猫が唸る理由は何なのか?苦しそうな時や噛む時はどうしたらいいの?

スポンサーリンク
猫 唸る 原因

猫は、理由もなく唸ることはないと言われています。

しかし、唸る理由が中々わからないこともありませんか?

唸るのは、病気やストレスが原因ということもあり、判断に迷いますよね。

 

こちらの記事を読んでくださいますと、

「猫が唸る原因と対処法」についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

スポンサーリンク

猫が唸る理由は何?

猫 唸る原因

猫が唸るのには、なんらかの原因があります。

普段とは違う様子に戸惑ってしまいますが、

他の猫を怖がっていたりと、何かしらの訴えがあるのです。

では、猫が唸る原因をみていきましょう。

 

猫が唸る原因|恐怖心

他の猫に唸っているのを、よく見かけませんか?

唸っているのをみると、怒っているのかなと思ってしまいますが、そうとは限りません。

猫は恐怖を感じている時に、不安な気持ちで唸るのです。

つまり、猫が唸るのは、恐怖心が原因なのです。

 

猫がおもちゃをくわえながら「うー」と唸る

猫とおもちゃと遊んでいる時って、まるで犬のように、くわえて持ってきます。

そのうち、飽きてしばらくし、落ち着いた後など、また猫がおもちゃをくわえて唸る時があります。

特に、飼い主が家事などをしている時に、くわえて歩き回り、かなり大きな声で唸ります。

「捕まえてきたよー」とアピールをしていると思っていましたが、それ以外にも、本当の動物の獲物を捕まえたと勘違いをしていたり、夢中になっているという説があります。

最初は、驚くと思いますが、その時は、猫にとっては、おもちゃだとは思っていないのかもしれません。

飼い主にアピールをしているのかどうかわかりませんが、そんな時には、おもちゃだと思って手を出すと噛まれる可能性があります。

 

猫が唸る原因|威嚇や怒り

他の猫との喧嘩などで唸るのは、よく見られる光景ですよね。

低く唸る声や、激しく唸る声をあげているのは、威嚇していたり怒っていることが考えられます。

この場合、目は光り、姿勢は低く、戦闘態勢に入っていたり、毛を逆立てている姿になっています。

これも猫が唸る原因です。

 

 

猫が唸る理由はかもしれない期で唸ることも珍しくありません。

マーキングをしたり、床で転がっているなら、唸る原因は発情期と考えて良いでしょう。

雄であれば、他の猫を、追いかけ回していることもあります。

唸るように鳴いていたり、大きな鳴き声をあげることが多いでしょう。

 

 

猫が唸る原因|エネルギーが余っている

猫は、エネルギーが余っていると、夜中に走り回ったりすることがあります。

時には、唸るように声をあげ、エネルギーを発散させているのです。

昼間に遊び足りないと、唸るように声を出して、走り回るようなことが増えてしまうことがありますよ。

 

猫が唸る理由は|体の不調かも

体の不調で、唸ることもあります。

体に触れた時の唸る声や、排泄中に苦しそうに唸ることはありませんか?

何度も唸る声が続くようであれば、病院へ行くべきでしょう。

身体に触れた時に唸る、排泄中に苦しそうに唸るなどの状況は、身体の不調が原因です。

 

 

スポンサーリンク

猫が唸る時の対処|苦しそう・噛むとき

猫 唸る 原因

 

猫が唸る時、どう対処すれば良いのか、判断に迷いますよね。

体の不調だったりと、注意すべきこともあるのです。

では、そんな時どうしたら良いのか見ていきましょう。

 

猫が唸る|そっとしておく

猫が唸るのは、ストレスや怒りなどが考えられます。

唸るからといって、構い過ぎると、それもストレスになってしまいます。

 

必定以上に触ったりすると、時には噛まれることも。

唸る状況を、エスカレートさせないよう、そっとしておいてあげましょう。

 

 

猫が唸る理由は痛みかもしれない

猫は痛みを感じているのに、あまり表現しません。

走り回って(トイレの前後など)、どこかに頭をごチンとぶつけても、ほとんど「ニャン」とも言いません。

でも、様子を見てると、何か不自然な感じがしたり、その部分を舐めているような行動をする時には、きっと意味たみを感じているのです。

そんな時に、触ろうとすると、唸る時があります。

猫が唸る理由の一つには、痛みがあります。

 

猫が唸る|叱らない

猫が唸るからといって、叱ってはいけません。

なんらかの、原因があることも考えてあげましょう。

 

話しかけたり、なだめようとするのも避けたほうが良いですよ。

気持ちが落ち着くまで、見守ってあげてくださいね。

 

 

猫が唸る|遊んであげる

猫は、エネルギーが余っているのが原因で唸ることもあります。

ストレスがあると、夜中に唸る声を発して、走り回ったりすることもあります。

 

解消するためには、思いっきり遊んであげることが大切。

猫のストレスが溜まらないよう、気が済むまで遊んであげましょう。

 

猫が痙攣しながら唸るなら病院へ連れて行く

どこか体の不調で唸っている時は、なるべく早く病院へ連れていくべき。

猫は、体の不調を隠しがちです。

排泄時に苦しそうに唸っていたり、体に触れた時の反応に異変を感じた時は注意しましょう。

サインを見逃さないようにしてあげてくださいね。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

当たり前ですが、猫とは、会話することができません。

その為、何かしらの訴えに気がついてあげる必要があります。

唸るのも、そのサインのうちの一つです。

単なる他の猫との喧嘩ということもありますが、体の不調はなるべく早く対処してあげたいですよね。

普段と違うことがあれば、見逃さないように注意してあげてくださいね。

 

 

関連記事一覧

  1. 猫と暮らすには猫のことをもっとよく知っておきたい

  2. 猫のかわいい行動が癒しになる
  3. 猫の鳴き声の意味を知る
  4. 猫はなぜ夜泣きをするの?理由と解決方法をご紹介
  5. 猫の鳴き声がうるさい理由は?意味があるのか?
  6. 猫が鳴く!うるさいほどに、どうして?原因と対処法を一挙ご紹介!
  7. 猫がゴロゴロ鳴く意味は?その気持ちを教えて!嬉しいときだけじゃない!
  8. 猫が唸る原因は何なのか?苦しそうな時や噛む時はどうしたらいいの?(当記事)
タイトルとURLをコピーしました