転職しやすい職種や業種のランキングは?30代は?

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

・転職しやすい職種や業種は将来性で選ぼう!

・ランキングをつけるなら、エンジニアは外せない!

・未経験の職種や業種を狙うのは30代は大変!

 

巷には、様々なファクターから読み解ける転職のランキングが存在します。

やはり世間が気になるのは、転職しやすい職種や業種があるのかについて。

はたまた、30代に関する転職はどうなのか、このあたりも気になるところです。

 

この記事を読めば、転職しやすい職種などのランキングがお分かりいただけます。

それでは解説してまいります。

 

転職しやすい職種などのランキングを見ると、将来性が光っている!

転職
転職

 

未来が明るい職種や業種は必ずある

 

良くも悪くもAIに置き換わらない職種や業種がオススメ

転職しやすい職種や業種のランキングには、ある傾向が見られます。

それは、どの業種や職種も将来性があり、AIには置き換わりにくいというもの。

例えば、営業は転職のランキングを見ても、必ず上位に出てきます。

これは、いつの時代も必要不可欠な存在であるからです。

 

あとは、将来性のある業種、これを見出せば、おのずと傾向はつかめます。

転職のランキングを一目見れば、将来性が光るものばかり。

最近は、AIによる業務の自動化が大きな話題を集め、人手不足のキーマンにも。

事務職などは、今後苦戦を強いられるので、そのあたりもランキングでつかみたい部分です。

 

エンジニアなしにAIは動かないからこそ

AIに取って代わる職種、業種がそれなりにあるのが転職する際の悩みの種。

 

しかし、AIを設計するエンジニアだけは、むしろ重宝される存在に。

転職関係のランキングなどを見ても、エンジニアのニーズの高さはずば抜けています。

全体的に人手不足になり、海外から何とか人材を確保しようと企業は必死に。

 

それだけ転職者の価値は上がり、ランキングにも反映されやすくなります。

これは20代だろうが30代だろうが、同じ傾向に。

プログラミング教育が義務化された今こそが、転職に向けたチャンスかもしれませんね。

関連記事

転職がうまくいかない・疲れたと考えてる30代40代は、2つに分かれる。 20代では、比較的転職はうまくいっていたはずです。しかし、30代40代と年齢が進むにつれて、転職がうまくいかない状況になってきます。[…]

転職がうまくいかない

 

転職のランキングに関係なく、未経験の30代は大変

 

30代に求められるのは即戦力

 

転職のランキングがアテにならない未経験者

転職しやすい職種に、エンジニアがランキングに食い込むようになって久しいです。

ランキングで上位なんだし、エンジニアへの転職がいいと思う人も多いはず。

 

しかし、エンジニアはプログラミング言語を覚える必要があります。

未経験者が、いきなりその部分をマスターするのは結構大変です。

転職のランキングでエンジニアが上位でも、未経験者である以上難しいのが実情。

未経験であることは、20代ならまだしも、30代ではちょっと大変です。

 

少しでもスキルを磨いて、アピールするしかない

30代の人が未経験の職種や業種に飛び込むとした場合、スキルを磨くしかありません。

エンジニアであれば、プログラミング言語を少しでも学んでおくことが大事です。

少しでも学んでおいて、ちょっとの教育で即戦力になれると思わせればいいわけです。

 

最初は経験を重ね、再び転職を目指すにしても、今度は経験者として転職に参加できます。

ランキング上位のところも狙え、ハンデを打ち消すことだって可能です。

全くの未経験者を戦力にさせる企業はそこまで多くありません。

自前でできることは自前で、あとは少しでも経験を重ね次につなげる、これがオススメ。

だからこそ、30代に転職を目指すぐらいなら、早めに見切りをつけるのが大事です。

関連記事

もちろん、人によるだろう。しかし、人生には、転職しようかという決断に迷いを持つことが、幾度となくあります。 ただ、転職を考えるきっかけによっては、転職を決断するよりも、現状で改善できないかをトライし[…]

転職 決断 キッカケ

 

まとめ

転職のランキングを見て、ここが良さそうだと安直に決めるのは良くありません。

ランキングで見るべきは、なぜその職種や業種、企業がランキング上位に来ているかという部分。

 

単純に何位にどんな企業がランキングに入ったかだけを見ていては、自分の転職につながりません。

ニーズや将来性などが、転職のランキングから必ず見て取れます。

目指すべき職種や業種に将来性はあるか、そのあたりを転職活動前に把握することをオススメします。