転職

転職の失敗で後悔する入社前|うまくいかない

転職

転職活動をしていく中で、なかなかうまくいかない人もいます。

 

可能性はいくつかあります。

一つには、準備不足が考えられます。

もう一つは、転職回数が多くなりすぎた事例です。

 

解説してまいります。

 

 

スポンサーリンク

転職がうまくいかない20代

転職 決まらない 20代

20代の求職者と30代の求職に対する企業の思惑には違いがあります。

20代の求職者に、企業が期待しているのは、スキルではありません。

 

仕事に対する真摯さや素直さが、20代の求職者に、企業が求めている事です。

簡単にいってしまえば、素直な気持ちを持って、一生懸命に頑張ってくれそうな人材を求めています。

仕事のスキルは、入社してから、身に付ければ良いと考えています。

 

ですから、大事なのは、志望動機です。

心機一転して、頑張ろうという前向きな姿勢です。

 

30代になれば、事情は変わります。

約10年ほどの社会人としての経験値を持っているものと、期待されます。

転職がうまくいかない人は、年代に応じて求められる要素を間違えているかも知れません。

 

またもう一つは、自分の年齢を軽く考えているのかも知れません。

確かに、やり直しは可能です。

しかし、逆に考えると、簡単に諦めてしまっている可能性を感じます。

 

不満や問題があった時に、あっさりと辞めてしまう選択をしていないかという事です。

そうして、退職転職を繰り返して、気がつけば40代、50代になってしまう人がいます。

時間は巻き戻せません。

 

 

スポンサーリンク

転職回数をごまかす

転職回数 ごまかす

転職回数が増えてくると、転職には当然不利になります。

そこで、履歴書に書く転職の回数について、少なく書きたくなってしまいます。

転職回数が何回までなら、問題がないのかは、決まった目安はありません。

 

しかし、20代で4回以上の転職があるようだと、面接官の立場からすると、入社してもらっても、続けていけるのだろうかという不安が出てきます。

転職回数をごまかすという気持ちが起きてきます。

その時には、次の2点に注意です。

そしてどちらにもしても、ごまかすことには、リスクが生まれますので、自己責任と考えるしかありません。

 

一つは、転職回数をごまかすということは、過去の職歴のどれかを消すことだと思います。

その結果、消した職歴の部分に空白の期間が生まれます。

面接官をしていて、とても気になることの一つに、職歴の間の空白期間があります。

その間に何をしていたのか、が気になります。

もし、単純に失業していたということだと、「働くというマインドが低い人」という印象が生まれます。

面接の時に、明らかにマイナスイメージで見られます。

ご注意を。

 

もう一つは、直前の職歴を消した場合です。

これは、社会保険等の手続きをする中で、バレます。

そもそも、転職回数をごまかすという嘘から始まったことが、ここでバレます。

当然、印象は悪いです。

そして、入社後に判明した場合に、履歴書に虚偽の申告があったとして、懲戒や解雇の対象になる可能性があることを覚悟しておく必要があります。

 

どちらにしても、ハイリスクです。

残念ながら選択肢は、いずれも厳しいモノです。

転職回数が多くなりすぎないように、注意するしかないかも知れません。

 

 

スポンサーリンク

出戻り転職の初日!後悔をしないように覚悟を持って!

出戻り転職

出戻り転職は、覚悟を持って、のぞんで下さい。

想像しているよりも、元の上司や同僚からの風当たりは強いかも知れない。

なぜ、出戻り転職するのか、志望動機を強く持って下さい。

出戻りするに至った、選択肢の中で、選んだはずです。

覚悟をシッカリと持って、出戻り転職の初日を迎えましょう。

そして、割り切って仕事に集中しましょう。

一度、否定をして退職したのですから、「アゲンストの状況でも、自分は今度こそ頑張る」という覚悟を持って、戻ってください。

 

 

スポンサーリンク

転職すれば年収は下がる30代40代!やりがいあれば後悔しない?

転職 年収 下がる どうする

過去20年間、大学生の初任給は上がらず、ハローワークの求人募集の平均賃金も横ばいを続けています。

その様な世の中の経済環境にあります。

普通に転職をすれば、年収は良くて横ばいです。

一般的には、下がる人が多いです。

同業同職種へのキャリアップ転職なら、次の会社に過去の実績を評価して貰えれば、上がる可能性はあります。

未経験職種や異業種へのチャレンジであれば、一般的には、年収は下がると思っていた方が良いです。

 

ですから、それでも、未経験や異業種へチャレンジする場合は、年収に代わる「やりがい・はたらきがい」を考えた転職の選択をする必要です。

人間関係や労務環境が良くなる可能性はあります。

 

 

 

スポンサーリンク

試用期間にクビになる?怖い|クビになった理由は?

試用期間 クビになる人

試用期間は、会社と採用される人が、互いに知り合う期間です。

互いに、これから勤務をしていけるものなのかを確かめ合う期間です。

しかし、試用期間は単純に正社員になる前の予備的な期間と言う意味合いだけでは、ありません。

日本においては、会社の都合で社員を解雇する事は、法的にも難しいとされています。

しかし試用期間中については、会社の都合によって、試用期間の当初14日については、即日解雇すらも可能なのです。

理由の提示すら必要がないとされています。

基本的に、会社は、若い方であれば、真面目にコツコツと素直に働いてくれる人をのぞんでいます。

40代50代の転職者になれば、実績をのぞまれています。

試用期間の当初14日間で解雇通知を受ける人の場合、ほとんどの場合、勤務態度と勤務の姿勢に問題があります。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました