転職

異業種への転職|年齢には限界がある!30代は大丈夫だが

スポンサーリンク
異業種 転職 年齢 限界転職

転職考え中のあなたへ。

同業他社が希望ですか?それとも異業種への転職を検討ですか?

かなり以前から言われていることに、こんな質問があります。

 

「異業種への転職の場合、早い方がいいのか」

「異業種転職するなら30代までなのか」

筆者も30才手前で異業種へ転職した経験があるので、その気持ちはよくわかります。

また、こんな質問もあります。

「異業種転職に、興味があるが、なかなか踏み出せない。大丈夫なんだろうか。」

 

この記事でお伝えすることは次の通りです。

  • 異業種への転職をするのなら、早い(若い)うちの方が上手くいく
  • 異業種転職するなら、人によるが30代がリミット
  • 異業種転職は、一歩踏み出さなきゃ、始まらない

 

筆者のこれまでの自分の経験と面接をしてきた経験から、これらの質問に解説していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

異業種への転職|年齢には限界がある!30代は大丈夫だが

異業種への転職をするなら、若いうちの方が上手くいく

 

言い換えるなら、40代・50代の異業種転職は、大変な苦労をします。

 

異業種への転職では年齢に上限があると考えて

40代・50代の異業種転職では、ほぼ間違いなく転職先の同僚は、自分より若いです。

若い先輩社員に仕事を教わろうとするのは、なかなか難しいことです。

 

40代以降の新入社員は、教わる方も、教える方も大変です。

自分より若い先輩社員の性格にもよりますが、一般的には非常にやりにくい関係です。

教えてくれたとしても、非常に表面的です。

 

となれば、教えてくれるのは、上司ということになります。

しかし、ここでも、やりにくい関係が、同じように起きる可能性があります。

 

 

異業種への転職|年齢

40代・50代の新人社員の方にも問題があります。

40代・50代の新人社員は、異業種への転職を考えた段階で、色々と悩んだ上で、決断したはずです。

いわゆる、覚悟をして、入社してきたはずなのですが、小さな失敗をしているうちに、入社前の覚悟がぐらつきます。

筆者は、面接をしますし、採用もしています。

現場で感じていることは、40代・50代の人達は、転職前の覚悟が甘いということ、異業種のやり方を受け入れる気持ちが低いことです。

 

若い方は、このハードルが低いです。

受け入れてやってみようとする気持ちに、柔軟性を持っています。

ここに、大きな違いがあります。

やはり、40代以降の異業種への転職は、難しいです。

 

 

スポンサーリンク

異業種に転職|年齢は30代までが上限と考えるべき

異業種 転職 年齢 限界

 

経験的には、筆者も35歳前後までが、異業種転職で、うまくやっていける年齢だと感じています。

30代という年齢は、一般的に社会人になって、10年前後です。

個人差はありますが、「異業種転職30代まで説」は正しいです

 

もちろん、個人個人の性格によりますが、この辺りに、境目を感じます。

それは、おそらく社会人になって、10年と少々を過ぎてきたことで、自信を持つようになってきたせいだと思います。

10年と少々の間に、それなりに、失敗と経験を体験しているはずです。

社会人になったばかりの時は、不安と自信のなさで、フラフラ状態だったはずなのに、それがなくなってきています。

 

10年以上社会人を体験し、自分なりの成功法則ややり方ができ始めています。

30代を過ぎていくほどに、自分なりの自信や成功するやり方が凝り固まっていきます。

 

せっかくの上司や先輩のアドバイスや指導は、聞いている風の上の空です。

もちろん、全員ではありません。

40代を過ぎていても、真摯に仕事に向き合って、アドバイスや指示指導を受け入れて、学び努力を続ける人もいます。

そういう人って、必ず成功しています。

 

異業種転職は、30代までという説には、筆者も賛成します。

個人差はありますが、ほぼそうだと断言できます。

 

 

スポンサーリンク

異業種への転職|年齢には限界がある!志望動機・目指したい理由を明確に

異業種 転職 年齢 限界

 

 

異業種への転職という熱い思いを持っていたとしても、転職の面接が大きなハードルになるかもしれません。

転職先の会社に、受け入れられるかどうかという問題があります。

 

30代にしても、40代にしても、異業種の仕事へ転職するという強い思いだけでは、面接官は納得してくれません。

それには、志望動機である目指したい理由を明確にして必要があります。

 

今までのキャリアにはない仕事を目指す明確な理由です。

それを履歴書の志望動機に、ありきたりの内容ではなく、明確に書いて提出する必要があります。

そして、面接の時には、当然志望動機について深く質問を受けるはずです。

 

志望動機が本当に強いものなのか、面接官は揺さぶるような質問をするはずです。

「大変ですよ。大丈夫ですか。後悔するかもしれませんよ。」という畳み掛けをしてくるでしょう。

それは、志望動機が本物なのかを、確認しているのです。

 

 

スポンサーリンク

異業種転職  年齢には限界がある|興味があるが、やっていけるか不安|

異業種 転職 年齢 限界

 

はっきり言いまして、やる前から、大丈夫な転職なんて、存在しません

そもそも、大丈夫とはどういう状態を指しているのか。

自分はやっていけるのかの確証が欲しいのでしょうか。

今は、成功してみえる諸先輩も、みんな不安を持っていました

 

希望と不安は持っているが、証を持って、転職している人なんて、いないです。

そもそも、幸せとか満足の形や基準というものは、10人いれば10通りあります。

世界共通の幸せの基準はありません。

 

ですから、やる前から、自分はやっていけるのか大丈夫なのか、と考えることに意味はないです。

行動するのか、行動しないのか、しかないのですね。

行動したから、幸せになれるとも言えません。

もちろん、現状維持で、よくなっていくことは、なおさらあり得ないです。

 

ですから、大丈夫かどうかではなく、あとで振り返って、あの時にあの決断をしたことが良かったのだと言えるように、「1歩踏み出して」「自分の世界を変える」しか、ありませ

 

異業種にチャレンジしようと考えたときの熱意、目指そうと考えた理由を明確にすることです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました