注目キーワード

転職の手順を間違えたと後悔しないために|内定から退職までの流れ

転職手順を間違えている人は、意外に多いのではないか。

その結果、退職がスムーズに完了しなかったり、次の転職先がうまく決まらなかったり、など予定外のトラブルや悩みを抱えてしまうと聞きます。

 

それは、転職の手順を間違えた可能性があります。

この記事では、転職の手順と注意点について、解説してまいります。

 

あとで、失敗したかも、と思わなく良いように、参考にしてください。

筆者は、転職コンサルタントではありませんが、40年間に自分自身の転職が5回と起業をしています。

それらの経験を踏まえて、解説いたします。

 

 

転職の手順を間違えたと後悔しないために|内定から退職までの流れ

 

転職の手順

転職の手順を間違うと、悩みやトラブルを抱えることがあります。

 

・退職希望日に、スムーズに退職できない。

・退職はしたが、次の転職先が決まらない

 

その結果、せっかく決まっていた次の転職先への入社がスムーズでなくなる、無職期間が数ヶ月(長い人だと1年以上)になってしまうなどの困った状況になってしまいます。

 

 

転職の手順の流れ 1|内定をもらう前に|本当に転職をすべきなのかを整理する

転職したいと思うきっかけは、様々です。

ただ、大きく分けると、2つになります。

それは、「辞めたい」と「次のステップへ上がりたい」です。

 

手順の1は、その原因をきちんと整理(分析)することです。

ここが曖昧ですと、のちに失敗につながります。

感情的に考えるのは、NGです。

 

 

 

辞めたい

辞めたい原因(理由)は、なんですか?

労働環境・給料・向いてない・人間関係・・・、なぜ辞めたいのか、をよく整理分析することです。

現状で、改善できないのか、どうか。

なるべく、冷静に、客観的に、分析してみてください。

 

重要なことは、退職し次の職場を見つけて、転職したとしても、今回の「辞めたい原因」が、必ず改善される保証がないということです。

世の中に、これだけ多くの転職する人と転職サイトがあるという事実は、その証拠です。

どんな会社も、全てが良いという職場は存在しない、と考えた方が良いです。

 

「辞めたい」という意志が、感情を伴っている時、「この職場より悪いところはない」なんて、考えてしまいがちです。

現実はそうではないです。

似たような会社・職場は、世の中にものすごくたくさんあります。

 

次のステップへ

給料であったり、仕事のやりがいを、もっと上のレベルへ、希望する人もたくさんいると思います。

 

具体的に、何を目標とするのかを具体的に持っておくべきです。

そして、仕事は「教えてもらうものではなく、自ら教わるもの」であることを、理解しておくことです。

 

転職先の情報は、外からしか見えません。

だいたい、良いところしか伝わってきません。

例えば、給料の高い会社、社会貢献が明確であり働きがいを感じられそうな職場、として見えていたとしても、そこへ行けば全員がそうなるわけではありません。

 

必ず、自ら上を目指して行動する人にしか、その体験はやってきません。

 

 

 

転職手の手順の流れ 2|転職活動開始して内定をもらう

手順の2は、会社に退職意思を伝える前に、転職先を見つけることです。

 

先に、退職をしてしまっては、いけません。

ちょうどよく、転職先が決まらなければ、最悪無職で過ごす時間ができてしまいます。

無職期間は、転職先に対して、悪い印象を持たれます。

この手順の2では、必ず転職先を見つけることです。

 

今は、様々な情報サイトや、転職エージェントもあります。

転職エージェントは積極的に、活用した方が良いです。

 

 

 

応募

応募という手順は、具体的には会社を見つけたら、履歴書を送って、応募することです。

履歴書および職歴書には、自分の能力をなるべく具体的に書くことです。

そして、なぜその会社へ転職希望しているのか=志望動機を具体的に明確に、書くことです。

 

どのくらいの気持ちの強さで、当社へ入社したいと思っているのだろう、という視点で履歴書は見られています。

 

面接

書類選考が通れば、次は、面接です。

重要なのは、やる気と熱意です。

そして、その会社への研究をして面接に向かうことです。

ここが甘いと、やる気だけの人、と見られたり、ただ就職したいだけの人と、見られてしまいます。

 

