健康

ノンカフェインコーヒーの効果|原料はコーヒー豆以外だが

ノンカフェインコーヒー健康
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

コーヒーは飲みたい。

しかし、カフェインが気になる。

カフェインレスに、デカフェと、調べて行くことになります。

そして、ノンカフェコーヒーに出会います。

スポンサーリンク

ノンカフェインコーヒーとは?コーヒー豆以外が原料

ノンカフェインと他のコーヒーとの違いが何にあるのか。

深掘りします。

類似している名前のコーヒーには、デカフェ・カフェインレス・カフェインフリーコーヒー等があります。

違いは、カフェインの含有量にあります。

カフェインレスコーヒーの基準は、一般のコーヒーのカフェイン含有量(100mlあたり60mg)から、90%以上以上のカフェインを除去した飲料です。

デカフェ・カフェインフリーについても、同じ意味と考えて良いです。

ノンカフェインコーヒー、あるいはゼロカフェインは、カフェインを含んでいない材料から作られています。

「コーヒー」の名称はついていても、原料にコーヒー豆はありません。

タンポポやチコリ等が有名です。

スポンサーリンク

ノンカフェインコーヒーの効果

ノンカフェインを飲むということは、コーヒーの主成分である「カフェイン」と「ポリフェノール(クロロゲン酸)」の効果とデメリットがないことになりますので、それも一つの効果かも知れません。

カフェインのデメリットといえば、コーヒーの飲み過ぎやアレルギー・過敏症による「めまい」「震え」「下痢」「吐き気」があります。

良い効果が沢山あるクロロゲン酸(ポリフェノール)のデメリットは、空腹時に飲むと、胃液が分泌し、胃を荒らす可能性があります。

ノンカフェインコーヒーに変えれば、カフェインとポリフェノールのデメリット効果を受けないことになります。

同時に、カフェインとポリフェノールのメリットや効果をうけとることができなくなる事になります。

また、ノンカフェインコーヒーは、原料がコーヒー豆ではありませんので、それぞれの原料の影響を受けます。

スポンサーリンク

ノンカフェイン|たんぽぽコーヒーの効果

たんぽぽコーヒーは、たんぽぽの根を焙煎したものです。

粉末状態に製品化された「たんぽぽコーヒー」が販売されています。

見た目は、コーヒーによく似ています。

「たんぽぽ茶」とも呼ばれます。

効果としては、利尿作用があるので、冷え・むくみの対策になります。

その他に、便秘の改善や女性ホルモンの分泌を促す効果もあります。

ですので、妊娠中の飲料として利用する人が多いです。

スポンサーリンク

ノンカフェインコーヒー|チコリコーヒーの効果

チコリもたんぽぽと同じように、根を焙煎して、飲みます。

チコリには、チコリ酸というポリフェノールや食物繊維が含まれています。

むくみの解消や血糖値の上昇に効果があるとされています。

こちらも味はコーヒーに似ています。

ヨーロッパでは、年代を問わず人気があるノンカフェインコーヒーです。

スポンサーリンク

ノンカフェイン・カフェインレスコーヒーの仕組み

カフェインレスコーヒーは、コーヒーからカフェインを90%以上除去してものです。

カフェインレスコーヒーの作る仕組みについて解説します。

カフェインを取り除くには、コーヒー豆の状態で行います。

古くは、有機溶剤を使って、カフェインを抽出除去していましたが、日本では禁止されています。

他には、コーヒー豆を水に浸し、抽出した液体から、カフェインを取りのぞく方法があります。

最近の主流では、二酸化炭素と高圧を使って、カフェインだけを取り出す方法が多いようです。

スポンサーリンク

関連記事一覧

  1. 健康
  2. コーヒーの主成分はカフェインとポリフェノール!
  3. カフェインが効かない日本人!コーヒーが効かないのは遺伝なのか
  4. コーヒーのカフェイン効果!量と時間はどのくらい?
  5. コーヒーのポリフェノール効果はインスタントコーヒーにも
  6. カフェインレスコーヒーはカフェインゼロではない!
  7. 亜鉛とコーヒーの気になる飲み合わせ・相性
  8. カフェインレスコーヒーの効果|すべて良いわけではない
  9. ノンカフェインコーヒーの効果と仕組み*当記事
  10. コーヒーのカフェイン量と比較|コーヒーが1番ではない
タイトルとURLをコピーしました