コーヒー

コーヒーの一日の摂取量は何杯までならいいのか

コーヒー 一日コーヒー
スポンサーリンク

コーヒーを一日に何杯まで飲んでいいのか。

以前から、コーヒーは体に悪いとか、体にいいとかいわれます。

カフェインが気になりますが、果たして何杯まで飲んでいいのでしょう。

 

スポンサーリンク

コーヒーの一日の摂取量は何杯までならいいのか?

コーヒーは適量ならば、体にとって、良い効果効能があることが分かってきています。

飲み過ぎれば、当然体に害をおよぼします。

適量のコーヒーは、コーヒーを飲まない人よりもいくつもの病気リスクから守ってくれるのですから、一日の有効な摂取量を知っておきたいものです。

 

 

コーヒーが1日3杯と言われる理由は

日本では、カフェインについて、厚生労働省のデータをみても、具体的な数値を示されていません。

しかし、WHO(世界保健機関)では、妊婦に対し、胎児への影響を考慮して、1日3〜4杯までにするよう呼びかけています。

英国食品基準庁(FSA)では、妊婦に対して、一日200mgまでに、するよう求めています。

カナダ保健省(HC)では、健康な成人は、最大400mgまでとしています。

EU(欧州連合)の食品安全機関(EFSA)では、成人は1日400mg未満として、1回あたりを200mgを超えないようにと公表されています。

 

コーヒー1杯を150mlとすると、レギュラーコーヒー1杯で、約90mgのカフェインが含まれていると考えられていますので、400mgを上限と考えると、3〜4杯が目安になります。

コーヒーが1日3杯と言われる理由は、このあたりにありそうです。

 

コーヒーの一日の適量は何mlが目安

カフェインに対する各国のカフェイン量の指標は、健康な成人の指標は400mgと考えて良さそうです。

一般的なドリップコーヒーのカフェイン量は、100mlあたりで、約60mgとされます。

一日の適量の上限を400mgと考えると、換算すると、コーヒー666mlと相当します。

つまり、500mlのペットボトルコーヒーを飲んだとすれば、適量を考えると、残り1〜2杯のコーヒーまでであれば、OKの範囲内です。

 

コーヒーを一日一リットル飲んだらどうなる

世の中には、コーヒー好きの方もかなり多くいます。

一日に、1リットル以上のコーヒーを飲む人もいるようです。

しかし、その様な過剰摂取状態を続けていると、どうなるのでしょう。

 

1リットルのコーヒーというと、カフェイン量は、600mg程になります。

諸外国の指標からしても、一日600mgのカフェインをとり続けるのは、過剰摂取状態です。

その後に考えられるのは、健康被害や中毒です。

カフェイン中毒は、最悪の場合、死に至る場合もあります。

健康被害の段階でも、めまい・心拍数の増加_興奮・不安・不眠症・下痢・吐き気を起こします。

 

 

関連記事一覧

  1. コーヒーの魅力
  2. コーヒーで健康|カフェインとポリフェノールがもたらす効果とリスク
  3. コーヒーは体にいい!でも注意も必要!
  4. コーヒーの一日の摂取量は何杯までならいいのか *当記事
  5. コーヒーの飲み過ぎで気持ち悪い!頭痛や下痢も吐き気も!
  6. コーヒーのアレルギーは検査で分かる!遅延型アレルギー症状は?
  7. コーヒーのカロリー|お店別・飲み方・ミルクまで
  8. 薬をコーヒーで飲むのはNG!効かなくなったり効き過ぎたり!
  9. コーヒーの糖質はゼロに近い!ただしミルクや砂糖には注意!
  10. 薬を飲んだ後のコーヒー|カフェインやタンニンが薬効に影響する?
タイトルとURLをコピーしました