注目キーワード

転職を失敗したらどうするか?失敗例も紹介!

転職をするときに、「なかなか仕事が決まらない」「やっと入社できたと思ったら想像と違った」

転職の失敗を感じる段階はいくつかあります。

 

転職先が決まるまでの段階。

入社した後の段階。

 

私の失敗例も含めて、解説します。

私には、4回の転職と1回の起業の経験があります。

 

それらの経験から解説します。

転職を失敗と感じているのは、自分の脳です。

自分がそう思っているだけなんです。

 

そんな私から、「諦めないで」とメッセージを贈りたい。

 

 

 

転職に失敗したら、どうする?入社後に転職失敗を感じた時の次の選択肢は3つ

3つの選択

 

ここでは、やっと入社したのに、失敗したと感じてしまったときの対処の方法について、解説してます。

失敗したと感じたときに取るべき選択は3つある。

 

1.会社と話し合ってみる

2.やめて転職する

3.前の会社に戻る

以上3つあります。

 

いずれにしても、無駄に時間をロスし、精神が疲弊し、疲れ果てていても良いことなんて無い。

どれかを選んで進むことだ。

例えば、「1番の会社と話し合う」というのは、表面的な変化はすぐにはないかもしれないが、話し合うことで何か見つかるかもしれない。

 

最も良くないのは、何もせずに、「転職失敗したなあ〜。どうするかなあ〜。」と、ただただ疲れ果てていくという現状維持です。

では、それぞれについて解説します。

 

転職失敗どうするか|会社と話し合う

転職したが、思っていたことと違うこと・失敗したと思うことは何だろう。

・人間関係(上司・先輩・同僚と合わない)なのか

・労働環境条件(残業が多い、休みや給料の条件が聞いていたのと違う)なのか

・仕事内容(希望した仕事内容ではない)なのか

一般的に、失敗と思われる理由は、大きく分けると、これら3つの中にあります。

 

すぐに答えを出さない方が、良い場合もあります。

もし、判断がつきにくい場合は、話しにくいかもしれないが、人事部や部署の上長に、話を聞いてもらうという選択があります。

 

入社したばかりであれば、話しにくいと感じると思います。

しかし、転職で仕事を選んだり、失敗して辞めたりする事は、人生の中にそう何度も無い出来事です。

どうする、どうしようと悩んでばかりでは、マズいです。

ダメ元です。話してみれば良いです。

 

私の経験の中にもありますよ。

想定外のことで、互いに思い違いをしていることから始まっていることもあります。

話をすることで解決し、その後は平穏になることもあります。

 

あるいは、解決困難である問題であるということが確認できるかもしれない。

自分が違和感を持っていることが、互いの錯覚や思い違いから生まれていることもあるのです。

特に、面接時の履歴書などで、過去の実績や経験を考え、上司も同僚も「出来る人」として接している場合の人間関係におきる場合があります。

 

転職失敗どうするか|辞めて転職する。

すでに、肉体的に精神的にダメージを受けてしまっている段階ですか?

もし、そうならば、話し合いをするレベルを超えてしまっている可能性があります。

注意することは、先に書いた理由の3つ(人間関係・労働環境条件・仕事内容)は、実は転職理由の本音のトップ3といわれることです。

つまり、程度の差こそあっても、どの会社・職場にも、そういう状況を持っている可能性があるということです。

 

どの会社にもそういうことはあるのだという理解の上で、一旦リセットする意味で退職、そして転職という選択があります。

転職する場合も今すぐにでも退職して転職活動を始めるか、会社に在職しながら転職活動をするかです。

どちらにしても転職サイトへの登録は、今すぐにでもした方が良いです

あるいは具体的に進みたい方向性が決まっているなら、転職エージェントへ相談する方法もあります

 

 

