コーヒー

生理中にコーヒーはどう作用する?痛みは和らぐが貧血が心配?

生理中のコーヒーコーヒー

女性にとって、生理はつらい身体の悩みです。

生理が少しでも楽になるよう、食べ物など気を付けていると思います。

生理が楽になる食べ物や、逆に痛みを強めてしまう食べ物を知るのは大切です。

 

その点、コーヒーはどう影響すると思いますか?

普段コーヒーをよく飲むなら、生理中も飲んでいいのか、気になりますよね。

今回は、生理中のコーヒーが及ぼす影響をまとめました。

 

スポンサーリンク

生理中のコーヒーはどう作用する?

生理中のコーヒー (1)

コーヒーは健康に良い効き目があると同時に、身体に負担のかかる飲み物です。

では、生理中の身体にはどう作用するでしょうか?

 

生理中のコーヒーは、血管収縮に注目!

生理時には、頭痛やめまい、吐き気、下腹部の痛み、腰痛などが起きます。

 

生理では、子宮が収縮して、子宮内膜を体の外へ出そうとしています。

子宮収縮は、プロスタグランジンというホルモンの分泌で作用されます。

この作用が子宮や全身の筋肉を収縮させ、痛みを生じさるのです。

 

この時、血の巡りが悪いと、子宮筋肉がかたくなって、内膜の排出ができません。

すると、プロスタグランジンの分泌が増えて、痛みがましてしまいます。

 

この血行の悪さの原因の一つが、冷えによる血管収縮です。

一説では、コーヒーに含まれるカフェインは、血管を収縮させると言われています。

 

 

カフェインが生理を悪化させる?

コーヒーのカフェインには、生理痛をひどくする血管収縮作用があります。

血管収縮は、筋肉を動かしにくくするほか、頭痛の原因にもなります。

 

しかし、コーヒーの血管収縮は懐疑的です。

飲み慣れた人には、カフェイン慣れで効かなかったりします。

また、はじめ血管が収縮しても、その後反動で広がり、収縮と拡大を繰り返すとも言われます。

 

それに、コーヒーには血栓の詰まりを解消させて、心筋梗塞や脳梗塞などを予防します。

そのため、コーヒーのカフェイン以外が血管の拡張作用を起こしているのです。

 

 

スポンサーリンク

生理痛にコーヒーが効く?

生理中のコーヒー (2)

実は、生理中の痛みに関して、コーヒーの効果は賛否両論です。

カフェインが血管を収縮させるという一方で、痛みを和らげるという意見もあります。

 

カフェインが生理痛を和らげる

東京都済生会中央病院で産婦人科医の西山紘子氏曰く、

カフェインは、生理中の下腹部痛や無気力感を和らげると言います。

アメリカのサイト「Women’s Health」でも、同じことが言われていました。

 

生理痛の薬は、コーヒーのクロロゲン酸?

コーヒーのポリフェノールはクロロゲン酸です。

クロロゲン酸には血圧を下げ、血行を調整する力もあります。

これが筋肉の収縮を助ける血行促進や、冷えの改善に繋がります。

 

余談ですが、ココアやチョコレートのカカオポリフェノールも、血管拡張作用が強いです。

加えて、カフェインも微量で、生理痛にはかなり有効です。

 

 

スポンサーリンク

生理中のコーヒーの注意点

生理中でもコーヒーは、血行を良くして痛みを和らげる効き目があると分かりました。

しかし、コーヒーには注意しなければいけない点があります。

 

コーヒーは生理中に貧血をまねく

生理中ではただでさえ血が不足しがちですが、コーヒーはそれに追い打ちをかけます。

コーヒーに含まれるタンニンは、体内の鉄分を吸収して奪ってしまいます。

この鉄分不足は貧血を招きかねません。

 

生理中に鉄分の多い、ほうれん草やレバー、ひじきなどを食べるよう言われるのはそのためです。

 

カフェインは生理に関係なく、体質で合わない人もいる

コーヒーのカフェインは、言ってしまえば刺激物です。

慣れるものでもありますが、苦手な人もいます。

 

体質的にカフェインを処理できないと、生理中の吐き気やイライラ、頭痛に追い打ちをかけます。

その場合、カフェインレスコーヒーを飲むのも一つの手ですね。

コーヒー自体にはリラックス効果もあるので、人によって効果の差は起きてしまいます。

 

生理の頭痛はコーヒーで改善できるかは微妙

生理の頭痛は偏頭痛の一種です。

コーヒーの働きは、偏頭痛にはどう転ぶか分かりません。

 

頭痛は血管の収縮や拡張によります。

頭痛が収縮タイプか拡張タイプにしろ、コーヒーは血管の収縮と拡張を繰り返します。

それは頭痛を悪化させることにもなりかねません。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

生理中にコーヒーを飲むと、どう影響するか書いてきました。

 

生理中の痛みの原因の一つは、冷えによる血管収縮です。

そのため、体を温めるのが基本となります。

 

コーヒーは、血管収縮と拡張の両作用があります。

カフェイン慣れしてる人には、収縮作用は効かなかったりするので、拡張作用が優勢と思われます。

そのため、痛みや気分を和らげるためにも、生理中のコーヒーは推薦されています。

 

しかし、カフェインの苦手な人や頭痛には、あまり良い影響はないかもしれません。

また、鉄分不足にもなりがちなので、生理中にコーヒーを飲むなら、別で鉄分を補いましょう。

 

  1. コーヒーが身体に及ぼす影響!腎臓や肝臓、生理中の作用は?
  2. 腎臓の結石|原因はコーヒー?毎日飲んでる人は危ないかも!?
  3. 腎臓にコーヒーは毒か薬か?腎臓の健康状態で影響が変わる!
  4. 胆石をコーヒーが予防!でも頼り過ぎるのは危険かも?
  5. 肝臓に悪い食べ物はコーヒーじゃない!本当に悪いのはコレ!
  6. コーヒーは肝臓を守り、あらゆる病を予防する!
タイトルとURLをコピーしました