次に、現在在職中で、新しい職場に出社できるのは、1ヶ月後以降になることを明確に伝えてください。

 

 

 

転職の手順の流れ  3|退職届

採用が決まってから、自分が所属する部署の上長(管理者)に、必ず書面(退職届)を持って、意思を伝えます

 

まず、口頭で伝えようと思う人がいるようですが、それでは引き止めにあったりして、次の転職先へスムーズに移れなくなります。

それから、書面で提出することで、意思が明確に伝わります。

また、退職届には、日付が書かれていますので、具体的な意思として伝わります。

 

口頭だけですと、上長からすると、「相談事」として受け取られる可能性があります。

この手順では、必ず書面で提出することです。

 

必ず退職希望日の1ヶ月以上前に、提出することです。

就業規則では、一般的に「1ヶ月以上前に」と明記されています。

口頭での伝達だと、この辺りも曖昧になってしまいます。

重要な手順として、必ず書面で伝えることです。

 

会社は、書面で提出されると、就業規則に則って、受領せざるを得なくなります。

口頭だと、日付が曖昧になります

「自分は2ヶ月に上司に伝えました」に対して、会社は「きちんと退職したいと言われたのは、2週間前だ」なんてことになりかねないのです。

 

口頭だと、明確な意思伝達があったとみなされないことがあります。

その結果、「ギリギリになってから、いうな」などと言われるような、予想外のトラブルに発展してしまいます。

 

口頭で伝えたから、「もう会社にはいかない」などの判断もいけません。

これをやると、退職理由が「本人都合の退職」ではなく、「無断欠勤による懲戒解雇」などとされてしまいます。

関連記事

転職面接では、面接官は応募者に必ず退職理由をききます。転職回数の多い人・在職期間の短い人は、志望動機よりも、前職の退職理由に面接官の関心が集まることに注意すべきです。面接官は「今度、当社に入社してもらって大丈夫なのだろうか」[…]

面接時の退職理由

 

 

転職の手順の流れ  4|円満退職のために引き継ぎ

引き継ぎは、退職日までは、社員であったものの義務です。

 

手順の4は、最後の仕事だと思って、きちんと引き継ぎをすることです。

それは、次の人が決まっていれば、その人に直接でもいいですし、書面に残して上司に面談説明でも良いです。

書面だけ渡して、逃げてしまうのは、いけません。

 

中には、自分の解釈のもと、「引き継ぎ内容を紙に書いて、上長の不在中に、机に置きそのまま、連絡を絶ってしまう」という事例を聞いたことがありますが、これもいけません。

もし、会社が対決の姿勢を示した場合、大きな問題に発展してしまいます。

または「無断欠勤」の扱いをされる可能性があります。

 

 

 

転職の手順の流れ 5|有給休暇

有給休暇を誤解している事例があります。

この手順は、大事です。

間違うと大きな損失になります。

 

勤続月数から、自分には権利があるとして、上長の了解なく、休んでしまうケースです。

これは、最悪の手順です。

 

有給休暇については、確かに権利はあります。

しかし、それを実行するには、上長の承諾が必要です。

中には、自己解釈のもと、有給休暇と称して、届けもせずに休んでしまい、連絡を絶ってしまう人もいます。

これは、「無断欠勤による懲戒解雇を」を言い渡されても、仕方がない状況になります。

絶対にやってはいけない手順です。

なぜなら、転職先からの指示により、退職した会社から書面を受領する必要が出てくる場合に、非常に困りますね。

また、もし懲戒解雇となれば、履歴に残りますから、決まっていたはずの退職先が、採用取り消しをする可能性もあるからです。

 

 

 

転職の手順の手順の 6|必要書類の受領

次の転職先に提出する書類(雇用保険被保険者証など)を受け取り、退職に関しての手続きは終了となります。

 

次に、選ぶ職種によりましては、退職証明など、前会社にお願いをして作成してもらう書面があります。

円満退職ができていないと、そのような手続き関係にも苦労することになります。

転職
最新情報をチェックしよう!