コーヒーで健康

コーヒーが原因で眠くなる?逆じゃないのか!

コーヒー 眠くなるコーヒーで健康
スポンサーリンク

コーヒーを眠気覚ましのために飲む人は多いと思います。

疲れた時や眠たい時に、コーヒーの力で頑張ろうとするのは、カフェイン効果を期待してのことですよね。

 

コーヒーといえば、カフェインの覚醒作用が有名ですが、その効果は本当でしょうか?

実際のところ、コーヒーを飲んだのに、むしろ眠くなる人がけっこういます。

なぜコーヒーで眠くなるのか?

今回は、その理由をまとめました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コーヒー飲んだら眠くなるのは なぜ?考えられる原因は2つ?

コーヒー 眠くなる (1)

コーヒーが眠気をもたらすなら、覚醒作用はどこへ行ったのでしょう?

考えられる原因が2つあります。

 

コーヒーの糖分に原因がある|原因の1

あなたはコーヒーに砂糖を入れる派ですか?

それともブラックコーヒー派ですか?

缶コーヒーもそうですが、ブラックが苦手という人は、ミルクや砂糖を入れると思います。

缶コーヒーなら、角砂糖が3個入っていると言われます。

微糖タイプでも1個は入っているのです。

角砂糖1個が3gから4gです。

ドリップなどのレギュラーコーヒーでも、砂糖は入れた砂糖の分量がそのまま糖質です。

ティースプーンで、軽い山盛りが5gです。

 

仕事や勉強で疲れて、もうひと頑張りしようとコーヒーを1杯、あるいは缶コーヒーを1本を飲むと体の中で、最初に起きることは、血糖値の急上昇です。

血糖値が急上昇すると、人の体はインシュリンを分泌して血糖値を下げようとします。

つまり、コーヒー1杯を飲むだけだと、血糖値は、急上昇して、急降下するのです。

急降下した結果、低血糖状態になります。

低血糖になると、人は眠くなります。

 

 

コーヒーで眠くなる原因は、アデノシンが関係している|原因の2

眠くなるのは、体内の睡眠物質が関係している可能性があります。

睡眠物質は、たくさんあるのですが、代表的なのはアデノシンという物質です。

 

食事をすると、その栄養素から体内で消化が進み、アデノシン三リン酸というエネルギー源に変わります。

アデノシン三リン酸は、体を動かすと「アデノシン」という物質に変わります。

 

眠気や疲労は同様に考えられ、それに関与しているのは体内のアデノシンという物質です。

アデノシンは体がエネルギーを燃やした際に出る、燃えカスのようなものです。

アデノシンが蓄積していくと、疲労を感じたり眠くなるのです。

眠くなるのは、アデノシンが関係している可能性があります。

 

コーヒーで眠くなる仕組み

脳を活性化させるために必要な物質は、「ヒスタミン」といいます。

実は、前述のアデノシンは、ヒスタミンをおさえこむという作用をします。

つまり、脳を活性化・覚醒さようとするヒスタミンを抑えるのですから、活性化して目覚めようとする状態を抑えてしまい、眠くなってしまうのです。

 

実は、コーヒーのカフェインには、睡眠物質のアデノシンが、覚醒作用のヒスタミンの所へ行くのを妨害する作用があります。

つまり、カフェインは関所やダムのような形で、疲労・睡眠物質をせき止めるのです。

これにより、一時的に疲労や眠気を忘れて元気になります。

しかし、その効果は一時的です。

コーヒーのカフェインが効いてる間も、アデノシンは溜まり続けています。

カフェインが切れた時には、溜まりきった大量の眠気が一気に押し寄せてきます。

 

 

スポンサーリンク

コーヒーを飲んだら眠くなる人はブラックにする

前述の通り、コーヒーの糖分が、血糖値の急上昇と急降下を招き、その結果、低血糖状態になり、眠くなる人がいます。

このタイプの方の対策は、コーヒーに糖分を入れないで、ブラックで飲むことです。

苦いのが苦手であれば、コーヒーフレッシュを入れてください。

牛乳のミルクだと、糖質がありますが、フレッシュの方には、ほとんど入っていません。

 

もう一つの方法は、急上昇をしないように、ゆっくりと飲むことです。

特に、缶コーヒーを飲む人の場合、多くの場合、一気に飲んでいないでしょうか。

それが、血糖値の急上昇を招いています。

ゆっくり飲んでください。

 

