転職

面接で失敗した経験実例|話し方・態度・髪型・予想外の質問

面接 失敗した経験例転職
この記事は約21分で読めます。

転職面接に向かう時、事前に調べてたはずなのに、想定外のことが起きるものです。

面接会場についてから、「エッ?!」と思うような実例もあります。

その結果、面接に失敗した経験実例となってしまったこと、ありませんか?

 

今回記事では、実際に面接に失敗した経験実例を、読者から集めて紹介しています。

人は、失敗した経験から学ぶことがあります。

本来は、自分の失敗した経験から学ぶのですが、

面接に失敗した経験実例を増やしていくのでは、身も心も持ちません。

 

他人の失敗した経験実例からでも、気付きや学びを得られると思います。

あなたが面接に失敗しないためには、この記事に書かれている実例を「しない注意をする」ことです。

 

自分が面接に失敗しないためには、

「どうすれば、失敗するのか」を、

他人の失敗した経験実例から、学び、同じことをしないことです。

 

失敗した経験実例・失敗談事例から、あなたは何を学びますか?

 

 

  1. 面接で失敗した経験実例|注意したことが裏目に出た?!失敗談
  2. 面接で失敗した経験実例|転職面接の途中で受かるはずがないと思い態度に出てしまった
  3. 面接に失敗した経験実例|転職面接現場の面接官の顔を見て笑ってしまった
    1. 面接に失敗した経験実例|極度の緊張のせいか理由もなく笑いが
    2. 面接に失敗した経験実例|その後落ち込んだ
  4. 面接に失敗した経験実例|問い詰められて答えられなかった
    1. 事前にこたえの準備はしていた・・・つもりだった
    2. 予想外の質問に固まってしまった
  5. 面接で失敗した経験実例|髪型自由とあったので、そのままで面接に行ってしまった
  6. 面接で失敗した経験実例|前日の失恋で傷心のまま受けた転職面接
  7. 面接で失敗した経験実例|聞かれると思ってない質問をされてしまい・・・
  8. 面接で失敗した経験実例|営業の集団面接でやらかしました
  9. 面接に失敗した経験実例|その日、内定を1つ取ったことで、2つ目の面接をないがしろにしてしまった。
  10. 面接に失敗した経験実例|転職面接における私の失敗談
    1. 自分がやりたいことが、会社の募集内容と違った
    2. 自分でもよくわかっていないことを説明した
  11. 面接に失敗した経験実例|面接のNGワードは危険なので言ってはいけない!
    1. NGワードを理解していなかった
    2. やりたい仕事ができない
  12. 面接に失敗した経験実例|面接のNGワード|前会社の不満を述べてしまい不採用
    1. 現職についての不満・否定的なことを言ってしまった
  13. 面接に失敗した経験実例|業界にあう服装を把握しておらず失敗した
    1. 面接で失敗した経験|面接に行くと
    2. 面接で失敗した経験|周りはみな私服
  14. 面接で失敗した経験実例|転職面接で服装を間違えた
    1. 面接で失敗した経験実例|転職活動開始
    2. 面接で失敗した経験例|いざ面接へ
    3. 周りはスーツではないがビシッと、自分は・・・
  15. まとめ

面接で失敗した経験実例|注意したことが裏目に出た?!失敗談

面接に失敗した経験

 

転職面接を受けるとき、事前に注意していたことが、裏目に出た実例です。

実際に、面接に失敗した経験実例です。

 

転職の面接時に、私が注意したことは「はっきりと、ゆっくり、丁寧に話す」ことでした。

 

というのも、私は元来話すスピードが速く、

模擬面接をしていただいた時にも、

「頭の回転が速いのか、話の展開が早すぎるのでは」と注意された経験があるからです。

 

質問に対する受け答えの内容は、

特に問題ないとアドバイスを受けていました。

そこで、私は自分が思っているよりもはっきりと、

落ち着いて話すことを

心がけ練習をして本番に臨みました。

 

結果からいうと、転職には成功しました。

しかし、面接時に

「あなたはおっとりしているけど、仕事は出来るの?」と聞かれしまいました。

(本当は、おっとりなんてしていないのに。そんな性格じゃないのに・・・)

