転職

転職する年齢に成功しやすい・失敗しやすいはあるのか?

スポンサーリンク
転職 年齢転職

転職するのに最適な年齢はあるのだろうか?

成功しやすい・失敗しやすい年齢はあるのだろうか?

限界年齢という言葉を聞いたが、本当なのか?

2年目の転職は厳しいのだろうか?

 

スポンサーリンク

転職年齢|50代の転職は限界超えてるのか

50代 転職 男性 成功

先に言ってしまうと、筆者の経験上も、50代の転職は相当厳しいということになります。

転職の限界年齢という説がありますが、それは転職をどのように考えるのかによって、変わります。

これまでのキャリアを意識しない転職、つまり異業種も含めた転職を考える場合、30代後半が限界と考えて良いです。

異業種を含めた転職ということは、これまでのキャリアを生かせない未経験者としての転職になります。

 

未経験の転職では、業務の内容・進め方・業界特有のことなど、新たにたくさんのことを覚えていく必要があります。

40代以上では、社会人となり、それなりに成功と失敗を経験してきています。

過去の成功と失敗の経験が邪魔をして、新たに素直に受け入れて仕事を覚えていくことを、無意識に拒否します。

50代になると、その傾向がさらに増していきます。

 

また、転職先の社員たちも自分よりも年長の新人社員に対し、業務上の指導をするのは、大変なことです。

50代の新人社員となれば、既存の社員から、指導やアドバイスをもらうことは、なかなか困難です。

その結果、50代で未経験新人社員は、自分から進んで学びを得る必要があります。

しかし、過去の経験が邪魔をして、現実には相当難しくなります。

 

50代で成功しやすい転職は、キャリアを生かせる仕事を選ぶことです。

経験を活かすことができる転職先を選べば、若い先輩社員から学ぶことは、社内のルールくらいですので、成功しやすくなります。

企業が50代の転職者に求めることは、すぐに成果を上げることです。

ですので、それなりの覚悟を持って転職すべきです。

 

 

スポンサーリンク

転職年齢|第二新卒の場合は

第二新卒 転職サイト ハローワーク

第二新卒とは、明確に定められた年数はありませんが、概ね新卒の3年以内の転職希望者のことを指します。

つまり、4年制大学を卒業しているとするなら、25歳ほどまでの人を指すということです。

 

特徴は、少なくとも社会人としての経験を持っているということです。

反面、業務上では、スキルと言えるほどの経験を積んでいない人でもあります。

ですので、企業からは、ほぼ新卒と同様として見られることが多いです。

 

求人情報を見る上では、当然年齢制限にかかることもなく、幅広い業種・職種から、企業を選ぶことができます。

ただ、新卒とは違い、転職の求人の場合、「経験者優遇」と書かれている場合も少なくありませんので、企業が第二新卒でもOKとするかどうかがポイントになるかもしれません。

 

ですので、第二新卒のあなたの場合、前職の退職理由にもよりますが、幅広く情報を集め吟味することが、必要です。

転職サイトだけでなく、ハローワークも利用した方が良いでしょう。

また、繰り返しですが、自分自身が社会人としての経験があるとは言っても、スキルと言えるほど深まっていない状況です。

もしかすると、転職の先の方向性もぼんやりとしているかもしれません。

もしそうなら、転職エージェントも利用し、適性判断も含めて相談してみると良いです。

 

 

スポンサーリンク

転職年齢|30代女性の場合

30代 女性 転職

30代女性は、結婚や育児、そして仕事の両立を考えるケースがあります。

さらに、いったん家庭に入ってから、再度就職を検討するケースや、現状からのキャリアアップを考えるケースもあり、様々です。

 

転職で、実現させたい働き方を明確にする必要があります。

家庭・育児と仕事の両立を考えるのでしたら、給料面の条件よりも、就業できる日数や時間がポイントになるかもしれません。

また、在宅のテレワークでも仕事が可能となるパソコンスキルがあるかどうかも、ポイントになります。

2020年のコロナ禍以来、テレワークは特別の働き方ではなくなっていますので、パソコンスキルとネット環境があれば、自宅でも仕事ができるでしょう。

 

ですので、自分が理想とする働き方を実現できるための、条件が可能となる情報を集める必要があります。

テレワークで働く人が増え、以前のような「企業に通勤するのが仕事」「何時間、会社にいたかで給料をもらう」というような人は、淘汰されていく社会環境になっています。

ですので、事務系の仕事の求人は、縮小傾向にありましたが、もしパソコンスキルがあって、在宅ワークが可能な人にとっては、逆に仕事ができるチャンスとも言えます。

 

 

スポンサーリンク

転職年齢|20代の転職はキャリアップを目指す

20代の転職 キャリアアップを目指して

20代の転職で気をつけることは、ジョブホッパーにならないことと、キャリアップを目指すことです。

ジョブホッパーとは、短期間で何度も転職を繰り返してしまう人のことです。

何かあると、すぐに仕事をやめてしまうことを繰り返していると、40代以降になった時に、本当に困ることになります。

30代半ばから、求人情報は激減します。

生涯続けられる仕事を見つけられている人は、良いのですが、そうなっていなければ、やはりそれまでのキャリアによって、転職先を選んでいくことになります。

ジョブホッパーの職歴がある人は、一つの業務を何年か続けてキャリアを積んでいませんので、採用する側は、警戒します。

書類選考の段階で、不採用になるケースも多くなります。

 

ですので、20代の転職では、職種か業種が継続する方向で、転職することをお勧めします。

職種か業種で繋がって転職していく場合、キャリアは積み重なっていきます。

仮に、勤務先の都合による想定外の転職などでも、キャリアの積み重ねが認められれば、40代以降の転職でも、怖がることはなくなります。

 

 

スポンサーリンク

転職年齢|2年目で転職はまずいか

2年目 転職 早い

新卒か、あるいは、転職後2年目で転職を考えてしまう人もいます。

想定外の状況になると、2年目で転職は早いかもしれないが、それでも転職を考えざるを得ない人がいます。

正直なところ、2年目はやはり早いとおいうことになります。

前年で覚えた知識経験を2年目以降、実務で役立てていくことになります。

 

2年目で転職ということは、前年の知識経験を無駄にしてしまうことになります。

転職が最善の方法なのかを、しっかり考えてみるべきです。

また、給料面でもマイナスになる可能性を考えておく必要があります。

 

まずは、現状の問題点を紙に書き出して整理してみることです。

その上で、会社に現状を伝えて、改善できないかを会社と相談することです。

それでも無理なら、転職です。

 

 

関連記事一覧

  1. 転職の成功と不安
  2. 転職の選び方|何をポイントに選んだら良いのか
  3. 転職する年齢に成功しやすい・失敗しやすいはあるのか?(当記事)
  4. 転職の時期は何月がベスト?求人が多いのは?ボーナスまで待つべき?
  5. 転職後の年収はアップするのか?下がるのか?
  6. 転職理由は明確か?面接も転職も成功するのは理由次第
  7. 転職の失敗と後悔をしないために
  8. 50代で転職する男性|成功するには覚悟して転職活動すべき!
  9. 第二新卒のあなた|転職サイトだけでなくハローワークの情報も
  10. 30代女性の転職。未経験で正社員・事務へ採用されるポイントとは?
  11. 20代の転職|キャリアアップを目指して転職する
  12. 2年目で転職って早い?難しいといわれるが毎日辛いと思うあなたへ
タイトルとURLをコピーしました