スポンサーリンク

コーヒーで眠くなるのは覚醒作用の反動とカフェイン慣れ

 

コーヒーには確かに、眠くなるのを防ぐ効き目があります。

しかし、それには代償があったり、慣れによって効かなくなることが起きます。

 

コーヒーで眠くなるのは、覚醒作用の反動

カフェインが切れると、それまでせき止めていた睡眠物質が一気に押し寄せてきます。

それは、つまり強い眠気に襲われるということです。

 

コーヒーを飲んでから、カフェイン濃度がピークに達するのは約30分〜1時間後です。

その後は、減り続けて3〜4時間後には半減。

カフェインには個々人で耐性が大きく違うため、もっと短い人もいます。

 

カフェイン濃度のピークが過ぎれば、コーヒーを飲んだからと言っても、十分眠くなるのです。

 

コーヒーで眠くなるのはカフェイン慣れ

コーヒーを飲んでも、覚醒作用を感じずに、むしろ眠くなるのは、カフェイン慣れかもしれません。

よくコーヒーを飲む人は、最初は効いていたカフェインも、効かなくなると分かっています。

 

また、日本人含むアジア人は、欧米人と比べて、カフェイン耐性があります。

コーヒーを飲んでも、覚醒作用は感じにくい体質のようです。

 

スポンサーリンク

コーヒー飲んで眠くなる人は、リラックス効果を感じているから

眠くなる理由として、そもそもコーヒーに眠くなる効き目もあることに注目です。

それがリラックスです。

ストレスに対抗する作用です。

 

コーヒーで眠くなるのは、香りのリラックス効果

コーヒーの香りには、心を落ち着かせるリラックス効果があります。

解析の結果では、コーヒーの香りをかぐと、リラックス時に見られるα波が強まることが分かっています。

 

また、リラックス時は、副交感神経が優位となっていて、睡眠時の状態に近くなります。

カフェイン慣れして、眠気覚ましが効かない状態なら、リラックス効果が強く出て、眠くなるのもおかしくありません。

 

コーヒー飲むと眠くなる人は、不安やストレスの解消されるから?

香りのリラックス効果、またはカフェインの覚醒作用でも、ネガティブな気持ちを解消する力があります。

リラックスなら心を落ち着かせ、覚醒作用なら気持ちを前向きに作用します。

コーヒーを飲んだ時に、ホッと落ち着く感じが、眠くなることに繋がっているのかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

コーヒーには、眠気とは真逆な覚醒作用が有名ですが、これだけ眠くなる要因が見つかりました。

覚醒作用は、体質の問題や、摂取後の時間で個人差があります。

ましてや、毎日飲む人には、慣れで効いてすらない可能性は大いにあり得ます。

 

カフェインが切れた時の反動や、慣れ、コーヒーの持つリラックス効果は、眠くなる要因には十分でしょう。

コーヒーを飲んで眠くなるのは、何もおかしなことではなく、当然ともいえます。

とくに、よくコーヒーを飲む人は、慣れを疑って良いと思います。

 

 

関連記事一覧

  1. コーヒーを飲むと起こるカフェインの諸症状
  2. コーヒーが原因で眠くなる?逆じゃないのか!(当記事)
  3. コーヒーで便意をすぐに感じる|便秘解消法になる?
  4. コーヒーはニキビに悪いのか?因果関係はあるのか
  5. コーヒーで動悸がする?要因は様々!治し方も解説します!
  6. コーヒーで下痢は注意かも?特に黒い便や下痢は危険信号!?
  7. コーヒーで便秘は、改善する?悪化する?それは飲み方次第!
  8. コーヒー飲んだ後の口臭を消すには何が良い?予防対策には?
  9. 風邪をひいてしまったらコーヒーは飲まない方がいいのでしょうか?
  10. コーヒーは太る?太らない正しい飲み方とは
  11. コーヒーで気持ち悪い!治し方はどうすればいいか?
  12. 二日酔いの頭痛にコーヒーは効果があるのか?
  13. コーヒーで吐き気が起きるのは空腹の時では?
  14. コーヒーで腹痛は少数派?他の要因があるかも
  15. コーヒー飲んだら頭痛がする。原因と対策を解説!
  16. コーヒーで胃痛?原因と対策を解説!
タイトルとURLをコピーしました