 

採用後も「おっとり系で大丈夫かなと思った」といった感想を教えてもらいました。

私が面接に失敗した経験実例です。

 

面接以外にも作文やテストがありましたし、

経歴や履歴書などで、

その業務を志した熱意が

伝わったため、幸い面接は合格は出来ていました。

 

しかし、本来の自分ではない人間性で、合格したのです。

つまり、面接自体は失敗だった実例のようです。

 

原因は、転職先で求められていたキャラクターとの相違です。

転職先は業務量が多いため、とにかくスピーディーに判断できる人、理解力があり、

即行動に移せる人が求められていたのです。

 

私は、求められている人物像から逆算して、

本来の自分スタイルを考える必要があったのです。

 

今は、一旦ついてしまった

「おっとりとした性格」のレッテルを、

変えるのに苦労しています。

 

面接に失敗した経験実例です。

 

 

 

面接で失敗した経験実例|転職面接の途中で受かるはずがないと思い態度に出てしまった

面接 失敗した経験 例

 

私の面接に失敗した経験実例を紹介します。

 

ある病院事務員の転職面接試験を受けた際、

試験の一番最初に自由に

絵を書く試験がありました。

 

絵を書く条件として、

必ず描かなければならない事項が白い紙の上に

書かれていました。

私は、絵を書くことが非常に苦手なため、

指定されている人間の絵すら上手に

描くことができませんでした。

 

絵を描いているときは面接官は不在で、

30分後面接官が面接部屋に

入ってきました。

 

「描けましたか?」と質問され、

私が描いた絵は幼稚園児が描いたような絵で、

見せるのが非常に恥ずかしかったため、

ついだらしのない言葉で、

「私、絵がとても下手なんですけどいいですか~」

とヘラヘラしながら、

面接官の質問に答えてしまいました。

思い出しても、嫌な経験実例です。

 

この失敗した経験のあとに、

志望動機を応える試験があり、

先ほどヘラヘラしながら

応えてしまった後悔を引きずってしまい、

どうせ受からないからと思い、

事前に準備していたちゃんとした志望動機が言えず、

「志望動機は、自宅から近いから」

というバイトの面接の様な返答をしてしまいました。

今思えば、最低の答え方の実例です。

 

すべての試験が終了し、

私は今まで受けてきた面接の中でもっとも後悔し、

何であんな態度をとってしまったんだろう、

本当に失礼なことをしてしまったと反省しました。

私の面接に失敗した経験実例です。

 

 

 

面接に失敗した経験実例|転職面接現場の面接官の顔を見て笑ってしまった

面接に失敗した経験実例

 

私は、面接時に面接官の顔を見て、

なぜだかわからないけど、笑ってしまった経験実例があります。

 

面接の前までは、ものすごく緊張していて、手や足がガタガタと震えていました。

なのに、面接が始まって挨拶と自己紹介をした後に、面接官と顔を合わせるとプスと笑ってしまいました。

最悪の経験実例です。

 

面接に失敗した経験実例|極度の緊張のせいか理由もなく笑いが

面接官の顔が、おもしろかったわけではないんです。

緊張しないで、上手く面接を乗り切るつもりで望んだのが災いしてか、生理的に笑ってしまったんです。

 

面接官は二人いて、一人は「何だこいつは?」みたいな顔をしていました。

当然ですよね。

もう一人の面接官は、面接の最初からいきなり笑いだして、コイツ面白いやつだなと好意的な感じになっていました。

 

 

面接に失敗した経験実例|その後落ち込んだ

その後の面接は、最後まで自分の力を出し切って乗り切りました。

自分的には大事な面接の最初からいきなり笑ってしまって、自分は何をやっているんだと落ち込みました。

 

その後の面接の結果は、もちろん落ちてしまいました。

人間緊張しすぎると逆に笑ってしまうんだなと、自分なりに納得してしまいました。

変な経験実例です。

でも失敗です。

 

 

 

面接に失敗した経験実例|問い詰められて答えられなかった

面接に失敗した経験実例

 

