注目キーワード

転職活動でスーツは何色が有利か?グレーなら濃い方が良い

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

・転職を目指す職種に応じて、色を変えよう!

・面接官に与えたい印象で色を変えるのも手!

・リクルートスーツは転職に適さない!

 

転職する際に、私服や服装自由などと企業側から言われる事があります。

しかし、無難なのはスーツで行く事であり、スーツが何かしらの影響を与えるモノ。

転職に着ていくスーツを何にすべきか、それなりに検討する価値はあります。

 

この記事を読めば、転職に使うスーツについてお分かりいただけます。

それでは解説してまいります。

 

転職活動でのスーツは何色が有利か?最近はブラック系が多い。グレーなら濃い方が良い

 

職種によって望ましいスーツの色や柄がある

 

スーツは戦闘服、戦う場にふさわしい服か見られる

転職活動にふさわしいスーツは何か、それは業種や職種に応じて異なるのが実情です。

 

最近はブラック系が多かった印象があります。

ブラック系も良いですし、グレー系なら濃い方が良いです。

明るいグレーで、誠実さ明るさを伝える考え方もあります。

しかし、濃い色目の方が、強い意志を感じさせる傾向があります。

アパレルなどはそれでも大丈夫ですが、銀行などお堅い業種では微妙。

 

スーツは戦闘服とよく言われますが、戦う場は業種や職種によって雰囲気が違うモノ。

お堅い業種を狙うなら最高のスーツでも、他ではそこまで影響を与えない事だってあります。

その業種、職種にフィットしたスーツなのかを転職活動では気にする事をオススメします。

 

面接官に与えたい印象で決めるのもアリ

年齢に合わせたスーツにするか、それとも若く見せるか、はたまた大人っぽく見せるか。

転職活動の中でどれがいいかは、面接官に与えたい印象で大きく変わります。

 

実年齢よりも若く見せたいのであれば、多少色は明るめで、ストライプが入ったモノ。

マナーが備わった人だと印象付けるには、無地でオーソドックスな形に。

 

与えたい印象や転職で狙っている業種などで、おのずと着るべきスーツは決まります。

何パターンか、転職活動向けにスーツを用意するのがいいです。

関連記事

色々考えて転職した。しかし、実際に転職してみると、想定外のことが起きたりします。「失敗したかな」と思うこともあります。もし、今そんな気持ちがあるのなら、何か役に立てる事があるかも知れません。会社社長が解説して[…]

転職失敗

 

転職活動にリクルートスーツを避けるべき理由は?

 

 

スーツはどれも同じではない

 

見るからにリクルートスーツは頼りない?

リクルートスーツといえば、やはり学生の就活で着るスーツというイメージです。

30代以上の社会人がリクルートスーツで転職活動をするのは、多少おかしな印象を与えます。

 

確かに安く手に入るので、リクルートスーツで賄いたくなるのは理解できます。

ところが、面接官などはビジネスマナーがしっかりした即戦力の社会人を求めるはず。

 

にもかかわらず、リクルートスーツで来られてしまうとがっかりするのは当然です。

フレッシュに見せたい思惑はあったとしても、避けるべきです。

 

第二新卒までならリクルートスーツでも大丈夫

新卒で入った人の中には、最初はリクルートスーツで働いていた人もいます。

会社である程度働き、落ち着いてきたから新たにビジネススーツを買うようになります。

 

ですので、リクルートスーツで第二新卒に臨んでもこちらはおかしくありません。

リクルートスーツでの転職活動は、いわば若い人、第二新卒までの特権とも言えます。

 

あえてしっかりとしたビジネススーツにするのもいい印象を与える可能性が。

いずれにしても、リクルートスーツで許されるのは限られた年代までです。

関連記事

会社社長の立場から解説しています。ですので、転職サイト等よりも、少し現実的な対策についてアドバイスしています。あなたの次の転職面接の対策になれば幸いです。  転職面接で自己紹介・相手が[…]

面接

 

まとめ

 

男性の場合、何色でストライプなどをどうすればいいかは、業種などで決まります。

転職活動をする際にはそのあたりのリサーチを欠かさない事をオススメします。

 

一方、転職活動ではスーツにお金をかけた方がいいです。

与える印象もいいですし、ビジネスマナーがしっかりしていると思われやすいからです。

 

もちろん中身が肝心ですが、人は見た目が9割という言葉も。

スーツ選びで転職活動を失敗するなんて事はないように励めたら最高ですね。

転職 スーツ
最新情報をチェックしよう!