健康効果

コーヒーのカフェイン量と比較|コーヒーが1番ではない

コーヒー カフェイン量健康
スポンサーリンク

コーヒーを飲むときに気になることは、やはりカフェインです。

コーヒーのカフェイン量について紹介しています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コーヒー1杯のカフェイン量

コーヒー1杯のカフェイン量は、どの位あるのか。

コーヒーのカフェイン量は、一般的なレギュラーコーヒー(ドリップ)の100mlあたりで、60mgのカフェイン量を含んでいます。

実際に飲むコーヒー1杯は、約140〜150ml位です。

換算すると、カフェイン量は90mgです。

インスタントコーヒーでもほぼ同じです。

100mlあたりで57mg(食品安全委員会データより)のカフェイン量を含んでいます。

紅茶のカフェインは、コーヒーの約半分。

緑茶では、コーヒーの3分の一ほど。コーラやココアも、緑茶とほぼ同じほどのカフェインが含まれています。

一日のカフェイン摂取量は、諸外国では、大人の場合一日400mgが目安とされています。

ですので、換算しますと、一日に2〜3杯のコーヒーを飲んでも大丈夫ということです。

カフェインが効かない日本人!コーヒーが効かないのは遺伝なのか
日本人にはカフェインは効かない。そんな噂があります。 しかし、寝る前にコーヒーを飲んだら眠れなくなるよ、なんてことも、よく言われます。 実際にコーヒー飲んだくらいで眠れなくなった、なんて、日本人では、そんな話は聞きません。 ...

 

コーヒー以外の飲み物カフェイン量ランキング

カフェイン量の比較では、実はコーヒー以上にカフェイン量の多い飲み物があります。

日本茶では、煎茶がコーヒーの3分の一のカフェイン量をふくんでいますが、玉露ではなんと、コーヒーの2.6倍超のカフェインを含んでいます。

また、コーヒーの場合は、普通のドリップコーヒーなら150mlで90mgですが、エスプレッソなら、一杯40mlで77mgのカフェインを含んでいますので、換算すると約2.9倍のカフェインを含んでいることになります。

以下、100mlあたりの比較

  1. エスプレッソ       212mg
  2. 玉露         160mg
  3. ドリップコーヒー 60mg
  4. 紅茶                   30mg
  5. 煎茶 (緑茶)    20mg
  6. コーラ        10mg
  7. リポビタンD      50mg
  8. エスカップ    50mg
  9. レッドブル    32mg
  10. モンスターM3.      93mg
  11. ミラクルエナジーV  64mg

一見すると、最も多いのは、コーヒーのエスプレッソが1番、2番が緑茶の玉露ですが、一部の方を除けば、あまり飲まれてはいません。

実は、気になるのは、栄養ドリンクやエナジードリンクです。特にモンスターM3は、突出しています。栄養ドリンクやエナジードリンクは、愛好者も多いので、注意が必要です。

実際、カフェイン中毒で搬送される人は、コーヒーが原因という人は、少なく、エナジードリンクの飲み過ぎが原因となっています。

 

カフェインレスコーヒーとノンカフェインコーヒーのカフェイン量

カフェインレスコーヒーとは、日本の場合、カフェインを90%以上取り除いたものというきまりがあります。

デカフェ、カフェインフリーも、同じ程度のカフェイン量を含むものと考えて良いです。

つまり、カフェイン量はゼロではありません。

ノンカフェイン飲料とは違います。

ノンカフェインコーヒーは、そもそもカフェインを含んでいませんので、ゼロです。

カフェイン摂取に注意している人は、普段飲んでいる飲み物が、どの種類に該当しているのかを確認しておく必要があります。

 

コーヒー豆によってもカフェイン量は異なる

コーヒー豆の銘柄によっても、カフェイン量には違いがります。

例えば、ロブスタ種はアラビカ種と比較すると、2倍のカフェインを含んでいると分かっています。

「モカ・イバリ」はアラビカ種の半分のカフェインしか含んでいません。

 

お店のコーヒーのカフェイン料(セブン〜スタバ)

各お店で出されるカフェイン量を紹介します。

100mlあたりに換算して比較しています。

  • セブンイレブンのドリップ〜60mg
  • ローソンのドリップ〜56mg
  • スタバのドリップ〜70mg

 

スポンサーリンク

まとめ

カフェインといえば、コーヒーをイメージします。

カフェインの語源は、コーヒーですので、それも当然のことと思います。

しかし、実は、日常生活の中で、コーヒー意外にもカフェインを含んだ飲料は、沢山ありますし、特に栄養ドリンクやエナジードリンクには、以外にカフェインが多いのでご注意です。

また、カフェインレスだからといっても、カフェイン量はゼロではないことに注意をしましょう。

 

 

 

関連記事一覧

  1. コーヒーの健康効果|知らないのはもったいない
  2. コーヒーの効果|成分が尿酸値・血圧・血糖値に作用する
  3. コーヒーの効能|コーヒーは人に健康をもたらす
  4. コーヒーに利尿作用があるのはなぜ?効果的な飲み方紹介!
  5. コーヒーは血圧を下げるのはカフェインかポリフェノールか
  6. 尿酸値はコーヒーで下がるって本当?効果と飲み方を紹介!
  7. 血糖値下げるコーヒー!最適なのは食前か食後か? 
  8. コーヒーの主成分はカフェインとポリフェノール!
  9. 亜鉛とコーヒーの気になる関係性
  10. コーヒーのカフェインについて
  11. インスタントコーヒーでもポリフェノール効果は同じ?
  12. カフェインレスコーヒーは健康に良いのか?味はまずいのでは?
  13. カフェインレスコーヒーって効果あるの?デメリットは?
  14. ノンカフェインコーヒーの効果と仕組み
  15. コーヒーのカフェイン量と比較|コーヒーが1番ではない*当記事
  16. コーヒーのカフェイン効果!何時間まで眠くない?
  17. カフェインが効かない日本人!コーヒーが効かないのは遺伝なのか
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コーヒー好きblog
タイトルとURLをコピーしました