転職をしようと思って、初めて受けた会社で、会社のお偉いさんが3人ほど座っていました。

そして、面接を受ける人は私一人で、3対1での面接でした。

それが私の面接に失敗した経験実例になってしまいました。

 

事前にこたえの準備はしていた・・・つもりだった

面接行く前に、おおよその聞かれそうなことを考えて、面接に望めば、ある程度緊張しても答えられるかなと思っていました。

 

面接の時によく聞かれると思っていたことは、志望動機についてです。

どうしてこの会社に入社したいと思ったのかについてです。

その事に関しては、しっかりと意見を持って望んだはずでした。

 

しかし、私の考えは、浅かったのです。

失敗した経験実例に、なってしまいました。

 

予想外の質問に固まってしまった

志望動機の内容に関して、こと細かく聞かれたことで、深く考えてなかった私は、答えることが出来ず、固まってしまいました。

 

質問の内容は、入社してどんなことをしたいのか。

そして、違う会社でもそのようなことは出来るかもしれないのに、なぜうちの会社じゃないといけないかなどです。

全くうまく答えることが出来なかった、悪い経験実例です。

 

会社のこともしっかりと調べていなかったこともあり、納得いく面接にならなかったことをとても後悔しました。

ただ何を言おうかを覚えるだけでなく、入社してからのイメージもつけておくことが大切だと思います。

私の準備は、浅かったのです。

失敗しました。

これが私の失敗した経験実例です。

 

 

 

面接で失敗した経験実例|髪型自由とあったので、そのままで面接に行ってしまった

面接に失敗した経験

 

私は今までに、スーパーマーケットで勤めていた経験がありました。

なので、転職の際にその経験を活かしたいと思い、某スーパーマーケットの面接を受けることにしました。

その時の面接の失敗した経験実例を紹介します。

 

その会社を受けたいと思ったメリットの1つが「髪型自由」という点で、髪型に

厳しいスーパー業界には珍しいなと感じていました。

 

しかし、いざ面接に行ってみると、他の面接者の方々は皆短髪で誰がどう見ても

衛生面を気にしたものだったのです。

このときに、失敗した経験として感じ取ってしまいました。

 

その方々に対して私は多少長い髪のままでしたので、面接官からはその時点で

比べられてしまい、好印象を持ってもらうことは出来ませんでした。

もしかすると、私の思い込みなのかもしれませんが、他の方を見て、

失敗したと思ってしまったのです。

 

いくらその企業に対して、前向きで働きたい気持ちがしっかりと伝わったとしても、

身だしなみで良い印象を与えられないというのはどれだけ不利になってしまうのか

ということを思い知らされました。

 

どうしてもここで働かせてもらいたいという気持ちがあるのならば、

いくら髪型自由と知らされていたとしても、他の方と比較されるのだということを

考えて準備しておけばよかった、と思います。

私の面接に失敗した経験実例です。

 

 

 

面接で失敗した経験実例|前日の失恋で傷心のまま受けた転職面接

面接に失敗した経験実例

 

当時私は客室乗務員(CA)として働いており、同業他社への転職を目指していました。

 

希望の会社の応募が始まったのと同じ頃に出会った人とお付き合いが始まりました。

書類審査が無事通り、付き合って2ヶ月頃に一次面接がありました。

その時の面接の失敗した経験を紹介します。

 

しかし面接の前日に些細なことでケンカをしてしまい、そのままお別れすることに。

結婚も考えていた年頃だったので、かなりショックでしたが、とにかく面接に行くことに。

 

 

CAの面接は最寄りの駅に着いた時から面接が始まっていると言われる程、立ち居振る舞いや

笑顔はどこから見られていてもいいように完璧でないといけません。

 

もちろん会社説明会や英語、SPIの試験中もです。

しかし前日に失恋した私は心ここにあらず。

笑顔ではいようと努力していましたが、きっと引きつっていたでしょう。

 

そして面接では、自分の用意していた問答にさえも、しどろもどろになってしまい、

結果はもちろん不合格。

自分の心の弱さを知る結果となりました。

面接に失敗した経験です。

 

しかしそこから1年後、再度挑戦したその会社で今は働いています。

自分と向き合うこと、強さを持つことを思い知った不合格に今は感謝です。

以上が、私の面接にした経験実例です。

 

