注目キーワード

クレジットカードの捨て方、それで安全ですか?

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

・正しい捨て方をしないと、勝手に使われてしまう

クレジットカード捨て方はバラバラか別々か

・シュレッダーにかけるのが一番安全

 

クレジットカードの中には、もう使わないので捨ててしまうという人もいます。

捨て方にも方法があり、そのままゴミ箱にポイみたいな捨て方では危険すぎます。

あなたの捨て方、本当に安全ですか?

 

この記事を読めば、クレジットカードの正しい捨て方が分かり、あとで面倒なことにならないでしょう。

では解説してまいります。

 

 

クレジットカードの正しい捨て方を知らないと面倒なことに

クレジットカードの正しい捨て方を知らないと面倒なことに

 

何もせずそのままゴミ箱に入れるのは危険

 

そのままの捨て方では不正利用に使われる可能性大

どうせすぐに収集車がやってくるからいいやと、クレジットカードをそのままゴミ袋にポイとする捨て方の方は、いませんか?

誰がどこで見ているか分からず、半透明の袋からクレジットカードが見えたら、不正利用してくださいと言っているようなモノ。

捨て方を知らないと、自分が被害者になりかねず、場合によっては弁償してくれないコトも。

そうなっては最悪なので、クレジットカードは絶対にそのままの形での捨て方はしないようにしましょう。

関連記事

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。・クレジットカードの紛失を放置して不正利用されても補償してもらえない可能性・警察署に紛失届を出してからクレジットカード会社に連絡!・一番最悪なのは2か月以上紛失に気が付かな[…]

クレジットカード紛失

 

クレジットカードに眠る個人情報の数々

不正利用されなきゃいいや、そんな感じでクレジットカードの捨て方を考えているかもしれません。

しかし、クレジットカードには、たくさんの個人情報が眠っています。

 

表面だけを見れば、名前や署名、有効期限などが簡単に分かります。

盲点なのは、クレジットカードを更新した際、カード番号は変わらないという問題。

 

有効期限も見ればすぐにわかりますから、悪用されやすいというわけです。

近年は、ハンコではなくサインで済むような形にする流れなので、署名がわかるというのも地味に危ないでしょう。

 

 

 

クレジットカードの捨て方はバラバラか別々かの2択

クレジットカードの捨て方はバラバラか別々かの2択

 

再現できないようにするのが重要であり、良い捨て方です

 

粉々にしたり、別々で捨てたりすれば不正に使われない

クレジットカードの安全な捨て方は2種類あります。

 

1つはバラバラにして、再現できないようにしてしまう捨て方です。

 

もう1つはハサミで切って、別々のタイミングで捨てるという捨て方です。

カード番号が特定されないようにすれば、不正利用の心配はなし。

何回かに分けてゴミの日に出すというのが一番安全かもしれません。

どのようにすれば再現できないか、自分に合った捨て方を見つけましょう。

 

 

シュレッダーで簡単にバラバラに

シュレッダーの中には、クレジットカードなどのカード類を切断できるモノが。

絶対に使えないように切れるので、オススメです。

 

手で動かすシュレッダーは安いので実際に購入して、家で使えば安全かもしれません。

様々な用途があるので、書類のゴミなどもこれを使えば片付くでしょう。

何も粉々に、超細かく切断する必要はないでしょう。

ただ、手軽に切れて別々のタイミングで捨てるぐらいでいいかもしれません。

関連記事

クレジットカードにまつわる、ついうっかり忘れてしまって、大変なことになってしまった方。失敗体験を語っていた抱きました。 自分にそんなことが起きないように、反面教師的に体験談を読んで参考にして下さい。[…]

クレジットカードの失敗

 

まとめ

 

期限切れのクレジットカードも、プロにかかれば一通りの情報は知れることが出来ます

 

不正利用のほとんどは、クレジットカード番号を盗んだことで可能になったケースばかり。

有効期限が切れてるから、もう使えないから大丈夫と思っていると、落とし穴にハマってしまうかも。

 

捨てるのであれば、個人情報が判別されない程度に切り刻むのがいいでしょう。

以前だと、クレジットカードに火をつける方もいましたが、一気に火がついて燃えないようにしたいところです。

誰がゴミをあさるか分からない以上、下手なものは簡単に捨てないコト。

その代表的な存在がクレジットカードであり、捨て方は絶対気をつけないといけません。

 

クレジットカードの捨て方
最新情報をチェックしよう!