転職

転職したいと言うだけで行動できない人へ|悩みすぎ?自信?

悩みすぎ転職
悩みすぎ

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

・転職したいのに悩みすぎなのは、漠然とした不安しか見ていない証拠!

・スキルがないにしても、どれだけのスキルが必要か明確に!

・自信がない事に悩みすぎるなら、自分の強みを理解する努力を!

 

今の会社ではやっていけない、転職したいと考える人は結構いるはずです。

しかし、スキルがない、自信がないなど様々な事で悩みすぎる人も。

転職したいけど悩みすぎる、そこにはいくつかの要因があります。

 

この記事を読めば、転職したいけど悩みすぎな時の対処法などがお分かりいただけます。

それでは解説してまいります。

 

 

スポンサーリンク

転職したいと言うだけで行動できない人へ

不安

不安

 

暗闇の中にいるようで、実際ははっきり道は示されている

 

 

 

転職したいと言うだけで行動出来ない|はっきりしない不安に悩みすぎ

転職したいのは間違いない、だけど、色々な事で悩みすぎる人が結構います。

それがスキルなのか、人間関係なのか、年収なのかは人それぞれ。

 

ただ、どれで悩んでいたとしても悩みすぎな背景には、不透明さが見られます。

漠然とした不安しかなく、何をどうすればいいのかが分かっていません。

問題意識があり、解決に向けた対応が明確なら、どんな荒波でも乗り越えられるもの。

 

問題を解決する気がなく、ただただ漠然とした不安しか抱えていないために悩みすぎるわけです。

まず、自分はどんな事に悩みすぎているのかを知りましょう。

転職したいのであれば、そこをはっきりさせないとうまくいきません。

 

 

行動出来ないのはスキルがないと思うのなら、どんなスキルが必要か把握を

例えば、営業職で転職したいとして、自分にはスキルがないと不安に思ったとします。

では、営業職で求められるスキルとは果たして何か。

 

コミュニケーションなのか、知識なのか、アドリブ力なのか、色々と要素があります。

スキルがないにしても、どれがどのように足りないか、理解する事が大事。

 

全てが足りないのなら、本当に営業職で転職すべきかも検討しないといけません。

逆に、このスキルがないと明確になれば、スキルを高める作業をやればいいだけのコト。

漠然とした不安を少しでも晴らす事が、転職したい人には重要です。

 

スポンサーリンク

転職したいと言うだけで行動できないのは悩みすぎ?自信がない?

 

 

根拠がしっかりしていれば、自信は自然と出てくる

 

自分の強みを冷静に、客観的に知るべし!

転職したい、だけど自信がないという人は、自分の強みをあまり理解していません。

これなら負けないという強みが分かり、それが活かされる企業を見つければいいわけです。

 

自分の強みは何か、それが本当に世間的に見ても強みなのか、冷静に客観的に知っておくべき。

スポーツ選手が猛練習を行うのは、これだけの練習をしたから大丈夫という自信が出てきやすいから。

これだけ経験を重ねた、修羅場を乗り越えてきたなど、これだけの事をしたと思える事はあるはず。

あとはそれを自信につなげれば、自信がないと悩みすぎる事はなくなります。

 

欠点を見つけ克服するうちに自信がつく

転職したい人は、まず自分の欠点をいくつか挙げていきましょう。

その中で、欠点を克服する作業を転職したい人が行えば、段々と自信はつきます。

欠点を自覚しているからこそ、転職したい人でも悩んでしまうわけです。

 

その欠点を少しでも改善すれば、不安要素をつぶせます。

転職したい人は、その作業をこなす事をオススメします。

1つでも多く成功体験を重ねる事で、勝手に自信がつくようになるから不思議です。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

転職したい人は、自分の事をある程度正確に理解する必要があります。

なぜ転職したいのか、その理由が明確でないといつまでも不安に駆られるはず。

転職したいけど踏み出せない、そこには何に恐れているのかが理解できていない可能性が。

 

スキルがないなら必要なスキルを身につける努力をすればいいわけです。

年収に不安があるなら、副業を含めて収入源を見つける努力をするべきです。

転職したい、だけど不安という人は、何に恐れているか、それだけでも把握を。

不安の源を知り、その源を断ち切る事をしていけば、自然と道は拓きます。

 

タイトルとURLをコピーしました