注目キーワード

ダイエットは食べないのが1番!プチ断食の効果的な時間と方法を紹介!

この記事では、以下のことを紹介していきます。

ダイエット食べないのがいい

・ダイエットでは食べない時間を管理することがキー

・ダイエットに効果的なプチ断食の方法

 

ダイエットにはさまざまな方法が紹介されていますね。

その中には、3食しっかり食べるものや特定の栄養を摂らないものなど。

そして、結局効果が出るのは、食事を極力食べないプチ断食。

しかし、断食の効果的な時間や方法ってわからないですよね。

 

この記事を読んでいただければ、食べないでダイエットがスムーズにできるようになります。

 

 

ダイエットは食べないのが1番!

食べないダイエット
食べないダイエット

 

ダイエットは、食べ物を食べないのが最も効果的です。

理由は簡単。

 

食べないでいれば、摂取するカロリーが減るので、必然的に脂肪が燃焼されやすくなるのです。

食べないダイエットのメリットは、それだけではありません。

食べなければ、効率的に痩せる状態を作ることができるのです。

 

人間の身体には、消化酵素と代謝酵素があります。

消化酵素は食べ物を消化するために使われる酵素です。

 

そして、代謝酵素はエネルギーを作りだす酵素。

この2つの酵素の総量は決まっています。

そのため、食事を3回もしていると、常に消化酵素が多い状態が作られます。

 

つまり、代謝酵素が働けないので、痩せにくいのです。

もし、食事を食べないでいれば…。

消化酵素の役割がなくなるので、その分代謝酵素が働けますよね。

 

食べないダイエットには、摂取カロリーを減らすだけでなく、効率的に代謝する状態を作るメリットもあるのです。

2つの効果が一挙に得られるので、ダイエットの成功率がグッと上げられるのです。

関連記事

晩御飯を抜いてダイエットをしている人は多いのではないでしょうか?効果が出やすいダイエット方法の1つとして知られています。しかし、効果が出やすい反面、リバウンドしやすい欠点も…。そこで、この記事では、晩御飯を工夫して、[…]

晩御飯抜き ダイエット リバウンド

 

 

ダイエットでは食べない時間を管理しよう

時間を管理する
時間を管理する

 

ダイエットで大切なのは、食べない時間を長くするように管理すること。

当然ですが、食事をしなければ、生命を維持することはできません。

 

そのため、必ず何かを食べる必要があります。

ただ、ダラダラ食べていては、ダイエットは失敗します。

成功させるために、食べない時間を意識的に作ることがキーになるのです。

 

例えば、少量でも、食事をダラダラとしたとします。

すると、血糖値が上昇するので、インスリンが分泌されます。

インスリンには、糖を脂肪に変える作用があるのです。

 

つまり、何度も食事をするということは、インスリンの分泌を促進して、痩せやすい体質を作っているということ。

ダイエットを成功させるためには、いかに食べない時間・インスリンの分泌を減らすかが重要。

そのためには、食べる時間を考えて、食べない時間を長く作るように意識的に管理するようにしましょう。

 

 

ダイエットに効果的なプチ断食の方法

 

 

食べないダイエットにおすすめなのが、プチ断食です。

プチ断食とは、何日も食べないような本格的な断食ではありません。

1日のうちに、数時間食べないようにする方法です。

 

ここでは、ダイエットに有効な方法を紹介します。

それは、「食べない時間を連続で16時間作る」というものです。

つまり、8時間のうちに、1日の食事をすべて済ませてしまうのです。

 

例えば、朝を抜いて、お昼に1回食事をします。

そして、夜の7~8時の間に最後の食事をするのです。

もちろん、お昼ごはんから夜ごはんの間なら、適量の間食もOK。

 

こうして、胃にものが入っている時間をできるだけ作るのです。

すると、代謝酵素がしっかりと働いてくれるので、ダイエットがしやすくなりますよ。

 

 

まとめ

 

ダイエットでは、食べないが基本です。

しかし、ただ単に食べる量を減らすわけではありません。

食べない時間を長くすることが大切なのです。

 

ダイエットを成功させるために、食べない時間を意識的に作るようにしましょう。

こうすることで、スムーズなダイエットがしやすくなりますよ。

 

ダイエット
最新情報をチェックしよう!