 

面接で失敗した経験実例|聞かれると思ってない質問をされてしまい・・・

面接に失敗した経験実例

 

もう20年ほど前の事ですが、派遣社員で工場の検査の仕事をしていまして、

もっと給料のいい派遣先は無いかと、求人誌を見ていたら良い求人が有り、

早速面接の電話を入れました。

その時の面接の失敗した経験を紹介します。

 

面接はハローワークで行われました。服装も履歴書もばっちりだと、

バスに乗ってハローワークに行きました。

面接に来ている方は普段着のままで来ている方がほとんどで、

私はスーツではないのですが、

きちんとした服装で、シャツに緑色のパンツを合わせて行きました。

 

面接は女性の方で、とても話しやすかった事は覚えています。

不採用になった理由として思い当たるのは、

現在の仕事内容を説明する場面でした。

聞かれると思っていなくて、答えを用意していませんでした。

当然、上手に説明出来ていなかった事だと思います。

 

それともう一つ、働き始める日付が、1ヵ月後にしていた事が、

うまくいかなかった原因ではないかと思っています。

 

今の工場を辞めるのは1ヶ月前から伝えておかないといけないので、

1ヵ月後にしたのですが、採用する方は、早目に来て欲しかったのではないかと思います。

そのあたりが不採用になった

原因だと思いました。

もしかすると、私の思い違いかもしれませんが。

面接に失敗した経験実例です。

 

 

面接で失敗した経験実例|営業の集団面接でやらかしました

面接に失敗した経験実例

 

大手転職サイトを通じて書類選考が通り、面接に招待されました。

誰よりも早く到着して、私はやる気に満ち溢れていました。

しかし、やってしまいました。

私の面接に失敗した経験実例です。

 

後から、5人ほど同じぐらいの年代の人達が来て会場に入りました。

6人の集団面接です!

私は1番最初に到着したので、1番左の席に座らされました。

これが悲劇の経験実例の始まりになりました。

 

面接官が

「これから面接を行います。左の席の方から答えてください。まずは自己PRをお願いします。」

と言われ、私は考えていたので、それはそつなくこなしました。

次の質問が

「貴方は草食系男子ですか?肉食系男子ですか?」

と問われました。

 

とっさに出された質問が想定外だった為、

営業としてユーモアがある回答をした方がいいと思った私は

「ロールキャベツ男子(見た目は草食で中身は肉食)です」と答えました。

失敗でした。

だめな実例です。

 

面接官は

「2択のうちから選んで答えなさい!君はなにチンプンカンプンな事を言ってるんだ!」

と注意されました。

最悪です。

余計なことをしてしまった、私の面接に失敗した経験実例です。

 

頭を捻って出した回答が逆効果となり、大恥をかきました。

その後、なんとなく面接は終わり、家に帰ると不採用の通知メールが来ていました。

この件から、1番最初に会場へ着くこと(1番最初に面接の回答をすることもある)は、不利な事もあるんだなと思いました。

 

それと、記憶に残りたい、他の人より目立ちたいと考えたことが

マイナスの方向へ行ってしまったことが失敗でした。

以上、私の面接に失敗した経験実例です。

 

 

面接に失敗した経験実例|その日、内定を1つ取ったことで、2つ目の面接をないがしろにしてしまった。

面接に失敗した経験実例

 

私の面接に失敗した経験実例を紹介します。

転職面接とは人生のターニングポイント。

しかし、人は嬉しさを隠せないものだと思いました。

 

その日は2つの会社で最終面接。

1つ目の最終面接では、あれよあれよと物事が進み、あまり話をしていないのに内定が決まってしまった。

おそらく、私の経歴で決めていたのだろう。

しかも条件はかなり良い。

これはこの会社にいくしかない!と思いました。

 

そんな状況の中、2つ目の会社の最終面接。

もう心の中では、「どうでもいいなー」と思ってしまった。

面接の中で、「あなたは普段面接の対応もするみたいですね。逆の立場でやりにくくないですか」と質問された。

 

