コーヒーで健康

コーヒーは妊婦さんに悪影響!飲むならノンカフェイン

コーヒーは妊婦に影響 (1)コーヒーで健康
スポンサーリンク

妊婦さんになると、お腹の中の赤ちゃんのために、食べ物には気を付けないといけませんね。

妊婦さんの食事はそのまま、お腹の子へ影響します。

 

では、妊婦さんにとって、コーヒーは良いものと思いますか?

コーヒーの成分は赤ちゃんまで影響を及ぼします。

 

ただ、妊婦さんにとって、妊娠中のコーヒーは気分転換にもなります。

どれくらいまで飲むとダメか?

今回は、妊婦さんとコーヒーの付き合い方をまとめました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コーヒーは妊婦に流産・早産のリスク!飲むなら摂取量を考えて

コーヒー 妊婦

コーヒーにはカフェインが含まれています。

カフェインが妊婦にとって悪影響があるのは、実際には胎児に影響する可能性があるからです。

 

妊婦に珈琲のカフェインが影響する

妊婦がカフェインをとると、流産や早産の可能性が高まります。

カフェインには血管を拡張する作用と収縮する作用があります。

血管収縮作用によって、胎児に運ばれるはずの酸素や栄養分が減る可能性があります。

その結果、流産や早産の可能性が高まります。

そして、低体重児や低酸素になる可能性があるのです。

 

妊婦が珈琲を飲むならおすすめすることは

妊婦さんがコーヒーを飲むのは、禁止ではありません。

ただし、毎日飲んだり、何杯も何杯も飲むまでは控えるべきです。

おすすめすることは、飲む量をコントロールすることです。

「英国食品基準庁」のデータによれば、妊婦さんが一日に摂取して良いカフェインの上限は200mgです。

コーヒーカップ(150mlでカフェイン90mg)で換算すると、2杯程度です。

 

カフェイン摂取量|妊婦さんは慎重に

諸外国のデータを参照すると、カフェインは成人で1日400mg、妊婦は半分の200mgです。

欧州食品安全機構のデータでは、1回の摂取量についても、触れられています。

注意すべきは、体重との関係性です。

体重60kgの人と40kgの人とでは、カフェインの影響が出るカフェイン量が異なるということです。

 

欧州食品安全機構のデータから読み解くと、1日400mg(成人)の目安は、体重が70kg程度の人の目安であるということです。

1回あたりの摂取量は 3mg/kgが目安であり、1日あたりは5.7mg/kgが目安です。

一般的には、女性の方が体重が少ないですから、カフェイン摂取量はコントロールしないといけません。

また、カフェインは、コーヒーや紅茶の他にも、チョコレートなどに含まれているので、ご注意ください。

 

妊婦にとって珈琲ゼリーは大丈夫

珈琲ゼリーにも、カフェインは含まれています。

珈琲ゼリーのカフェイン量は、100gあたり50〜100mgです。

ですので、前述の1日の摂取量200mgに注意して食べる範囲であれば、大丈夫そうです。

 

 

スポンサーリンク

コーヒーを妊婦さんが飲み過ぎてしまうと?

一日に推薦される摂取量内であれば、コーヒーも大丈夫とされています。

ですが、飲み過ぎた場合はどんな影響があるのか?

 

妊婦さんの珈琲の影響

妊婦さんがコーヒーを飲み過ぎると、妊婦さんだけでなく、胎児にも影響が及びます。

まず、コーヒーは体内で鉄分やカルシウムの吸収を、コーヒーに含まれるタンニンが妨害します。

そのため、お腹の中の子どもに十分な栄養が補給されない恐れがあるんです。

つまり、発育不良や低体重児が生まれる可能性があるのです。

 

また、胎児は肝臓がまだちゃんと発達していないので、カフェインをうまいこと処理出来ません。

処理できずに体内に溜まっていき、時間をかけないと排出されていきません。

また、前述の通り、血管収縮の影響で

なにより、カフェインが流産のリスクを高めると言われています。

毎日、多量のコーヒーを飲むのは、そういった危険性があるのです。

 

妊婦の珈琲なら、カフェイン抜きかノンカフェインで

妊婦さんや胎児に悪影響を及ぼすのは、コーヒーの成分であるカフェインです。

コーヒーを頼む時は、カフェイン抜きかノンカフェインを頼みましょう。

今は、カフェやいろんな場所で、けっこう普及しています。

お腹の中の子どもにも優しいです。

 

スポンサーリンク

カフェインレスコーヒーは妊婦さんにおすすめだが

近頃はよく耳にする、カフェインレスコーヒー。

カフェインがほとんど含まれておらず、妊婦さんも気兼ねなく飲めます。

 

妊婦さんの珈琲なら、カフェインレスがおすすめ

カフェインレスコーヒーは、定義では、カフェインの90%以上を抜き取ったものです。

 

よくデカフェという言葉を聞きますが、意味は同じです。

妊娠さんや胎児に危険性のある成分が、90%以上も抜き取られているなら、気兼ねなく飲めますね。

ただし、カフェインゼロではありませんので、飲み過ぎは注意です。

 

妊婦さんの珈琲なら、ノンカフェイン??

似た言葉で他には、ノンカフェインもあります。

何が違うと思いますか?

違いは、含有量です。

 

90%以上を抜き取ったカフェインレスに対し、ノンカフェインは100%。

全く入ってない、ゼロです。

理由は、カフェインを含む原料が使われてないからです。

 

でも、コーヒーって原料の豆に、カフェインが既に含まれていますよね。

なので、実はノンカフェインコーヒーは存在しません。

調べてもないので気を付けてください。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

妊婦さんにコーヒーは、飲み過ぎると悪影響があると分かりました。

お腹の中の子に、栄養が行かなかったり、流産の危険性もあるからです。

コーヒーには、胎児に代謝できない成分があると覚えておきましょう。

 

しかし、絶対に飲むのがダメとまで厳しくはありません。

他でカフェインを摂らないなら、一日に2〜3杯ならOKでした。

カフェインは他の飲み物や、食品にもあるので、総量の上限値を超えないよう注意してください。

 

それでも、毎日その量を飲むのは、不安が残ります。

安心のため、コーヒーを飲む時はカフェインレスにする方が無難です。

ただし、その場合は味や風味が少し劣るかもしれません。

どちらにせよ、飲みすぎには気を付けてくださいね。

 

 

関連記事一覧

  1. コーヒーの健康効果|知らないのはもったいない
  2. コーヒーが高リスク!妊娠初期・授乳中・子供・犬
  3. 妊娠初期のコーヒーは、流産リスクを高める?
  4. 授乳中のコーヒーはやめておいた方がいい!デメリットしかない
  5. コーヒーは妊婦さんに悪影響!飲むならノンカフェイン(当記事)
  6. 子供がコーヒーを飲むと害のある影響があります
  7. 犬にコーヒーは毒!とくに粉や豆には気を付けて!
タイトルとURLをコピーしました