転職

転職しやすい職種や業界について

スポンサーリンク
転職転職
転職

・転職しやすい職種や業界は将来性で選ぼう!

・ランキングをつけるなら、エンジニアは外せない!

・未経験の職種や業界を狙うのは30代以降は大変になる!

巷には、様々なファクターから読み解ける転職のランキングが存在します。

やはり世間が気になるのは、転職しやすい職種や業界があるのかについて。

この記事を読めば、転職しやすい職種・業界について、お分かりいただけます。

それでは解説してまいります。

 

スポンサーリンク

転職しやすい職種はどんな仕事か

転職

転職

未来が明るい職種や業種は必ずある

 

転職しやすい職種は良くも悪くもAIに置き換わらない職種や業界がオススメ

転職しやすい職種を、簡単に転職ができると考えるか、将来を考えても簡単に不要になる職種かと考えることで、職種に違いが出てきます。

しかし、簡単に転職できるという仕事とは、逆にいえば、継続性がなく、瞬間的に必要とされている職種ともいえます。

そういう職種の場合、その後に、また転職という可能性もあります。

 

そう考えると、転職はしやすいが、そう簡単になくなることはないだろうと思われる職種を考えるべきです。

そういう方向性で考えると、転職しやすい職種や業界には、ある傾向が見られます。

それは、AIには置き換わりにくいというもの。

 

AIが得意とするのは、機械学習や繰り返し行う業務です。

ケースバイケースで、都度思考が必要となる作業については、まだまだ先のことと思われます。

機械学習や繰り返し業務によって、早くAIに置き換わろうとしている身近な職種といえば、事務職や経理業務・受付・コンビニのレジなどです。

2020年の現在においては、すでに事務職や経理事務の求人募集が激減していることからもお分かりになるでしょう。

また、受付を置かない企業も増えていますし、コンビニや店舗のレジも自動化が始まっています。

 

逆に、今のところ、AIが不得意とする営業の仕事は、転職しやすい職種といえます。

営業という職種は、転職のランキングを見ても、必ず上位に出てきます。

営業が顧客に接するときの反応は、10人の顧客がいれば、10通りの対応が必要となります。

 

転職しやすい職種は人と接する仕事を選ぶべき

繰り返しですが、AIが得意とするのは、機械的な作業ができる職種です。

転職しやすい職種を考える場合、将来の継続性も考える必要があります。

 

営業の仕事もそうであるように、「人と接する」仕事が選ぶべき仕事でしょう。

しかし、人と接する仕事の中でも、単純な作業の職種は、目先の転職と考えると、転職しやすいかもしれませんが、避けたほうがいいです。

すぐにでも、AI化されていくからです。

代表的なのは、電話アポの仕事です。

決まったトークと推測される顧客の回答を学習することで、AIができる仕事になってしまいました。

事実、2020年現在でも、スマホにかかってくる営業電話の半分近くは、AIが話しています。

 

人と接する仕事の中でも、もう少し複雑なパターンがある職種が、将来を考えるとおすすめの職種になります。

医療系の仕事は、そういう職種の一つです。

ただ資格をとる必要があるものが多いです。

 

資格が必要という前提で考えますと、介護や理容室や美容室も、人に接する職種です。

 

転職しやすい職種とは言い切れないエンジニアなしにAIは動かないからこそ

AIに取って変わられてしまう職種は、実はかなり多くあります。

車の自動運転は、現在実用化に向けて、全国で試験中です。

これが実現すると、タクシーやトラックの運転手の仕事もなくなっていく可能性があります。

 

このような社会変化を考えると、見えてくるのが、AIに関する仕事です。

AIといいましても、人工頭脳ではなく、機械学習・ディープラーニングによる繰り返し作業による仕事が、得意分野ですが、最初からAIができるわけではありません。

設計して、覚えさせる作業をするエンジニアが存在します。

 

今後は、AIを設計するエンジニアだけは、むしろ重宝される存在になっていきます。

転職関係のランキングなどを見ても、エンジニアのニーズの高さはずば抜けています。

全体的に人手不足になり、海外から何とか人材を確保しようと企業は必死に。

ですので、今後転職しやすい職種の筆頭に、あるのが、エンジニアやプログラマーの仕事です。

 

スポンサーリンク

転職しやすい職種|しかし未経験の30代後半以降は大変

30代後半になると、企業が求めるのは、即戦力です。

 

転職のランキングがアテにならない未経験者

転職しやすい職種に、エンジニアがランキングに食い込むようになって久しいです。

ランキングで上位なんだし、エンジニアへの転職がいいと思う人も多いはず。

 

しかし、エンジニアはプログラミング言語を覚える必要があります。

未経験者が、いきなりその部分をマスターするのは結構大変です。

転職のランキングでエンジニアが上位でも、未経験者である以上難しいのが実情。

未経験であることは、20代ならまだしも、30代ではちょっと大変です。

 

少しでもスキルを磨いて、アピールするしかない

30代の人が未経験の職種や業種に飛び込むとした場合、スキルを磨くしかありません。

エンジニアであれば、プログラミング言語を少しでも学んでおくことが大事です。

少しでも学んでおいて、ちょっとの教育で即戦力になれると思わせればいいわけです。

 

最初は経験を重ね、再び転職を目指すにしても、今度は経験者として転職に参加できます。

ランキング上位のところも狙え、ハンデを打ち消すことだって可能です。

全くの未経験者を戦力にさせる企業はそこまで多くありません。

自前でできることは自前で、あとは少しでも経験を重ね次につなげる、これがオススメ。

だからこそ、30代に転職を目指すぐらいなら、早めに見切りをつけるのが大事です。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

転職のランキングを見て、ここが良さそうだと安直に決めるのは良くありません。

ランキングで見るべきは、なぜその職種や業種、企業がランキング上位に来ているかという部分。

単純に何位にどんな企業がランキングに入ったかだけを見ていては、自分の転職につながりません。

ニーズや将来性などが、転職のランキングから必ず見て取れます。

目指すべき職種や業種に将来性はあるか、そのあたりを転職活動前に把握することをオススメします。

 

 

  1. 転職の成功と不安
  2. 転職の選び方|何をポイントに選んだら良いのか
  3. 薬剤師が転職する時に勤務する場所の特徴・メリット・デメリットは?
  4. 外資系企業へ転職。押さえておくべき外資系企業と日系企業の違い。 
  5. 未経験の転職|おすすめの職種|現役社長が解説
  6. 大手企業からベンチャーへ転職し後悔しないために伝えておきたい
  7. 営業に転職したい。未経験でもおすすめするタイプはこんな人|現役社長が答えます
  8. 事務職の転職|いつまで低給料我慢しますか?アピールポイントを作る
  9. 公務員から転職後悔!?難しいのは仕事のスキルと給料
  10. 大手企業へ転職。成功のポイントとは?
  11. 異業種への転職|年齢には限界がある!30代は大丈夫だが
  12. 不動産業界へ転職希望|未経験だが大丈夫?
  13. 転職するならホワイト?でも将来大丈夫か?2つの不安
  14. 未経験で経理へ転職希望の方必見!希望する経理求人の探し方
  15. 保育士の転職|成功と失敗の選択
  16. 介護士に転職!派遣の給料は?派遣で働くメリット・デメリット
タイトルとURLをコピーしました