相手は笑顔だったので、私の緊張を解いてくれようとこの雑談に近い質問をしてくれたのだと思う。

しかし、浮かれていた私は「いえ、別に」とぶっきらぼうな返事をしてしまいました。

それだけではなく、2つ目の面接まで時間があったのにも関わらず、HPを見るなどの基礎情報確認も怠っていました。

 

会社の理念などを質問されても答えることができなかった。

もちろん落ちました。

いくら嬉しい事があったからといって、チャンスを一つ潰してしまって後悔しました。

後悔しても仕方のない、失敗した経験の実例です。

 

 

面接に失敗した経験実例|転職面接における私の失敗談

面接に失敗した経験実例

 

私は今までで2回の転職を経験しています。

面接に失敗した経験実例と思えるものを紹介します。

 

その中でも「これは明らかに失敗だった…」という経験が何度かありました。

パターンは以下の2つでした。

自分がやりたいことが、会社の募集内容と違った

私は、製品開発・設計の仕事をしたいと思って、転職活動を行っていましたが、具体的な業務内容は会社によって異なります。

会社がやってほしい業務内容と、あなたのやりたいことは違う、という理由で不合格になったことがありました。

これから転職される方は、求人内容をきちんと確認してから応募していただきたいと思います。

 

自分でもよくわかっていないことを説明した

「自社の製品のすごいところはどの部分ですか?」という質問を受けた際に、私は何も考えずに自社製品のアピールポイントを話しました。

ただ、「なぜすごいのか」等、きちんとした仕組みの部分を理解していなかったため、しどろもどろになってしまいました…

 

結果、話が噛み合わないという理由で、不合格になってしまいました。

自分が理解していないことは、人には説明できません。

きちんと人に説明できるテーマを選んで話をするべきでした。

とても行きたい会社だったので、後悔しています。

失敗した経験実例です。

 

 

面接に失敗した経験実例|面接のNGワードは危険なので言ってはいけない!

面接 NGワード なので

 

私が転職面接を受ける際に、

1次面接の時点で落とされるケースが、多々ありました。

面接の場合、いくつかNGワードというものがあります。

私の面接に失敗した経験実例です。

 

NGワードを理解していなかった

自分は、NGワードを理解してないままに、

面接を受けていたのだと知り、後になって後悔しまった経験実例です。

 

1次面接の際に、一番気をつけなければいけないことは、

「なぜ転職しようと思ったかという転職理由」を説明することです。

 

非常にナイーブな質問であり、

この回答次第でNGワードを口にすると、

面接に落とされるというケースも多いとのことです。

 

やりたい仕事ができない

私は、当時この質問をされた際に、

「やりたい仕事ができない」という風な説明をしていました。

 

これは非常にまずい言い方であり、この言い方・NGワードで

面接に通ることはまずありません。

 

というのも、こういう回答をすれば相手は、

「では会社に入ったとして、

いやな仕事が回されたときは、またやめてしまうのか」と思われてしまいます。

 

どんな会社に入ったとしても、

やりたくない仕事は回ってくると覚悟したほうがよいのです。

 

なので、もっとストレートな理由、

たとえば「パワハラを受けている」、

「家族の病気の関係で」といった、

相手をなっとくさせられる理由を、

あらかじめ考えておかないといけません。

以上が、私の面接に失敗した経験実例です。

 

 

面接に失敗した経験実例|面接のNGワード|前会社の不満を述べてしまい不採用

面接 NGワード なので

 

自動車部品の製造会社で勤務していましたが、

食品加工会社への転職を考えていました。

 

理由は給料面と、

残業の多さの関係が大きなウェイトを占めていました。

 

以下は、私の面接に失敗した経験実例です

 

 

現職についての不満・否定的なことを言ってしまった

面接の際には、職歴に関することも尋ねられ、

どうして転職を考えているのかという理由にも触れられました。

 

給料面や残業の多さなど、

今の会社が合わないような感じで、答えてしまいました。

 

すると面接官の表情が曇ったように感じられ、

その後は何事もないように、面接が進みましたが、結果は不採用でした。

 

不採用の理由を自分なりに考えてみると、

現職に対する不満を述べてしまったことにあると思います。

 

