コーヒーの器具

シロカのコーヒーメーカーのおすすめ|コレがいいです

シロカ コーヒーメーカーコーヒーの器具
スポンサーリンク

シロカは2000年に創業した、いわゆる白物家電の中小メーカーです。今回取り上げているコーヒーメーカーもそれらの中の一品です。

深掘りし、紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シロカのコーヒーメーカーのおすすめと使い方

家電メーカーシロカのコーヒーメーカーは現在3機種が販売されています。

新ブレード搭載の全自動コーヒーメーカーSC-A211と全自動コーヒーメーカー カフェばこSC-A351、そしてコーン式の全自動コーヒーメーカーSC-C121です。

 

シロカのコーヒーメーカー3機種の違いを比較

主な違いは下記の通りです。

新ブレード搭載の全自動コーヒーメーカー  SC-A211新ブレード搭載の全自動コーヒーメーカー カフェばこ  SC-A351コーン式全自動コーヒーメーカー  SC-C121
ミル刃プロペラ式プロペラ式コーン式
ミルの挽き目中細挽き中細挽きのみ無段階で粗挽きから細挽きまで
フィルターステンレスメッシュステンレスメッシュペーパー
保温あり(30分)あり(30分)なし(サーバーで保温)
メーカー希望価格16,500円(税込)29,700円(税込)38,500円(税込)

ミル刃の方式が2種類あり、合わせてフィルターがペーパーとステンレスメッシュでそれぞれの機種に個性を持たせているのかも知れません。

新ブレード搭載の機種は、ステンレスメッシュのフィルターでコーヒーを抽出することから、抽出方式はドリップですが、フレンチドリップに似ている気がします。

抽出したコーヒーには、コーヒーの油分と細かいコーヒーの粉が、抽出されますので、ペーパードリップのスッキリ系の味わいとは、まるで違います。

 

シロカのコーヒーメーカーのおすすめはコーン式 SC-AC121|フィルターの違いとミル方式のマッチング

プロペラ式では、コーヒー豆の粉の挽き目を均一にするのは難しく、どうしても細挽き寄りになります。

ただ、このシロカのコーヒーメーカーでは、プロペラ式の方は、フィルターがステンレスのメッシュフィルターになっています。

ペーパーフィルターと違い、ステンレスメッシュフィルターでは、豆のオイルだけではなく、豆の細かい粉まで抽出されてしまいますので、コクだけではなく、雑味まで出やすくなります。

ですので、おすすめするのは、コーン式の全自動コーヒーメーカーの方ということになります。こちらの機種は、ミルの挽き目を調整でき、ペーパーフィルターでドリップしますので、深煎りから浅煎りの豆まで、焙煎度合いで、挽き目調節をして、コーヒーの味の違いをため閉めます。よりハンドドリップに近い味わいになります。

amazonでの実売価格は、メーカー希望価格の半値ほどで販売されています。

 

シロカのコーヒーメーカーの説明書と使い方

今時のコーヒーメーカーは、使い方を説明書を読まずとも、簡単にコーヒーを入れることができます。

念の為、各機種の取扱説明書を下記の通り紹介します。

新ブレード搭載の全自動コーヒーメーカー カフェばこ  SC-A351

新ブレード搭載の全自動コーヒーメーカー  SC-A211

 

シロカのコーヒーメーカーの使い方と手入れ

使い方は、いずれのコーヒーメーカーも、全自動コーヒーメーカーなので、豆をセットし、水を入れ、(コーン式の方はペーパーフィルターのセットし)抽出したいカップの数を設定し、スイッチオンするだけです。

 

手入れについては、多くの部分は水洗いでOKですが、水洗いをしてはいけない部分がありますので、ご注意下さい。

一つは、本体操作部分の下側です。

フィルターに対して、お湯が出てくる部分は、水洗いが出来ません。お湯が出てきたときの反動でコーヒー豆の粉がはねて、お湯の噴き出し部分も含めて、定期的に拭き取る掃除をして下さい。

水洗いできない、もう一つはコーン式のミルの部分です。ブラシを使い、粉や豆の破片を取り除いて下さい。

 

また、ステンレスメッシュフィルターは、毎回掃除と手入れをする必要があります。ペーパーフィルターの機種の場合、飲んだ後の後片付けは、豆のかすを含んだまま、紙フィルターを捨てることが出来ます。

但し、ステンレスメッシュフィルターの場合、まずコーヒー豆のかすをティッシュ等を使って、まとめて捨てる必要があります。もし流し台に排水口に流している経験がある方は、排水口詰まりを起こす原因になる可能性がありますので、やめましょう。

ステンレスメッシュフィルターにくっついているコーヒー豆のかすをティッシュやペーパータオルに、かき出して捨てて下さい。最後に取り除ききれない細かな豆のかすは、洗い流しても問題はありません。

蛇足ですが、コーヒー豆の残りかすは、消臭剤として利用する方法があります。湿っていても、乾燥していても、消臭剤として利用できます。効果は活性炭の5杯です。

湿ったままだと、消臭効果は2〜3日です。乾燥させて使うなら、1週間以上使えます。

 

 

関連記事

  1. コーヒーの器具の選び方と特徴
  2. コーヒーメーカー各社の特徴と選び方
  3. アイリスオーヤマのコーヒーメーカーは買いなのか?
  4. ツインバードのコーヒーメーカー|テレビ番組1位の実力を検証
  5. タイガーのコーヒーメーカーはやはり魔法瓶が特徴ACT-E040 
  6. メリタのコーヒーメーカー|製品ごとの口コミと手入れについて
  7. ネスカフェコーヒーメーカーはゴールドブレンドバリスタというマシン
  8. 無印のコーヒーメーカーは豆から挽けるコーヒーメーカーという名前
  9. シロカのコーヒーメーカーのおすすめ|コレがいいです   *当記事
  10. シロカのコーヒーメーカー|口コミのまとめ
  11. デロンギの全自動コーヒーメーカーを検証|国内製品との違い
  12. コーヒーメーカーを選ぶ! 豆から作るモデルがやっぱり一番うまい
  13. コーヒーメーカーの価格相場と違い
  14. コーヒーメーカーはコンパクトさで選びたい
  15. コーヒーメーカーを一人暮らし用に|ポイントは置き場所と使いやすさ
  16. コーヒーメーカーで美味しい一杯。入れ方と選び方
タイトルとURLをコピーしました