ダイエット

運動なしで食事制限のみダイエット!リバウンドの可能性大です!

スポンサーリンク
運動なし食事制限のみ ダイエットダイエット

運動嫌いの人って結構いますよね。

ついつい、運動なしで痩せるダイエットに関心が向いてしまいますね。

 

実際には、運動無しで食事制限のみのダイエットでも、体重は減少します。

有名なのは、炭水化物抜きの糖質制限ダイエットですね。

その他にも、食事制限系のダイエットは、脂質制限やカロリー制限など、色々あります。

サプリに頼るのもそうですね。

 

確かに、運動なしダイエットでも食事制限をすると、体重は減少し、痩せます。

しかし、食事制限ダイエットをやめた途端に、ほぼリバウンドします。

下手をすると、ダイエット始める前よりも体重増えてる人も結構います。

解説します。

 

 

スポンサーリンク

運動なしで食事制限のみダイエット!体重は落ちます。

運動なし 食事制限のみ ダイエット

運動なしの食事制限のみのダイエットでも

一時的なダイエットを成功させる事はできます。

その理由は、2つあります。

 

運動なし食事制限のみダイエット|普段の食事で余分な栄養摂取が考えられるから。

肥満になる原因の1つに、過食や偏食があります。

丼ぶりやパン、ラーメンなどの主食や菓子、

果物などの食べすぎはありませんか?

また、脂っこいものを好き好んで食べていませんか?

食べすぎの状況で食事制限のみのダイエットをしますと、まず摂取カロリーが減ります。

体に入るカロリーが減ります。

 

糖質制限・脂質制限

次に、糖質制限をします。

糖質は、運動などで消費されなければ、体内で脂肪に変わります。

体に取り入れる糖質を減らすという事は、脂肪になる可能性を減らすことになります。

 

脂質制限は、その名の通りです。脂肪になる部分を減らすことです。

もともと、普段から食べ過ぎの状態の方が、カロリー制限、糖質制限、脂質制限などの食事制限のダイエットをするとします。

脂肪が増える原因を減らすことになるわけです。

 

当然ながら運動なしの状態であっても、普段から食べ過ぎ傾向のある人は、通常の食事にするだけでもダイエット効果があると思います。

さらに、食事制限するわけですから、体重は減ります。

 

 

運動なし食事制限のみダイエット|カロリー消費を増やせるから。

体重を落とすには、摂取カロリーを消費カロリーよりも

少なくすることが重要です。

しかし、ここに落とし穴があります。

それは、消費カロリーを増やす方法は「運動のみ」と考えることです。

 

実は、消費カロリーを増やす方法は、運動だけでなく、

栄養面を整えることでも可能なのです。

 

例えば、毎日摂取する栄養の中には、代謝を助けるものがあるから。

つまり、代謝を助ける栄養素をしっかりと摂取することで、

消費カロリーを増やせるのです。

残念ですが、運動なしで“絶対に”ダイエットを成功させられるとはいきません。

 

 

スポンサーリンク

運動なしで食事制限のみダイエット!リバウンドの可能性大です!

運動なし 食事制限のみ ダイエット

 

食事制限をするということは、体内に取り入れるカロリーを減らしたり、

体を維持する様々な栄養素も減らしていくことになります。

 

運動なしでも基礎代謝でカロリーは消費する

そして、特に運動をしていなくとも、基礎代謝により、

体内からカロリーを消費していきます。

しかし、同時に必要な栄養素も欠乏状態になっていきます。

 

そして、更に、この時、脂肪だけが消費カロリーになるわけではありません。

筋肉からも消費されて、エネルギー不足になっていきます。

 

その結果、体から筋肉も減少します。

筋肉が減ると、基礎代謝が減少します。

基礎代謝が減少すると、消費するエネルギーも減少し、痩せにくい、

太りやすい状態へと、進んでいきます。

 

運動なしだと、リバウンドしやすい状態へ

つまり、体重が減少するのは、最初だけなのです。

その次のステップでは、<痩せにくい状態>になってしまうのです。

体重減少は、横ばい状態になります。

 

食事制限により、運動をしないのですから、体の筋肉量が減って、基礎代謝が減ってしまっているからです。

ですから基礎代謝で消費するカロリー数まで減っています。

続けていくと、どんどん痩せにくい体の状態になっていくのです。

 

必要な栄養素も不足していますから、体に変調を来す可能性もあります。

糖質制限をやりすぎると、頭痛が起きたり、眠くなったり、するようになります。

 

そして、何かのはずみで、少しだけ余計に食べたりすると、

体は太りやすい状態になっていますので、すぐに反応します。

体は飢餓状態になっていますので、取り入れた栄養を体にストックしようとし、

脂肪になって蓄えられます。

 

つまり、リバウンドです。

食事制限のみのダイエットだと、確かに最初は体重が落ちていきますが、

太りやすい体へと変化していきます。

 

 

スポンサーリンク

リバウンドしないためには?プロテインは飲んだほうがいいのか?

運動なし 食事制限のみ ダイエット

 

運動なしで、食事制限のみのダイエットでも、減量自体は成功します。

しかし、説明をしてきましたように、体はリバウンドしやすい状態へと変化しています。

 

リバウンドしないためには運動は必要

リバウンドを避ける方法は、やはり運動しかありません。

猛烈な運動までせずとも、せめて基礎代謝を落とさない程度に、筋トレやウォーキング・ジョギングはしておくべきです。

一番良い方法は、併用することです。

 

例えば、最初のうちは、食事制限のみでスタートし、体重が落ち始めてきたら、筋トレを併用するなどです。

基礎代謝を落とさないように筋トレや運動を行い、食事制限と組み合わせるのが、ベストです。

 

 

プロテインは飲んだ方がいいのか

プロテインは、運動する人は飲むものだと思っている人がいます。

本来はプロテインは補助食品です。

補助食品なので、それ自体にも悪いもありません。

 

タンパク質が不足しているなら飲めばいいです。

逆に不足してないなら飲む必要はありません。

運動したからといって飲んでも、特に効果はありません。

 

タンパク質が不足すると、筋肉量が低下しやすくなります。

また怪我をしやすくなったり、怪我の回復が遅くなるという傾向があるようです。

それを補完する意味で、タンパク質を飲みます。これがプロテインです。

 

そのため筋トレをして、筋肉繊維を痛めつけて、その修繕と増強のためにプロテインを飲むイメージです。

プロテインを飲むことでダイエットが進むわけではありません。

ダイエット中は、食事制限をするメニューが多くなります。

そのため、不足しがちになるタンパク質を補うためにプロテインを飲むのが有効です。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

運動なしで、食事制限のみのダイエットでは、体重は落ちますが、

リバウンド対策が必要です。

ハードなトレーニングまでしなくとも、筋トレや運動を併用するようにすると、

リバウンドしにくい体になります。

 

通勤距離のある方でしたら、片道40〜50分、自転車に乗るという方法も

おすすめです。

適度な運動を併用するとリバウンドはしにくくなりますよ。

 

 

  1. ダイエット方法を解明|効果的なやり方〜50代でも痩せる方法
  2. ダイエットのやり方10選|効果を上げる方法のまとめ
  3. ライザップの食事法でダイエット!サポートバー 通販も利用
  4. ダイエット中の食事で簡単にできる美味しいメニューとレシピ
  5. ダイエットレシピで簡単にできるものは?おすすめをご紹介!
  6. ダイエットで簡単にできて続くものは?運動・筋トレ・アプリ?
  7. 筋トレでダイエット!食事で注意するメニューやタイミング
  8. ダイエットも作り置きレシピで楽々!お弁当やスープメニューも
  9. 漢方はダイエットに最適!?健康的に身体の中からキレイになれる
  10. 食事制限なしでできるダイエットは?運動や筋トレは必要?
  11. ダイエットで食べないのは痩せるのか?効果的な方法は
  12. 置き換えダイエット!ドラッグストアの商品であなたの最適を紹介!
  13. プロテインでダイエット!夜の置き換えにおすすめの方法を紹介します
  14. ダイエットは計画的に!計画の立て方やアプリを紹介
  15. ダイエット食に置き換えるならコレは知っておきたい!成功するポイント
タイトルとURLをコピーしました