転職

2年目で転職って早い?難しいといわれるが毎日辛いと思うあなたへ

2年目 転職 早い転職
この記事は約7分で読めます。

入社してまだ2年目だが、思い描いていた環境ではなかったですか?

何年勤めたら、転職に適しているという目安はありません。

ただ、一般的には入社2年目での転職は、やはり早いです。

 

ですので、次の会社である転職先に対して、

失敗をしないように対策をしておく必要があります。

 

この記事を読んでくだされば、

入社2年目の方が早い転職したくなったときに、

取るべき3つの対処法が理解できます。

では、解説してまいります。

 

 

 

2年目で転職って早い?難しいといわれるが毎日辛いと思うあなたへ

2年目 転職 早い

 

入社2年目、あるいはその前後で早い転職を希望する人へにお伝えします。

いわゆる、第二新卒の早い転職に対し、大手企業は、採用の枠を考えていません。

 

そもそも大手企業の新卒の採用枠が多いのは、企業イメージのためです。

社会に貢献しているという企業イメージを高める意味があります。

 

大卒の離職率は、3年で30%を超えます。

つまり10人採用して、3年後には6人しかいないのです。

残る社員数を見込み、その上で良い人材が残ればいいと考えて、企業は新卒採用をしている。

 

つまり30%が退職をするという見込みを持っている。

ですから、大手企業は、他の大企業を退職した30%を拾い上げるという発想は持っていません。

 

入社2年目のような早い時期での転職者を受け入れる用意は大企業にはないということになります。

 

 

 

2年目で転職は早い|転職先の年収・給料は一般的に下がる

2年目 転職 早い

 

東京ハローワークで公開されている、各職種ごとの平均賃金を確認すると明確です。

 

そして、求人側と求職側の水準には、隔たりがある。

営業系の仕事で見れば、転職希望者の給料水準は、平均28万3500円だ。

これに対して会社は、平均の求人給料は、20万3000円〜26万円だ。

 

事務系では、求職者は平均23万7000円であり、求人は20万5000円〜24万8000円だ。

いずれも、求職側と求人側の差は、15%ほどある。

 

そして大卒の初任給は、ここ20年間ほとんど横ばい状態が続いている。(21万2000円/2019年)

入社2年目等、早い時期に転職するなら、ハローワークの求人賃金状況から、給料は間違いなく下がる。

 

何故なら、ハローワークで募集している求人情報の下限の求人給料が、適用される可能性が大であるからです。

2年目という早い時期の転職者には、

キャリアやスキルなどの一般的な転職者に求められる要素を持っていることは、

少ないとみられているからです。

 

 

 

[adcode]

2年目で転職は早い?でも仕事ができないことが辛い

2年目 転職 早い

 

2年目になれば、新卒の後輩社員が、同じ部署に配属される可能性があります。

つまり、何も知らない新人社員として周りが、見逃してくれるのは、

最初の1年間だけです。

 

もし後輩社員が配属されれば、先輩社員として接しなければならなくなります。

そのときに、痛烈に後悔する人もいます。

2年目という早い時期なので、自分は、まだ何も覚えていない。

できないことを辛く感じるのであります。

 

そして、毎日辛い、などと考え悩んだりする。

今すぐ、たった今から、取り返していくしかありません。

しかし、早い時期であろうと、人生の選択を間違えたのだ、

と気づいたのですから頑張るしかありません。

 

考え方ですが、早い時期に気づいて良かったと考えることも出来ます。

 

 

2年目で転職は早い?したくなったときの3つの対処法

2年目 転職 早い

 

2年目で転職は早い|現状の不満点を書き出す

入社2年目で、なぜ早い転職を考えてしまうのでしょうか。

その原因である不満点をはっきりさせるため、

紙などに書き出すことをお勧めします。

 

まずは、不満点を正確に把握することが大切です。

例えば、毎日会社に行くのが嫌だと感じているとしましょう。

突き詰めて考えてみると、通勤ラッシュの苦痛が原因かもしれません。

 

また、仕事内容が自分のやりたいこととは、違うためかもしれません。

解決策を考え実行するにしても、原因を明らかにしないと、

的外れになってしまします。

必ず現状の不満点を明らかにしましょう。

 

 

2年目で転職は早い|今の会社で改善できないか考える

世の中には、転職希望の方が、ものすごく多くいます。

 

それぞれに転職理由があると思いますが、

裏返せば、全ての条件において良い会社は存在しない

ということでもあります。

 

2年目という早い時期の転職の方もいますし、50代での困難が予想される

転職に挑戦するという方もいます。

 

2年目の早い時期で、現状における不満点を明確にしたうえで、

早い時期ではあるが、本当に転職するしかないのかを考えましょう。

本当に今の会社で改善できないことなのでしょうか?

 

入社2年目の方が、早い転職することは、様々な困難を伴います。

入社して2年目で早い転職する場合、実際の所、世間の視線はイメージはよくありません

入社して2年目という短期間での早い転職は、辛抱が足りないと思われるかもしれません。

 

2年目で早い転職するなら、入社してもまたすぐ辞めるのでは?

と思われるかもしれません。

 

こうしたイメージを払拭できる実績や覚悟などが、必要になります。

実際には、2年目であれば、自分の実績だと示すことができる内容は、

わずかのことしかないと思います。

 

早い転職で苦労するのか、今の会社にとどまり、

改善できないかを先に考えましょう。

 

具体的には、2年目社員の不満内容によります。

通勤ラッシュが苦痛ならば、時間帯を変えてみたり、

ルート変更で改善できます。

仕事内容がやりたい事と違う場合も、

部署移動を申し出て改善できるかもしれません。

 

まず、2年目の方は、転職しかないと思い込まずに、

今の会社で改善できないか検討しましょう。

 

 

2年目で転職|最終手段として転職を選択

今の会社でどうしても不満点を改善できない場合は、最終手段として転職を検討しましょう。

 

今の会社が、改善不可能ないわゆるブラック企業の場合もあるかと思います。

 

ブラック企業であれば、2年目での早い転職でも仕方なく、身勝手なイメージもありません。

この点、注意すべきは、転職先の面接などで、前向きな説明をきちんと行うことです。

 

例えば、前職の残業時間が月100時間以上でやむを得ず転職活動していると、

具体的に明確に説明することです。

それなら、仕方がなかった、と判断してくれるかもしれません。

面接官は、2年目という早い期間で前職を辞めることには、納得してくれると思います。

 

しかし、ブラックであると言い切れない場合もあります。

一般的には入社1〜2年目での早い転職応募をする人に対して、

面接官が好印象を持っていることは、無いと考えておいた方が良いです。

 

転職をするという選択をする場合、そういう覚悟も必要です。

 

 

まとめ

入社2年目で早い転職したくなったときの

3つの対処法を理解して頂けたでしょうか。

 

入社2年目だが、人間関係などで悩み転職を考えている方もいるでしょう。

状況を改善するためには、まず、現状の不満点を書き出しましょう。

 

そして、本当に転職しかないのか、今の会社で改善できないか考えてみましょう。

今の会社がブラックで脱出するしかない場合は、最終手段として転職を検討します。

入社2年目で早い転職を考えている方は、ぜひ3つの対処法を参考にしてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました