転職

転職理由は明確か?面接も転職も成功するのは理由次第

スポンサーリンク
転職 理由転職

あなたの転職理由は、明確ですか?

転職理由が明確になっていないと、面接は失敗するかもしれません。

転職理由が明確でなければ、なんとか入社しても、転職はうまくいかない可能性があります。

 

スポンサーリンク

転職理由ランキング10|なんのために転職するの?

転職 理由

転職理由は、人によって様々です。

しかし、転職理由を明確にしていないと、面接で質問に答える時に、転職意志が明確に伝わらない可能性があります。

また、転職できたとしても、その後にやってくる小さな苦難にも負けてしまうかもしれません。

なんのために転職をするのか、とても重要です。

 

収入アップさせたい。

仕事のキャリアアップ・スキルアップを目指したい。

やりがい・働きがいある仕事をしたい。

職場の人間関係などのストレスを改善したい。

マイホームを持ちたい。

 

転職理由には、どれが正しいとか、間違えているということはありません。

ただし、理由や目的でない、「なんとなく・・・」という転職は、失敗する原因になります。

自分の心と、話し合うことが大事です。

 

スポンサーリンク

仕事を辞める理由は?本当に辞めるべきか?

仕事 辞める 理由 一身上の都合

転職理由の直前にあるのが、仕事を辞める理由です。

仕事を辞める理由、つまり退職理由は会社を退職する時に、管理者に聞かれる質問です。

この場面では、建前的な退職理由を発言するかもしれません。

本音の理由は、別にあるのかもしれません。

 

一般的に、本音の理由は、給料と評価・人間関係・労働環境と言われます。

本音の理由で、大事なことは、転職をすれば改善されることなのかどうかです。

あるいは、退職をしなくとも、会社との話し合いで改善できることなのか、です。

 

世の中の会社で、過去に退職者がいない企業というものは、存在しません。

いずれの会社もなんらかの理由で、退職者を出したことがあります。

(家族経営の小規模企業は例外です。)

 

つまり、中小企業であろうと、大手企業であろうと、退職者がいるということは、上記の退職理由の原因は、いずれの会社にもあるということです。

退職することで、嫌いな上司から離れることはできたが、転職した先の会社は、休みがなくて残業が多くなった、なんていうことは、普通に起こり得ることなのです。

 

 

スポンサーリンク

転職するか決断できない心理

転職 決断できない 心理

転職する時には、大きな決断が必要になります。

なかなか決断できずに、悩ましい時を過ごす人もいるかもしれません。

世の中には、転職するほど給料が下がるという説があります。

収入が退職・転職の理由になっている人は、次の職場でうまくやっていけるのか、収入は改善できるだろうか、と不安だらけになります。

 

本編ページでは、転職した方が良いケースと現状で改善対策をした方が良いケースについて、解説しています。

意外なヒントが見つかるかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

スキルアップを転職理由にすると採用されない可能性

スキルアップ 転職理由

転職理由に、「スキルアップ」という言葉を使う人がいます。

一見、前向きな印象が伝わりそうで、良いように感じます。

しかし、受けてである面接官からすると、少し違う印象があります。

 

スキルアップとは、どういうことでしょう。

スキルとは、仕事における能力・技術のことです。

つまり、スキルアップとは、何かの能力か技術を高めたいということです。

面接官の立場から、それは具体的にはどんなスキルなのかを質問して、きちんと回答してくれる応募者に出会ったことがありません。

もしかすると、スキルアップという言葉の印象やイメージだけを、捉えて、前向きな姿勢を伝えたいということだけなのかもしれません。

もし、使うのであれば、具体的に答える回答の準備が必要です。

 

また、面接官によっては、もう一つの疑念を感じます。

スキルが身に付いたら、この応募者は退職するのかもしれない、ということです。

数ヶ月か、数年後に退職することを前提に、入社したいというように聞こえます。

ですので、スキルアップという言葉を使う時には、注意が必要です。

また、関連した質問を受ける可能性が大ですから、答えられる準備をしておく必要もあります。

 

 

スポンサーリンク

転職理由の本音は人間関係でもポジティブに言いかえる

転職理由本音

転職理由は、大きく2つに分かれます。

一つは、ネガティブな理由です。

収入面・仕事が辛い・仕事内容が興味を持てない・人間関係・正当な評価を受けられない、などです。

もう一つは、ポジティブな理由です。

キャリアアップ・ステップアップと呼ばれる転職です。

 

面接時には、転職理由について、質問を受けるはずです。

本音が、ネガティブな理由だとしても、なるべくポジティブに言いかえる方が良いです。

特に人間関係などは、最もネガティブに聞こえやすいものです。

ポジティブな印象がある言葉に言い換えて、話す方が、あなた自身への面接官の印象は好転します。

 

逆に、不平・不満を感じ取られると、採用は難しくなります。

同じ意味の言葉でも、面接官に伝わる印象は明らかに違います。

言葉の選び方には、注意をした方が良いです。

 

 

スポンサーリンク

転職理由でキャリアアップとは?面接で質問される理由

転職 キャリアップ

転職面接の場で、応募者が口にする言葉に、「キャリアアップ」「ステップアップ」「スキルアップ」という言葉があります。

間違えて使うと、面接官の印象はよくないものになりますので、注意してください。

面接官の立場からいいますと、印象が良いのは、「キャリアアップ」です。

 

キャリアアップの意味は、辞書によれば、次の通りです。

1)現在よりも高い専門性や知識を身につけること

2)経歴を高くする

3)高い地位や高収入職へと転職する

 

前述のスキルアップと少し違うのは、若干意味合いは曖昧性がありますので、面接官はスキルアップのように、深掘りした質問をしない可能性があります。

ステップアップの場合だと、なんのステップなのか、質問される可能性はあります。

 

ただし、キャリアップという転職理由は、同業他社への転職でしか使えませんので、ご注意を。

現在の土台となるキャリアがあってこその、キャリアアップだからです。

異業種・異職種への転職の場合だと、そうではなくなります。

 

 

関連記事一覧

  1. 転職を成功させたい
  2. 転職の成功と不安
  3. 転職の選び方|何をポイントに選んだら良いのか
  4. 転職する年齢に成功しやすい・失敗しやすいはあるのか?
  5. 転職の時期は何月がベスト?求人が多いのは?ボーナスまで待つべき?
  6. 転職後の年収はアップするのか?下がるのか?
  7. 転職理由は明確か?面接も転職も成功するのは理由次第(当記事)
  8. 転職の失敗をしないために
  9. 転職理由ランキング10|なんのために転職するの?
  10. 仕事を辞める理由は一身上の都合!本当に辞めるべきか?
  11. 転職するか決断できない心理
  12. スキルアップを転職理由にすると採用されないかも
  13. 転職理由の本音は人間関係でもポジティブに言いかえる
  14. 転職理由でキャリアアップとは?面接で質問される理由
  15. 転職したいと言うだけで行動できない人へ|悩みすぎ?自信?
  16. 転職のきっかけは?理由となる参考事例
タイトルとURLをコピーしました