に気づきましたが、

時すでに遅し。

当たり障りのない質問をされて、あっという間に面接が終わりました。

程なくして不合格の書面が届きました。

電車の時間間違えた
最新情報をチェックしよう!