転職

大手企業からベンチャーへ転職し後悔しないために伝えておきたい

スポンサーリンク
大手 ベンチャー 転職 後悔転職

大手企業とベンチャー企業では、働く環境が異なります。

 

その違いから、転職してよかったと思う人がいる一方で、

転職しなきゃよかった、失敗した、と感じている人がいるのも事実です。

そこで、ベンチャー企業への転職のメリット、デメリットを知ることで、

後悔しない転職をすることできます。

 

この記事でお伝えすることは次の通りです。

・ベンチャー企業へ転職するメリットについて

・具体的メリットは、責任のある仕事ができる点、短期間で成長できる点など

・ベンチャー企業へ転職するデメリットについて

・具体的デメリットは、競争で疲れてしまう点、組織としてまとまりがない点など

 

 

この記事を読んでくだされば、

「ベンチャー企業へ転職する際に、

失敗したと後悔しないために知っておくべき大手と違い」

が理解できます。

では、解説してまいります。

 

 

スポンサーリンク

大手企業からベンチャーへ転職し後悔しないために伝えておきたい

大手 ベンチャー 転職 後悔

 

大手からベンチャーへ転職|大手との違い・メリットとは

仕事のスキルを早く高めたい!

自分自身の市場価値を高めたい!

と考えている方は、

ベンチャー企業への転職は向いている可能性が大きいです。

 

なぜなら、柔軟な発想をもった若い社員が多く在籍し、

そこで成果を出せば評価してもらえる環境があるからです。

多くのベンチャー企業はこうした特色をもっています。

 

そのため大手企業で単純なルーティンワークを日々を過ごすのではなく、

もっと、チャレンジをしていきたいと考える人には、

ベンチャー企業へ転職することは、成果を出せた時に、

大きなメリットを感じられる職場です。

 

ただ、反対側の視点から見れば、チャレンジ精神が少ない人にとっては

、その環境に身をおくことは、失敗したと感じることになる。

 

大手からベンチャーへ転職|具体的な大手との違い

ベンチャー企業では、20〜30代の人が多く在籍しています。

チャレンジ精神をもち、柔軟性を持っている社員が多くいます。

 

また、ベンチャー企業では、社員数が少なく、

人的資源が限られています。

 

具体的なメリットの一つは、

入社してすぐに、プロジェクトや責任ある仕事を任されることも、

いわゆる大手企業より遥かに多いことです。

 

ベンチャー企業の環境を活かし、仕事の成果が出せたとします。

そうすると、高い評価を受けて、年齢にかかわらず、

役職につくこともあり、これも具体的メリットの一つです。

 

このようにチャレンジマインドと能力があれば、

比較的短期間で自分の市場価値を高めることも可能です。

 

これもまた、強い意欲を持たずに、

転職入社してしまった人にとっては、失敗したと考えるデメリットに

変わってしまう可能性があります。

 

また、IT企業関連のベンチャー業界では、

社員間の連絡ツールも整備されています。

このおかげで無駄な打合せや会議が少ないため、

効率的な仕事が可能です。

 

効率的に仕事を行うことで、残業時間が少ないベンチャー企業もあります。

フレックスタイムを取り入れ、出勤時間を選択できるところもあるでしょう。

さらには在宅勤務の仕組みを取り入れている企業もあります。

こうして、自分の生活スタイルよって柔軟な働き方ができる点も、

メリットの一つかもしれません。

 

メリットは、万人にとってのメリットではありません。

たまたまの転職活動の流れで、強い意欲を持たずに、

入社してしまったスタッフにとっては、

「自分はそこまで望んでいない」と考える可能性があります。

ベンチャー企業へ転職して失敗したと感じるポイントの一つです。

 

 

 

スポンサーリンク

大手からベンチャーへの転職|後悔しないために大手との違いを知る

大手 ベンチャー 転職 後悔

 

大手からベンチャーへ転職で後悔しないために、知っておくべき大手との違い

落ち着いた環境で仕事がしたいと思っている方は、

ベンチャー企業への転職はあまり向いていないかもしれません。

 

なぜなら、仕事の成果を求めて、チャレンジ精神をもった人材が

集まっているのがベンチャー企業だからです。

仕事のスピード感や他社との競争意識は、

当然、一般の大手企業に転職した人と比べると、遥かに強いです。

新規事業を次々に行っているので、面白そうという理由で転職してしまうと、

激しい競争で疲れてしまうかもしれません。

 

そのスピード感の中で、勝ち負けに疲れを感じてくるかもしれません。

そういう時には、転職の失敗を感じるかもしれません。

 

大手からベンチャーへ転職|失敗・後悔を感じるかもしれない具体的な場面

ベンチャー企業には、若い人を中心に人間が集まり、

日々チャレンジし続けています。

 

もともと大手企業で指示された仕事や、

担当の業務のみをこなしていた方が、

ベンチャー企業に転職するとそのギャップに耐えられなくなる

可能性があります。

 

例えば、柔軟な発想といえば、聞こえはいいかもしれませんが、

組織としてまとまりがないのかもしれません。

まとまりがなければ、組織のマネジメントに支障が生じて混乱している場合も

あります。

 

また、裁量がある点も裏を返せば、どこまでも自分が業務も遂行することを

意味します。

業務範囲が広ければそれだけ責任が重くなります。

こうしたベンチャー企業ならではの、デメリットも予め把握したうえで、

転職を決断しないと、失敗したと思うようになります。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

ベンチャー企業への転職のメリットとデメリットについて、解説しました。

 

ベンチャー企業で働く人は、チャレンジし、働きがいを感じることを意識して、転職してくるのだと思います。

上手くいかなければ、倒産してしまうリスクは、大手企業よりも、ベンチャー企業のほうが強いです。

逆に、成功した時に、感じる喜びの気持ちは、大手企業に働く人が、一生得ることができない可能性があります。

 

つまりベンチャー企業のほうが、働きがいややりがいを感じる場面は多いと思います。

ただ、働く人が皆働きがい・やりがいを感じたいと思っているわけではありません。

つまり、自分は与えられた仕事をこなすことで、収入を得ることが、あっていると考える人は、間違って、ベンチャー企業に転職してしまうと、失敗したと感じることになります。

 

その違いから、転職してよかったと思う人がいる一方で、失敗した・後悔してると、転職しなきゃよかった…と感じている人がいるのも事実です。

そこで、ベンチャー企業への転職のメリット、デメリットを予め知り、後悔しない転職を。

 

 

  1. 転職の成功と不安
  2. 転職の選び方|何をポイントに選んだら良いのか
  3. 薬剤師が転職する時に勤務する場所の特徴・メリット・デメリットは?
  4. 外資系企業へ転職。押さえておくべき外資系企業と日系企業の違い。 
  5. 保育士の転職|成功と失敗の選択
  6. 大手企業へ転職。成功のポイントとは?
  7. 営業に転職したい。未経験でもおすすめするタイプはこんな人|現役社長が答えます
  8. 事務職の転職|いつまで低給料我慢しますか?アピールポイントを作る
  9. 異業種への転職|年齢には限界がある!30代は大丈夫だが
  10. 転職するならホワイト?でも将来大丈夫か?2つの不安
  11. 公務員から転職後悔!?難しいのは仕事のスキルと給料
  12. 転職しやすい職種や業界について
  13. 未経験の転職|おすすめの職種|現役社長が解説
  14. 不動産業界へ転職希望|未経験だが大丈夫?
  15. 未経験で経理へ転職希望の方必見!希望する経理求人の探し方
  16. 介護士に転職!派遣の給料は?派遣で働くメリット・デメリット
タイトルとURLをコピーしました