スキルアップを転職理由にすると採用されないかも

スキルアップ 転職理由転職
スキルアップ 転職理由

転職の理由はなんですか?」

スキルアップしたいと思いましたので、転職を希望しました」

 

これは、本人はおそらく「スキルアップ」を前向きな表現をしたいと考え、転職の理由として、その言葉を選んでいるのではないかと思います。

しかし、実際の面接官の印象としては、逆効果です。

「スキルアップ」を転職理由にすると、採用されないかも知れません。

解説します。

 

 

スキルアップを転職理由にすると採用されないかも

スキルアップは転職理由には

geralt / Pixabay

 

スキルアップしたいという言葉は転職理由としては、適切ではありません

 

「今の会社でこういう実績を作ってきたが、今回御社に転職することで、

さらにキャリアを重ねて、この道を究め、会社に貢献をしていきたい」

というキャリアアップであれば、理由として理解できます。

 

しかし、社会人としての経験が少ない段階で、スキルアップさせたいのです、という言葉を聞くとなんとも違和感を感じます。

 

何か、本当は他に退職理由があるのではないかと感じてしまいます。

スキルアップという言葉は、転職理由には、気安く使えない言葉です。

何故「スキルアップ」が、転職理由に適さないのか解説します。

 

スキルアップの意味を理解して

さて、スキルアップしたい、というのは、「どんなスキルですか?」。

 

スキルとは、仕事における技術や能力のことです。

スキルアップとは、仕事の技術や能力を高めたいということです。

 

さあ、アップさせたいスキルは、具体的には、どんなスキルですか?

20代・30代の方で、実際に「○○○のスキルです。」と答えられる人に、筆者は会ったことがありません。

 

答えられないことを、理由にするのは、やめたほうがいいです。

あなたはどうですか?

うまく答えられますか?

本当にスキルアップが、転職理由なのであれば、具体的に答えられるはずなんです。

 

スキルアップという言葉に、何か良い印象を持った言葉の響として、転職理由に使っているように感じます。

もしかすると、スキルアップの言葉の意味がわからないのに、使っているのかもしれません。

あるいは、これからスキルを身に付けたいということなのかも、と思ってしまいます。

 

「えっ?前の会社では何をされてきたの?」っておもってしまいます。

同時に、これでは当社に入社したい理由もわかりません。

 

スキルが身についたらまた転職する?もしかしてジョブホッパー

転職歴が多い方の場合だと、スキルアップが出来たら、また転職をする可能性ありませんか?

と聞きたくなります。

 

転職理由が、自分がスキルアップしたいということは、その会社の一員として仕事をしてきたという意識がないか、意識が低いということを感じさせます。

 

履歴書の転職歴が半年1年ごとに転職しているようだと、もしかして「ジョブホッパー」かもしれないとみなされる可能性があります。

 

 

ジョブホッパーとは

ジョブホッパーとは、短期間ごとに転職を繰り返す人(転職回数5・6回以上)のことをいいます。

 

一見、同じように転職を重ねる人の中には、キャリアビルダーと言われる人もいます。

 

この人は、計画的に転職をし、キャリアを重ね優秀な実績を残し、キャリアを重ねる人です。

その道を極めていくために、資格を取ったり、転職する前に大きな実績を作ることで、次の転職に有利な条件を重ねていくのです。

キャリアビルダーの方の場合なら、当然初任給も、高め設定になるでしょう。

具体的な実績を示すことができます。

 

 

キャリアビルダーとの違い

ジョブホッパーとキャリアビルダーは、まるで違います。

 

キャリアビルダーが退職するときは、現在の仕事で実績を作ってから、キャリアアップを理由にして、転職へと進んでいきます。

それに対して、ジョブホッパーは、何が退職する理由なのかよくわからないで辞めていきます。

筆者の経験でも、両方のタイプの方に出会ったことがあります。

 

今の職場では本当にスキルアップができないのだろうか

そして、実は、スキルアップが理由ということならば、今の職場でもスキルアップできるはずなのです。

 

なぜ、それが今の職場ではできないのだろう。

そのための努力を、自分の時間を使ってやっているのだろうか、努力しない人かもと感じてしまいます。

 

勘違いしている人がいるかもしれません。

スキルアップとは、会社を変えたり、環境を変えたり、あるいは研修を受けたりするだけで、身につくものではありません。

 

どちらかと言えば、失敗という学びから、個人的に積み上げていくものです。

自分自身が主体的になって、何度もそのための努力を繰り返して、訓練や練習を重ねる中で、スキルは高まっていくものです。

 

なぜなら、スキルは知識や経験ではないからです。

技術や能力です。

体験値です。

失敗という体験をして、諦めないで、チャレンジするほど、スキルはアップします。

 

百歩譲って、転職したとしても、失敗しないことには、スキルアップはしていきません。

会社が変わって、新しい仕事のやり方を経験することでは、スキルはアップしません。

失敗という体験の中にしか、スキルアップの要素がないからです。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/tenshoku-hone/ target=]

 

本当に、転職理由はスキルアップ?

 

どうですか?

あなたの転職理由は、それでも本当に、スキルアップですか。

転職の理由は、別にあるのではないですか?

それが理由で、退職したのではないですか?

 

ここをはっきりとさせて、入社しなければ、その転職は失敗します。

スキルアップを、転職理由にするのは、難しいかもしれないと、気づきましたか?

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/tenshoku-sippairiyuu/ target=]

 

まとめ

 

もし本当の転職理由がネガティブで、それを言えば就職に不利になると考えているのでしたら、それは違います。

確かに、本当の理由を明確にすることで、採用されないかもしれません。

でも条件に合わない会社に、入社してしまうリスクは無くなります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました