コーヒー

コーヒーにもアレルギーがあるってご存知でしたか?

コーヒー (10)コーヒー

 

コーヒーにもアレルギーがあるということを聞いたことが、ありますか?

 

実はコーヒーのアレルギーは、すぐ症状が表れる「即時型アレルギー」と違って遅延型アレルギーなのです。

従って、自分がコーヒーのアレルギーだと気づいてない方が多いのです。

大好きなコーヒーによるアレルギーなんて想像つかないですね。

 

コーヒーによるアレルギーとはどんなものなのでしょう。

これから詳しくご紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

コーヒーのアレルギーとはコーヒーの成分に過剰反応を起こすこと!

コーヒー (11)

 

コーヒーのアレルギーは検査ができる!

コーヒーの主な成分はカフェイン、クロロゲン酸、タンニン、オリゴ糖です。

コーヒーのアレルギーとはこれらの成分に過剰反応してしまうことです。

 

コーヒーのアレルギーとは、遅延型と言いましたが、コーヒーを飲んで、症状が表れるのは早くても数時間後です。

コーヒーを飲むと、必ず同じ症状が出るという方は、まずコーヒーのアレルギーだと思って間違いありません。

 

症状も頭痛であったり、めまい、湿疹など様々です。

遅延型アレルギーの特徴は、数時間以上たってからでないと、発症しないので、つい「体の不調かな」と思ってしまうことです。

このコーヒーのアレルギーは、医療機関で検査してもらうことができます。

思い当たる場合は、検査してもらうといいでしょう。

 

ただ意外と高額なので、予め事前に調べてみる必要があります。

最近では、郵送による検査キットもあります。

 

コーヒーだけでなく、他の食物アレルギーも、一度に検査してもらえるので、アレルギー体質の方にはお薦めです。

あるコーヒーメーカーでは、生命保険会社とタイアップして、無料でDNA検査や血液検査をしてくれるところもあります。

一度、問い合わせしてみるといいでしょう。

 

 

コーヒーのアレルギーで湿疹を発症がある場合がある!

コーヒーを飲むことで湿疹が発症することがあります。

アレルギー体質の人が、卵や牛乳、そば、青魚といった食物アレルギーと同じように、豆類に反応してしまうケースです。

 

チョコレートやココアもカカオ豆が、原料ですので、しかりです。

即時性の食物アレルギーは、食べ物が特定できるのですが、これとは別にカフェイン過剰で湿疹が、発症する場合もあります。

大好きなコーヒーを、知らず知らずのうちに飲んでいて、湿疹が発症してしまうとは、一見コーヒーが原因とは考えにくいですよね。

 

さらに盲点なのは、このアレルギーが花粉症のように、ある日突然発症することです。

これは、体調の不良やストレスとの関係が、とりざたされています。

コーヒーのアレルギーに、湿疹もあるということは、頭に入れておいた方がいいでしょう。

 

 

コーヒーのアレルギーでかゆみを伴うこともある!

コーヒー (12)

コーヒーをよく飲まれる方で湿疹同様、肌が荒れたりかゆみが、伴うこともあります。

 

これもカフェイン過剰摂取による可能性が大きいです。

カフェインには副作用として、ビタミンやミネラルを、体外に排出する働きがあります。

特にビタミンCは水溶性ですので、体内に長く貯蔵しておくことができません。

ビタミン不足になると、皮脂が増えて肌が弱くなります。

肌荒れや痒みの原因となってしまうのです。

 

またミネラルの中でも亜鉛は、肌を保護するたんぱく質の代謝を、促す働きがあり、肌の健康維持には必要な成分です。

このように、カフェイン過剰摂取により、体内の亜鉛が不足すると、かゆみを発症することもあります。

 

 

コーヒーのアレルギーで重症なのは下痢が続くこと!

コーヒーのアレルギーで、最もやっかいなのは、下痢を発症することです。

カフェインの過剰摂取が続くと、交感神経への刺激が強くなり過ぎて、胃酸の活動が乱れて胃が荒れてしまいます。

 

胃が荒れると、消化作用が充分できなくなり、食べ物が消化されずに腸内へ送られ、下痢状態になってしまいます。

またコーヒーには、カフェイン以外にも、クロロゲン酸という成分が含まれています。

このクロロゲン酸にも、胃酸の分泌を促進する働きがあります。

 

特に、空腹時にコーヒーを飲むと、必要以上に胃酸が多く分泌してしまい、下痢につながることもあります。

さらに、コーヒーには、ポリフェノールの一種のタンニンが含まれています。

苦みの元となっている成分ですが、このタンニンも摂取し過ぎると、胃の粘膜に刺激を与えてしまい、下痢の原因になってしまいます。

 

 

コーヒーのアレルギーには喉の痛みを誘発することもある!

コーヒーのアレルギーには、咳など喉の痛みのような呼吸器困難を招くこともあります。

これはカフェインの影響というよりも、豆類による食物アレルギーによるところが大です。

 

湿疹などのアレルギー同様に、特定の食物に体の免疫機能が、過敏に反応してしまいます。

コーヒーアレルギーの方は、コーヒーが体内に入ることによって異物と認定されて、コーヒーの成分に過剰に反応してしまうのです。

それが人によって皮膚に表れたり、呼吸器に発症したりします。

 

 

コーヒーのアレルギーでめまいが起こることもある!

コーヒーのアレルギーによっては、めまいや頭痛が起こることもあります。

これはカフェイン過敏症とも言われ、カフェイン過剰摂取が一因しています。

 

どなたにも起こる可能性があり、個人差があり、1杯のコーヒーでも発症する可能性があります。

厄介なのは、コーヒーによるものと、気づかないケースがあることです。

カフェイン過敏症は、食物アレルギーのように、コーヒーを飲んだらすぐ発症するのではなく、時間が経ってから発症するので、単なる体調の不良と勘違いしやすいのです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

コーヒーによるアレルギーについて、ご紹介してまいりました。

コーヒーによるアレルギーには、コーヒーの豆自体に反応する即時型の食物アレルギーと、カフェイン過剰摂取による遅延型アレルギーがあります。

 

厄介なのは、後者で症状が出ても気づかない場合があります。

また、コーヒーが好きな人ほど発症しやすいとも言えます。

 

心当たりのある方は数日間、コーヒーを控えたり、医療機関で検査することをお薦めします。

ノンカフェインのコーヒーもありますし、適切なアドバイスを提供してくれます。

コーヒーを飲むのを諦めなくても、アレルギーを避けたコーヒー生活をエンジョイできるはずです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました