ビジネス書のおすすめ|新社会人のうちに読んだほうがいい

ビジネス書 おすすめ 新社会人

本サイトの読者が、新社会人におすすめするビジネス書の紹介です。

新社会人の貴方に、上司か先輩からのおすすめされたビジネス書としてみてもらいたい。

紹介記事は、新社会人におすすめしてるユーザー本の文章です。

 

紹介されているビジネス書の著者も様々です。

株投資で成功している著者、古典、そして少しスピリチュアルな著者まで、

新社会人におすすめのビジネス書であります。

 

ビジネス書を読むことで、人生は間違いなく、良い方向へ向かいます。

それには、偏り無く読むことです。

色々なジャンルのビジネス書を、今すぐに役立てるのではなく、将来の自分の成長の

ためだと思い、新社会人に人には特に読んでみてほしいです。

 

いずれ近い将来に、自分の血肉となり、自分の言葉や行動になった時に、

今の人生と大きく変化していることに気づくはずです。

 

 

ビジネス書のおすすめ|新社会人にもお勧め!2019年読んで良かった「自己啓発本」

ビジネス書 おすすめ 新社会人

 

「ブチ抜く力」

私が実際に2019年に読んだビジネス書の中でおすすめしたい、特に新社会人

におすすめしたいものを紹介します。

 

それは、与沢翼さんの「ブチ抜く力」という本です。

このビジネス書には、実際に与沢さんが達成したことと、

それらはどのような考え方で達成したのかが描かれています。

 

与沢翼の成功のための考え方に非常に心動かされました。

端的に言うと、他と群れることなく目標に向かってひたむきに努力を

していき自己成長をしていくことが、必要なのだということなんです。

 

また、その目標達成に向かうためには、

他のことは気にせずそれだけのことに、

集中して最速で達成するようにしていくことが大切であるということです。

 

私は将来お金持ちになり、お金に苦労する生活は送りたくないという

最終的な目標があります。

新社会人の方々の目標はわかりませんが、おすすめできるビジネス書です。

 

 

私の目標のためには、いくつもの達成しなければならないことがあるのですが、

同時並行ではうまく行かないことも多く、何も達成できていない、

そんな2018年を送ったこともあった自分にとって、このビジネス書は本当に

大事なことをわからせてくれました。

 

なぜ、新社会人にこの本がお勧めか、それは単純ですが、

目標達成のための最速の方法をなるべく早いうちに知っていた方が良いからです。

私と同じ感覚をお持ちになるのかは、わかりませんが、

目標達成のための最速の方法を知るということは、日々のビジネスにおいても

役立つ考え方のはずなので、ぜひ新社会人の方に

おすすめしたいと思ったビジネス書です。

[itemlink post_id=”673″]

 

 

ビジネス書のおすすめ|新社会人2019年読んで良かった『チーズはどこへ消えた?』

ビジネス書 おすすめ 新社会人

 

『チーズはどこへ消えた?』

普段なかなかビジネス書を読まない私ですが、そんな私でもスラスラ読み進める

ことができ、なおかつ読み終わった後にとてもタメになったなぁ、

と感じたのがスペンサージョンソンの『チーズはどこへ消えた?』という本です。

 

ページ数は薄い本なのですが、個人的には、とてもためになったと感じているので

、新社会人の方にはぜひおすすめしたいビジネス書です。

 

 

こちらのビジネス書は既に本屋さんやインターネットでも有名になっていますので、

もしかすると、すでにご存知かもしれませんが、

物語の内容を大まかにいうと、二人の小人と2匹のネズミが登場します。

 

それぞれ違った個性がありますが、大きく異なるのは二匹のネズミは

あまり考える能力がなく、対して小人の二人は考える能力があり賢いです。

 

この二人の小人と二匹のネズミがチーズを追い求めるという話の流れに

なっています。

 

一見単純なストーリーのように見えますが、まさに私たちの現実世界を

端的に表しており、物語を通して自分を客観視することができます。

 

この物語の大きなテーマは『変化』です。

人は誰しも変化を恐る生き物です。

しかし、その変化に立ち向かう勇気がどれだけ大切なことかを知りました。

このビジネス書を読み終えて、自分が一番感じたことは、挑戦をやめれば

次は落ちていくだけ、ということです。

このビジネス書は読む人によって伝わるものが大きく異なります。

新社会人の方にも、おすすめします。

ぜひ読んで見てください。

[itemlink post_id=”674″]

 

 

ビジネス書のおすすめ|新社会人におすすめ|可愛く楽しくステップアップできる西原愛香さんの自己啓発本

 

ビジネス書 おすすめ 新社会人

 

「引き寄せノート 大切な人の特別な女性になる65の質問」

私が2019年に読んで、おすすめなビジネス書は西原愛香さんの

「引き寄せノート 大切な人の特別な女性になる65の質問」です。

 

このビジネス書のおすすめな点は、ズバリほとんどページに書き込みができる仕様に

なっているところです。

 

このビジネス書のタイトルは恋愛がメインになっていますが、

仕事にも応用することが出来ます。

 

最初の方の内容は、本当の自分とはどのような人なのかを

細かく書いて分析することが出来ます。

 

書いて読み返すと自分の長所や短所に気がつくことが出来、

とても役に立ちました。

 

中間の内容は、自分の理想の働き方を書き出します。

理想の仕事などを書き込むことで、本当の自分はどうしたいのか

どう働いたら良いのかを考えることが出来ます。

後半は、自分の未来の目標や行動力をアップするための

自己分析を書くことが出来ます。

 

このビジネス書を最初から最後まできちんと書いていくと、本当は自分は

どんなことが好きなのか、どんなことがしたいのか、

どう働きたいのかがしっかりとわかり、これからの人生を

どう進めて行けば良いかが分かるようになります。

[itemlink post_id=”675″]

 

 

ビジネス書のおすすめ|新社会人|好きなことだけして食べていくというのは、憧れであったとしても困難

ビジネス書 新社会人におすすめ

 

「労働2.0やりたいことして、食べていく」

私は、新社会人へのビジネス書をおすすめするとして、まず最初に思い

浮かぶのが「労働2.0やりたいことして、食べていく」中田敦彦著の本である。

 

新社会人の働き盛りの男性の中で、その多くの人が何を求めて働いているのかが

わからず日々の生活をこなしてる人が多いのではないでしょうか。

 

そのような人たちにこそ、ぜひ読んでもらいたいこのビジネス書は、

雇う雇われるという働き方だけではなく自分の生き方とは何か、

という幸福を感じれるための大きな利益を

得ることができることを目的として行く幸福な生き方のバイブルになるビジネス書であります。

 

好きなことをして生き、その上で働き方を作るということは、

それなりに苦労が生じるのです。

 

幸福な生き方へのプロセスを考えることにより、自分の脳みそが浄化され、

生き方を模索することによりやりたいことを思い、

そしてその上仕事をこなすというその両立ができることが可能になっていくのです。

 

多くの人にとっては、好きなことだけして食べていくというのは、

憧れであったとしても、そこに行き着くまでのプロセスは、

大変難しいものであります。

 

そのプロセスを助けてくれるであろう、

この本は多くのことを学ぶのに最適な本なのではないでしょうか。

おすすめします。

[itemlink post_id=”853″]

 

 

 

ビジネス書のおすすめ新社会人|2019年に読んでよかった「超筋トレが最強のソリューションである」・筋肉最高!

新社会人におすすめするビジネス書

 

「超筋トレが最強のソリューションである」

こちらのビジネス書は、ほぼすべての内容が「だから筋肉は素晴らしい!」という

説明に行きつきます。

 

正直、ただそれだけだと言ってしまえば、それだけのビジネス書です。

しかし、それだけ筋肉は素晴らしいのだということに気が付かせてくれるビジネス書でもあります。

著者のTestosterone氏の筋肉を愛する言葉の数々は自分自身を変えてみよう

という気持ちを奮い立たせてくれます。

 

筋トレを習慣的に行っている人は「やっぱり、筋肉は最高なんだ!」ということに

改めて気づかされます。

 

私は週に4回程度のトレーニングを習慣にしているのですが、

なぜ体を鍛えるのか、体を鍛えてどうしたいのか、という漠然とした疑問に

答えをもらった気持ちになりました。

 

筋トレを習慣化していない方、筋肉を馬鹿にしている方、これから筋トレを

しようと思っている方、人生がうまくいっていない方、とにかく色んな方に

このビジネス書を読んでもらいたいです。

 

筋肉を育てることは自分を育てること、筋肉と共に自信も大きくなっていく

ということ、社会で働き盛りの新社会人の若い世代の方々が読めば、

これから先のキャリアアップにも必ず役に立つことでしょう!筋トレは

すべての悩みの答えです!

[itemlink post_id=”854″]

 

タイトルとURLをコピーしました