コーヒーで健康

カフェインレスコーヒーの健康的?カフェインゼロではない!

カフェインレス コーヒーコーヒーで健康
スポンサーリンク

コーヒーに限らず、チョコレートやコーラ、などカフェインを含んでいる食品は意外に多いです。

人気のエナジードリンクには、カフェインは意外におおく含まれています。

1日のカフェイン摂取摂取量は厚生労働省や諸外国の指標からも、1日に400mgと目安とされています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カフェインレスコーヒーとは

カフェインレスコーヒーから、一般のコーヒーから、カフェインを90%以上除去したものです。

 

カフェインレスコーヒーに含まれるカフェイン量は

カフェインレスコーヒーに含まれるカフェイン量は、ゼロではありません。

1杯のレギュラーコーヒー(150mlとして)には、約60mgのカフェインが含まれています。

カフェインレスでは、90%以上除去されていますので、3〜5mg位のカフェインは含まれていると考えられます。

 

カフェインレスコーヒーの健康効果は

カフェインが微量しか含まれていないカフェインレスコーヒー。

そんなカフェインレスコーヒーから得られる健康効果は、まずはカフェインの過剰摂取によるリスクがなくなりますので、頭痛や吐き気、不眠・利尿作用や脱水症状などの可能性が大きく減少します。

しかし、カフェインレスコーヒーには、コーヒーの主成分のポリフェノールは、含まれたままですので、ポリフェノール(クロロゲン酸)の良い効果はそのまま得られます。

ポリフェノールには、抗酸化作用がありますので、アンチエイジングやガンのリスクを抑える効果や血糖値の上昇を抑えてくれる効果があります。

 

カフェインレスコーヒーのシュウ酸

シュウ酸は、尿路結石の原因になる可能性がある物質です。

シュウ酸を含んだ食品は、野菜等を含んでたくさんありますが、コーヒーにも含まれています。

そして、カフェインレスになっても、同じように含まれています。

ですので、カフェインが減少したことで、ついついコーヒーを飲み過ぎると、結石のリスクは高まることになります。

対策としては、ブラックコーヒーを飲む場合は、食後にすること、そして空腹時に飲む場合はミルク入りにすることです。

衆参杯の中の食べ物やミルクのカルシウムと結合するため、消化管から吸収されるリスクを防ぐことができます。

 

妊娠中ならカフェインレスコーヒーがおすすめですが子供のことを考えればノンカフェイン

妊娠中や授乳中には、カフェインレスコーヒーがおすすめです。

しかし、やはりカフェインゼロではないので、たくさん飲めばカフェインの摂取量は蓄積されてしまいます。

妊娠中も授乳中も、影響があるのは、子供に対してです。

カフェインの影響は、体重に対しての摂取量が重要です。

ですので、諸外国でもカフェインの摂取量の目安は、大人の場合で1日400mgとしています。

そして、妊娠中は200mgという指標もあります。

子供に対しては、10歳以下は取らない方が良いのです。

赤ちゃんや胎児となれば、ますます体が小さいですので、影響の可能性を考えれば、妊娠中でも極力控えた方がいいです。

どうしても飲みたいと感じる場合は、たんぽぽコーヒーやチコリコーヒーなどのノンカフェインコーヒーがおすすめです。

カフェインはゼロですが、ポリフェノールが入っているので、抗酸化作用があります。

 

カフェインレスコーヒーのタンニン

タンニンとは、コーヒーの渋みのもとです。

貧血傾向のある人は、注意したほうがいいポイントです。

タンニンは、鉄分の吸収を邪魔してしまいます。

そして、カフェインレスコーヒーにもタンニンは含まれています。

貧血傾向のある人は、コーヒーよりも紅茶や緑茶の方が、タンニンの含有量が少ないので、おすすめです。

 

カフェインレスコーヒーの安全性について

実はカフェインレスコーヒーの安全性を考える必要があるのは、カフェインレスの作り方が関係しています。

コーヒーからカフェインを除去する方法は、現在主流なものが3つあります。

その中に、有機溶媒を使ってカフェインを抽出する方法があります。

この有機溶媒に発がん性の可能性が認められています。

コストが安いため、海外はまだ使用されているところがあるようです。

海外でコーヒーを飲むときには、抽出方法が明確でない限り、カフェインレスはやめておいた方が良さそうです。

 

カフェインレスコーヒーの味はまずい?

カフェインを除去することで、やはり味に影響がありますが、最近のブライドテストでは、見分けがつかなくなっているとの説もあります。

カフェインレスコーヒーは、味がまずいということは、もはや言い切れないかもしれません。

コストが高くなりますが、超臨界二酸化炭素抽出法で、作られたカフェインレスコーヒーが、最も安全で美味しく飲めます。(スタバで、2017年から利用されている)

一般的に、使用されているのは、水抽出法です。

タリーズコーヒーなどは、水抽出法によって、カフェインレスコーヒーを作っています。

 

 

関連記事一覧

  1. コーヒーの健康効果|知らないのはもったいない
  2. コーヒーの効果|成分が尿酸値・血圧・血糖値に作用する
  3. コーヒーの効能|コーヒーは人に健康をもたらす
  4. コーヒーの主成分はカフェインとポリフェノール!
  5. コーヒーの利尿作用|知っておいた方が良いメカニズム!
  6. コーヒーが血圧を下げるのはポリフェノール
  7. 尿酸値を下げるにはコーヒーがいいって本当?効果と飲み方を紹介!
  8. 血糖値下げるコーヒー!最適なのは食前か食後か? 
  9. 亜鉛とコーヒーの気になる関係性
  10. コーヒーのカフェインについて
  11. インスタントコーヒーでもポリフェノール効果は同じ?
  12. カフェインレスコーヒーの健康的?カフェインゼロではない! *当記事
  13. カフェインレスコーヒーって効果あるの?デメリットは?
  14. ノンカフェインコーヒーの効果と仕組み
  15. コーヒーのカフェイン量と比較
  16. コーヒーのカフェイン効果!何時間まで眠くない?
  17. カフェインが効かない!は本当だった!|日本人の場合
タイトルとURLをコピーしました