TAG

読書

  • 2020年5月31日
  • 2020年5月31日

読書が苦手の人におすすめする克服法!

読書が苦手という人がいます。 実は、その中には2種類の人がいます。 単に、読書をするという行為が苦手と感じたり、本を読む事に魅力を感じない人。 そして、残念ながら、文字を読む事に関しての障害を持つ人もいます。 ただし、読書によって得られることがたくさんあり、それらのことによって、人生すらも変わってい […]

  • 2020年5月27日
  • 2020年5月27日

読書を習慣にする人が手にするモノ

読書をすることが良いとされていることは、一般的に知られています。 しかし、読書をするための時間をとることになるし、本当に読書が良いことならば、みんながもっと本を読むはずだ、と思っている人もいると思います。 本を読むことを苦手としている人もいます。 実際に、読書をする人の数は減少しているとする調査デー […]

  • 2020年5月12日
  • 2020年5月28日

読書 のメリットは、究極の時間短縮術かも知れません

世の中には、読書のメリットをあまり信用していない人もいます。 だから本を読む人の割合は少ないのだと思います。 しかし、実際には、読書にはいくつものメリットがあります。 ただ、読書のメリットをいかせず、中途半端な人が多いのも事実です。   読書のメリットを得るには、秘訣があります。 読書のメ […]

  • 2020年5月10日
  • 2020年5月31日

読書は音楽があると集中できない?選曲が間違っているのかも

「音楽を流すと、読書に集中できない!」 そう感じる方も、いらっしゃるのではないでしょうか。   そのように感じている方、ちょっと待ってください。   音楽があると集中できないのは、音楽の選び方を間違えているからかもしれません。   この記事では、 読書に集中できる音楽と […]

  • 2020年4月27日
  • 2020年5月29日

寝る前の読書には照明に配慮して!おすすめする寝る前の読書効果

ベッドや布団に入ってから寝るまでの間、あなたはどのように過ごしていますか? 音楽を聴く、スマートフォンを眺める、読書をする・・・。   このように寝る前の時間は、好きなことに充てている人が多いことと思います。 ところで、あなたはぐっすり眠れていますか? もし眠れていないのであれば、寝る前の […]

  • 2020年4月21日
  • 2020年6月3日

読書の記録をつけるメリットと記録方法|有益な読書方法

読書の記録をつけている人を、時々見かけるけれど、あれは有益なこと、メリットが有ることなのだろうか? そう考えたことは、ありませんか。   以前の私は、読書の記録をつけることの効果・メリットについて、疑問を抱いていました。 読書の記録をつけても、つけなくても、メリットなんてないのでは?と思っ […]

  • 2020年4月8日
  • 2020年5月31日

家で読書に集中できない原因とは?対処方法をご紹介

家で読書をすると、なかなか集中できないな・・・。 と、感じることはありませんか?   ワクワクしながら買った本なのに、 読書に集中できないうちに、いつの間にか積読(※)になっていた・・・。 という経験はありませんか? ※積読・・・手に入れた書籍を、読まずに、 積み上げたままにした状態のこと […]

  • 2020年4月5日
  • 2020年6月3日

読書の記録と行動は重要なアウトプット!続ければ人生が変わる!

「せっかく本を読んだのに、 いつの間にか内容を忘れてしまった・・・。」   このような経験はありませんか?   読み始める時は、 「仕事で希望のポジションに就きたいから読もう」 「年収をアップさせるために知識を得よう」 などと、考えていたのかもしれません。   それなの […]

  • 2020年2月19日
  • 2020年5月27日

読書のメリットには読解力以外に何がある!デメリットは何がある?!

読書をするとどんなメリットがあるのか。 一般的には、「頭が良くなる」と思われている。 そうとも言えるが、そうで無いとも言える。   私は自分の体験の中にある大人になってからの失敗と成功が、 読書に関係していることを体験的に知っています。   幸か不幸か、日本では読書をする人の割合 […]

  • 2020年2月10日
  • 2020年5月31日

読書の読み方のコツ|目次を先に読み、不要部分は飛ばして読む

特に、ビジネス書や自己啓発本を読むときは、この方法で読書をする(読み方のコツ)事をおすすめします。 読書を苦手に思う人は、1ページ目から読み始め、重要部分にたどり着く前に、読書が止まってしまいます。 非常に勿体ない。   一般的には、かなり分厚い本では、本文は400ページくらいあります。 […]