ダイエット

トランポリンダイエットは効果的だがつらい!でもおすすめ!

スポンサーリンク
トランポリンダイエットダイエット
トランポリンダイエット

毎日のダイエットにツライと感じていませんか?

雨の日でも身体が痛くても、ダイエットのために運動をしているという人はいます。

でも、長く続けるのが難しく、挫折してしまっている人は多いです。

そんな人におすすめなのが、トランポリンを使ったダイエット。

驚くほどらくにダイエットができるようになります。

この記事を読んでいただければ、トランポリンでらくにダイエットができるようになります。

 

スポンサーリンク

トランポリンダイエットは効果的!楽にやれるがつらい?!

トランポリン

トランポリン

トランポリンは、驚くほど楽にダイエットができます。

なぜか?

 

それは、ぴょんぴょん飛び跳ねているだけでも、かなりのカロリー消費になるから。

例えば、トランポリンを30分すると、カロリーを約250kcal消費します。

これ、テニスやサッカーを30分するのと同じレベルの消費量です。

かなりの消費量ですよね。

 

さらに、トランポリンでは基礎代謝もアップできます。

「トランポリンで飛ぶ」という動作は、普段使わない筋肉を鍛えられます。

筋肉はエネルギーを消費して熱を作る役割があるので、筋肉が鍛えられると、基礎代謝がアップするのです。

すると、エネルギー消費量が増えるので、自然と痩せやすい身体になる。

つまり、楽してダイエットがしやすくなるのです。

 

残念ながら、トランポリンだけでダイエットはできません。

カロリーの摂取や消費を常に意識した生活をする必要はあります。

でも、これだけの効果があれば、楽にダイエットできそうですよね。

 

 

スポンサーリンク

トランポリンダイエットは効果的!おすすめです!

トランポリンでダイエットする魅力は、継続しやすいこともあります。

ランニングやサイクリングなどは、天候に左右されやすいので、なかなか継続しにくいものです。

また、身体を痛めるリスクが高いことも欠点。

しかし、トランポリンなら、家庭でできるので、天候に影響されません。

さらに、身体を痛めることもほとんどないので、安心して続けられます。

 

ダイエットは毎日が勝負です。

油断することなくカロリーを管理しなければなりません。

そのためには、消費カロリーを常に増やしておきたいもの。

トランポリンなら、やりたいときに身体に大きな負担を与えることなくできるので、ダイエットを続けるのに最適です。

「運動がツライ」「天候に影響されてダイエットの運動が習慣化させられない」

こんな人は、トランポリンなら続けやすいので、おすすめですよ。

 

 

スポンサーリンク

トランポリンダイエットのやり方

ダイエットに効果的なトランポリンには、正しい方法があります。

ここでは、いくつか正しい方法を紹介していきます。

 

小ジャンプ

小ジャンプは基本中の基本ですので、しっかりと覚えてください。

基本動作ですが、さまざまな筋肉が刺激されるのがわかりますよ。

①トランポリンの中央で、少し足を開ける

②そのままジャンプする

③2~3分行う

 

小ジャンプ+ハイタッチ

基本動作にハイタッチを加えたものです。

難易度は簡単ですが、全身が鍛えられます。

①トランポリンの中央で、少し足を開ける

②そのままジャンプする

③一番高くまで上がったところで、手を頭上でたたく

④2~3分行う

 

ウォーキング

トランポリンの上でのウォーキングはなかなか効果的です。

不安定な上を歩くので、さまざまな筋肉が刺激されます。

まだまだ難易度は低いので、挑戦してください。

①トランポリンの中央で足を開ける

②腕を振りながら、歩く

③2~3分行う

 

ここでは、基本的な方法を紹介しました。

これでも十分にトランポリンでダイエット効果が得られます。

しかし、物足りない、と感じた人は、「大ジャンプ」や「ダッシュ」などを取り入れてみてください。

 

 

スポンサーリンク

トランポリンダイエットにはデメリットはあるのか

トランポリンダイエットは、方法は簡単で、効果的なダイエット法です。

しかし、デメリットもあります。

ケガのリスクと音・振動のリスクがあることです。

 

ケガのリスク

足元が不安定であることから、着地のバランスにミスをすると、ぶつけたり、落ちたりする可能性があります。

つまり、バランスよくジャンプをしていないと、ケガをするかもしれないというデメリットがあります。

初めてチャレンジする人は、手すり付きのトランポリンで、行う方が良いです。

 

騒音リスク

自宅の室内で行う場合は、ジャンプする度に発生する音と振動が発生します。

マンションの場合は、やはり近所迷惑と言われるリスクがあることがデメリットと思います。

また、トランポリン自体の重さも、ほとんどのものが100kgを超えていますので、音のリスクと合わせて、トランポリンを設置する場所を確保する必要があります。

理想的なのは、自宅の庭などの室外です。

保護用のネットがついたタイプがおすすめです。

 

スポンサーリンク

トランポリンでダイエットのまとめ

トランポリンなら、楽にダイエットができます。

体重が重い人にとって、運動はとくにツラく感じるもの。

ところが、トランポリンなら、案外容易にできてしまいますよ。

ぜひ、運動が原因でダイエットを挫折してしまう人は、トランポリンをやってみてください。

 

 

関連記事一覧

  1. ダイエットで痩せる
  2. ダイエットの運動はタイミングと時間が大事!食後~就寝とおすすめ毎日筋トレ
  3. ダイエットには有酸素運動が不可欠!効果を発揮する10の有酸素運動
  4. ジョギングダイエットで痩せない原因とは?正しい方法はコレ!
  5. ダイエットで走る|成功させる効果的な方法
  6. ランニングでダイエット効果を成功させるには時間・頻度・筋トレが重要
  7. エアロバイクでダイエット効果を出すには姿勢・頻度・速度がポイント!
  8. 自転車ダイエットで痩せないのは方法に間違いがあるかも?
  9. ダイエットウォーキングで効果を出すポイント||時間・速度・距離
  10. ダイエットにヨガは効果的なのか!
  11. ダイエットの効率を高められる水泳ダイエットの効果とは
  12. 縄跳びダイエットの効果?期間はどれくらいで?
  13. トランポリンダイエットは効果的だがつらい!でもおすすめ! ★当記事
タイトルとURLをコピーしました