転職失敗どうするか|前の会社に戻る

「前の会社に戻る」

いわゆる、言葉の印象は悪いかもしれませんが、「出戻り」ということです。

「隣の芝生は青く見える」という言葉がありますが、外部から他の会社をみると、良い会社に見えることがあります。

しかし、実際には錯覚や思い違いであったことに気付いてしまい、前の会社の方が良かったと思えることがあります。

これは転職サイトのリクナビやマイナビのデータにもありますし、筆者がそういう状況(出戻ってきた先輩社員を会社が受け入れたこと)を目撃したことがあります。

また、社員を雇用する側の立場になって、出戻ってくる社員を受け入れたことが複数回あります。

退職したときの状況にもよりますが、出戻りを受け入れる会社は多いです。

良いじゃないですか。

一度経験した上で、やはり前の会社の方が良かった、と思うなら「良い」と思いますよ。

戻る社員と受け入れる会社は、新たに入社する社員とは違って、互いに一定の理解持っていますので、互いに受け入れやすいのです。

ただ一つ注意点があります。

新入社員ではなくなりますので、出戻ってすぐに実績を出すことが求められます。

 

 

 

 

転職を失敗した?私の失敗例入社しても辞めたい・人生終わり!

転職 失敗
転職 失敗

 

先に言っておきたい。

つまりは、自分の考え次第です。

失敗続きとか、入社したが聞いてなかったことがいっぱいあるし、嫌な上司だし、、、、辞めたいと思っているのは、自分です。

 

全部自分が考えていること

せっかく決まって入社したのに、嫌な上司や、うまくやれない仕事、同僚も冷たい、と思っているのも自分です。

全部自分です。

世の中には、いい人ばかりじゃありません。変な人、嫌なやつもいます。

でも、それも自分がそう思うから、尚更そうなるのです。

 

多分、その真っ只中にいるときは、気づけないかもしれません。

また、人と比べるほど、意味のないことはありません。

自分がどうありたいか、が全てです。

関連記事

転職がうまくいかないと考えてる人は、2つに分かれる。 そもそも転職活動自体がうまくいかずに、決まらない人。なんとか転職はしたが、思っていたのとは違う、辛いと感じている人。あなたはどちらですか?[…]

転職 疲れた

 

私の体験談を少し・入社確定する前に前職を退職した事例

42歳で転職するときは、わざわざ東京まで2次面接に行って(札幌の面接はOKだったので)、面接官から良い感触を得ました。

その気になって、身の回りのすべてを準備する中で、1週間後に届いた不採用通知をもらいました。

人生終わりだと、思う場面でした。

前職を既にやめていました。

他の会社へのアプローチを全部やめていました。

 

でも、私はその時、必死になって面接担当者に電話連絡をして、理由を聞きました。

年齢がまずいということでした。

後で、よくよく考えてみたら、相手は東証一部上場企業でした。

社員募集は、していない時期でした。

 

 

必死に訴えました

その時の私は、必死に2次面接の担当者に訴えました。

「どうしても駄目なんでしょうか。」

「なんとか、ならないのでしょうか。」

「一生懸命頑張ろうと思っていました。今更、年齢で駄目と言われても、ハイわかりました、とは言えないのです」

電話で、かなり必死に訴えました。

 

その結果、1年間の契約社員として採用してくれました。

「その後の約束はできないが、実績を出して見せてください」と、自分よりも若い面接担当が言ってくれました。

その後は、2年目に正社員となり、4年後には、支店の責任者の一人になっていました。

不採用通知をもらったときに、そのまま受け入れていたら、今の人生はなかったと思います。

 

人生、諦めたら、終わるだけです。

そう簡単には、終わらないです。

諦めなければ、そういう結果がついてきます。

 

関連記事

転職面接での質問に対しての答えた事に関する「失敗体験談」です。 1番目は、集合面接で、他の人との差別化を意識して回答したら、裏目に出て面接官のひんしゅくを買ってしまったケースです。 2番め[…]

面接 失敗

 

転職 失敗
最新情報をチェックしよう!