注目キーワード

ステンレス製品の掃除は酢を使おう!ピカピカになるよ!

ついつい面倒で後回しにしがちなのが掃除ですね。

なぜ、面倒なのでしょうか?

 

頑張って掃除したその労力のわりに、そんなにキレイになった感じが

しなくて、労力が報われない気持ちになるからではないでしょうか?

 

ステンレス製品は黒ずみやぬめり、白いモヤモヤした汚れがつきやすく、

くすんで見えてキッチンに立つのも面倒に感じてしまいます。

 

キッチンを簡単にキレイにすると、テンションがあがって、料理を作るのも

楽しくなりますよ。

 

 

ステンレス製品の掃除は酢を使おう!

酢を使って掃除
酢を使って掃除

 

ドラッグストアやスーパーへ行くと掃除用の洗剤がずらっと並んでいます。

目的に合わせて使い分けるためですが、全部買い揃えると

ごちゃごちゃしてしまって収納も大変です。

 

ステンレス製品の掃除には”酢”が効果的です。

 

酢はスーパーなどどこでも簡単に入手できますし、

洗剤と違って口に入っても問題がないので、

小さなお子さんがいる家庭でも使いやすいです。

 

 

ステンレスの特性を理解しよう

 

 

ステンレス製品の掃除方法を知るためには、まずステンレスの特性を

知る必要があります。

 

ステンレスとは英語でstainless steelと言い、stainlessとは直訳すると

「さびない」意味です。

 

ステンレスは鉄とクロムを含むさびにくい合金です。

ポイントは「さびにくい」であって、「絶対さびないわけではない」と

言うことです。

 

キズがついてしまうと、そこから水分が入り込みさびます。

また、空き缶やピン止め、安全ピンなど、さびやすいものを置くと

さびがついてしまい、落とせなくなってしまいます。

 

ステンレス製品の掃除のポイントは

・キズをつけないこと

・さびやすいものをそばに置かないこと

です。

 

 

たわしやブラシなどはキズをつけてしまうことがあるので、

柔らかいスポンジを選び、空き缶やピン止め、安全ピンなどは

水の側に置かないことが大切です。

 

 

ステンレスの流し台の掃除方法

 

 

では、ステンレスの流し台の掃除方法をご紹介しましょう。

1.調味料の入っていない米酢や穀物酢を用意します。

あまってしまった酢でもOKです。

 

2.水100mlに対し、酢50mlを混ぜた酢水を作ります。

 

3.スプレーボトルなどに入れて流し台や蛇口にスプレーします。

 

4.キズがつかないよう、柔らかめのスポンジでこすります。

 

5.水で洗い流します。

 

6.着古したTシャツや古タオルなどで水分を拭き取ります。

 

ゴシゴシこすらなくても汚れがするする落ちますので、楽しくなってきます。

黒ずみやぬるぬる、白くもやもやしたものも、みるみる落ちます。

こんなことなら、もっと早くやっておくんだったと思うくらいです。

 

もしそれでも落ちない頑固な汚れの場合は、

キッチンペーパーでパックをして30分くらい経ってからこすります。

酢も安いですし、スプレーボトルは100円ショップでも売っています。

着古したTシャツや古タオルをぞうきんがわりにすると

掃除が終わって、ゴミ箱へ入れても手間もかからずエコにもなります。

 

わが家の流し台は古くなってしまったので、

流し台用のマットを敷いて汚れを隠していたのですが、

隠しても汚れが落ちるわけではなく、菌は残ったままです。

それが、もし食器などについていたらと考えるとゾッとします。

 

酢のニオイは体に問題がありませんので、小さな子供がいても

安心して掃除ができますが、換気をしながら掃除をした方が快適です。

関連記事

掃除をする時間がなく家が汚いと感じているとそこのあなた、掃除を効率良くコツがないか悩んでいませんか? 掃除の効率を良くする3つのコツ・普段から汚れが目についたら、すぐに掃除が出来るように道具をリ[…]

掃除 コツ

 

ステンレス製のやかんの手入れにも酢が使える!

 

 

ステンレス製のものは流し台の他にもやかんがあります。

やかんの外側の汚れは、流し台を洗うのと同様に酢水をスプレーして

軽くこすると汚れが簡単に落ちます。

 

つなぎ目などからさびてしまうことも多いのですが、

諦めて捨ててしまう前に一度試してみてください。

よみがえることもあります。

 

またステンレス製のやかんは買ったばかりだと、

金属臭が気になることがあります。

使っているうちに自然と薄れていくのですが、

早めに取りたい場合にも酢が使えます。

 

水100mlに対し10ml程度の酢を入れて煮立たせ、

そのまま1時間程度放置してから洗い流します。

 

やかんの内側に洗剤は使いたくないですから、

酢を使うのはとてもいい方法ですね。

 

ただし、ステンレスに酢を長時間つけるとさびの原因になりますので、

1時間程度にしましょう。

 

まとめ

 

ステンレスの流し台は料理を作ったり食器を洗ったりするところなので、

清潔を保ちたいところではありますが、

黒ずみやぬめり、もやもやした汚れなどがあって、面倒に感じやすいです。

 

ステンレス製品はさびにくい性質を持ちますが、絶対にさびないわけではなく、

キズがついてしまうと、あっという間にさびがひろがってしまいます。

水100mlに対し、酢50mlを混ぜた酢水をスプレーすると、

力を入れてこすらなくても汚れが落ちます。

他のステンレス製品のやかんにも使えます。

キズをつけない柔らかいスポンジを使用し、掃除の後は水分を拭きとるのが

ポイントです。

酢を使って掃除
最新情報をチェックしよう!