もちろん、転職先の会社に対する魅力も述べ、

自分の意気込みも伝えたのですが、

現職が合わないという理由がマイナスに働いたことは間違いありません。

 

転職は、自分のスキルアップを目的に

転職するという姿勢で臨むべきでしたし、

現職への感謝の念を示さなければいけませんでした。

 

今の仕事から立ち去るという考え方ではなく、

今の仕事も良いがより自分を向上させる意識を持たなければいけませんでした。

以上が、私の面接に失敗した経験実例です。

 

 

面接に失敗した経験実例|業界にあう服装を把握しておらず失敗した

面接 失敗したこと 例

 

前職は、医療事務ということでスーツで、

仕事をしていました。

 

また、頭髪にも大変厳しく、

黒髪で短髪でなければいけないということで、

常に身だしなみを整えていました。

 

そこから、

転職で今度はアパレルの仕事に就こうと決めて、活動しました。

以下は、私の面接に失敗した経験実例です。

 

面接で失敗した経験|面接に行くと

当然面接がありましたが、

学生時代から服装や頭髪は注意していて、

完璧に整えていったのですが、それが大きなミスでした。

 

入室してまず言われたのが、

「なぜスーツなのですか」と言われました。

 

案内には、「私服でも可」と記載がありましたが、

社会人なら普通は、

スーツで決めていくのが常識だと思っていたので驚きました。

 

面接で失敗した経験|周りはみな私服

確かに、

当日面接を控えた周りの受験者は、

私服どころか、頭髪も派手な人が多く、自分だけが浮いていたようでした。

 

そして、面接官に厳しく言われたのが、

「華がある仕事なのに、見た目が地味ではいけない」

と言われテンパってしまいました。

 

結局上手く話せず、面接も不合格になってしまいました。

このように、業界によって身だしなみの整え方は、

違うので経験した方にアドバイスをもらうようにするとよいです。

面接に失敗した経験実例でした。

 

 

面接で失敗した経験実例|転職面接で服装を間違えた

面接 失敗したこと 例

 

私は、社会人1年目に転職活動をしました。

3年は勤めるべきだと、家族は言っていました。

 

しかし、

そこで働き続けたら確実に精神が病んでくと思い、決断しました。

そして、転職活動を始めたのですが、

そのなかから、私の面接に失敗した経験実例を紹介します。

 

面接で失敗した経験実例|転職活動開始

私は専門職で勤めていましたので、

職種は変えずに転職活動をし始めました。

 

求人で良さそうとは思っても、

1年しか経験のない人間を果たして雇ってくれるだろうかと不安になる日々。

 

「経験者」と自信を持って言えないくらいなら、

3年間我慢した方が良かったのだろうかと何度も考えました。

 

しかし、自分の決断を信じて日々求人を探しました。

そんな中で見つけた一つの会社。

 

面接で失敗した経験例|いざ面接へ

他にも候補はありましたが、

ここに入りたい!と強く思うことが出来ました。

 

面接の日取りが決まり、

最後に言われたのが「服装は自由です。

スーツ以外の私服で来て下さいね。」とのこと。

 

アットホームな会社なんだ!と何も深く考えなかった私。

 

 

周りはスーツではないがビシッと、自分は・・・

面接当日、

ガッツリ普段着で行ったところ、

他の面接者は、無地のシャツにタイトスカート、脚元はパンプス‥。

 

その場で帰りたい気持ちでいっぱいでしたが、無事面接は終了。

服装には触れられませんでしたが、

とても恥ずかしい思いをした転職活動でした。

私の面接に失敗した経験実例です。

 

ちなみに、奇跡的に受かりましたが、皆さんもお気をつけ下さい。

 

 

まとめ

今回記事では、面接に失敗した経験実例を、実際の体験談から、まとめました。

 

それぞれの方の失敗談を読んでいくと、失敗の原因は本当に様々です。

中には、ご自分で失敗の原因だと思っているが、じつは違うのではないかと思える事例もあります。

業種や職種によって、注意すべきポイントが違いますので、参考になる部分とならない部分があると思います。

 

笑ってしまいそうな事例もありますが、なにかヒントを掴んでいたければ、幸いです。

 

タイトルとURLをコピーしました